家で美味しいコーヒーを淹れるオススメ器具(おしゃれ入門編:ドリッパー・サーバー・ケトル・ミル)まとめ

家で美味しいコーヒーを飲むには、やっぱり器具が大事ですよね。
ちゃんとした器具と、新鮮でおいしい豆さえ用意できたら、
お店に負けない美味しいコーヒーが家で飲めるので、
ぜひこれだけは揃えたいと言うコーヒーグッズを以下ドドン!とまとめました。

入門編かつおしゃれ編です。

スポンサーリンク

ドリッパー

コーヒードリッパーは実に色んな種類があるので迷いますよね。
カリタ式、メリタ式、コーノ式、円錐型、ステンレス、ネル、どれがいいの?って。
実際のところ、味はドリッパーの種類をどれにするかよりも、
豆の品質と淹れ方で変わるので、なんだっていいんじゃないでしょうか。
とりあえずキモは「プラスチック製以外」を選ぶというので間違いないと思います。
陶器かガラスかステンレス。なぜなら、その方がおしゃれだから。

一番のオススメはHARIO V60 02。円錐型。
01は1〜2杯用で、02は1〜4杯用。お好みで。ワタクシは02を愛用。
そしてV60はガラス製と陶器製の両方あるけど、オススメは真っ白の陶器の方。
一体型なので美しいです。

円錐よりもカリタ式の方が落ち着く、という方には、
ZEROJAPANの陶器製二つ穴ドリッパー。
これもハンドルが一体型で美しいです。

ちょいとお値段しますが、ABLE KONEのステンレスフィルターもいいです。
ペーパーと違って、コーヒー豆の油分がたくさん抽出されるので、
かなりパンチのあるコーヒーが出来上がります。
良い豆だとほんとに美味しいです。
洗って何度も使えるので経済的。でも洗うの結構めんどくさい。

【追記】
最近「ORIGAMI DRIPPER」も導入しました。陶器と木製の組み合わせがいい感じ。

フィルター

紙フィルターなんてなんでもいいじゃん!って思うかもしれませんが、
種類によって確実に味が変わります。
飲む豆の種類と淹れ方にもよるので、色々違いを試してみると楽しいです。

ちなみに、無漂白と漂白だったら、
なんだか無漂白の方が健康にも環境にもいい気がするのですが、
実際には漂白は酸素漂白っていう技術で健康にはほとんど害はないらしいです。
むしろ無漂白の方が大量の水で臭いを取る処理をしないといけないので、
環境には優しく無いと言う噂。
この辺は色んな人が研究したり実験したりしてるので、調べてみると面白いかも。

ついでにコーフィーフィルターホルダーもおしゃれなやつにすると楽しさ倍増。
しかも冷蔵庫とかに貼っておけるので、使う時もさっと取り出せてラクチン。

関連記事:おしゃれな木製コーヒーフィルターホルダーを買いました!

コーヒーポット

お湯を注ぐのにヤカンからジャバジャバ入れても良いんですが、
それだと雰囲気が出ないのと、湯量の調整が難しいので、
細ーく注げるコーヒー専用ポットの方がいいです。

それに沸騰したやつそのままだと温度が熱すぎるので、
やかんから別のポットに移すというワンクッションを置くとちょうど適温になります。
90度前後がいいとか82度が良いとかいろいろありますが、最近は熱々も良いという話もあったり。
苦みを出したいか酸味を出したいかによっても変わってくるので、
これも色々試してみると楽しいですね。

オススメはHARIOのコーヒードリップケトル「ヴォーノ」。
マットなシルバーで、モコモコしてておしゃれです。
そして使いやすい。傾けても蓋が外れない。
熱々の湯気で持つ所とか蓋とかめちゃくちゃアツくなって火傷するやつとかあるので要注意。

スポンサーリンク

コーヒーサーバー

2杯分以上淹れるなら必ず必要なのがコーヒーサーバー。
1杯分だけなら、逆にマグカップ直の方が美味しいです。
でもまあだいたいコーヒーは2杯分くらいいっぺんに淹れた方が美味しいし、
アイスコーヒー作るにもサーバーいるし、間違いなく必須アイテムですね。

ワタクシ、一番好きなのがこのガラスのコーヒーサーバーでありまして、
こればっかりやたらめったら買ってます。

ここでもHARIO推しですが、モコモコケトルに合わせるなら、モコモコサーバー。
ハンドルまで一体型なので美しいです。
ただこいつはどれだけ入ったかとか印があってないようなもんなので、イマイチ分かりません。

モコモコがこないだ割れてしまってからは、ウッドハンドルのこちらを愛用中。
これまたHARIO。ガラス製品はハリオは圧倒的に品質がいいと思います。

さらに割れてしまったので、新たに導入したTORCHの「Pitchii(ピッチー)」。
これは無駄な装飾や容量の表示なんかが全くないミニマリズムな一品。
超おしゃれです。

関連記事:TORCHのおしゃれなコーヒーサーバー「Pitchii(ピッチー)」を買いました!

さらにさらにで(どんだけ割れるんだ!)最近愛用しているのが、
キントーのSLOW COFFEEシリーズの大きい方のコーヒージャグ。
これはまっすぐなフォルムがかっこいいのと、手が入るので洗いやすいというのが良いです。
なんなら我が家ではコーヒーサーバーとしての使い方以外にも、
ドレッシング作ったりとか計量カップとしても使ってます。激愛用中!

関連記事:KINTO(キントー)のコーヒージャグを買いました!

ついでにケメックス。こちらも合わせて愛用中。
お客さん来てたくさん淹れる時とか活躍します(と言いながら1杯でもこれ使うけど)。
何と言っても、見た目が最高で、気分最高。

ドリップスケール

そしてあると、めーーーーっちゃくちゃ便利なのが、ドリップスケール。
いや、これ無しでは美味しいコーヒーは無理!

だいたい3分で淹れるとか、2分10秒で淹れるとか、90秒以内とか、
いろんなレシピがありますけど、どれにしたって時間はかるのは大事。
なぜなら、次にちょっとだけ時間を変えて味の違いを研究出来るから。
蒸らしを15秒長くするとこうなるのかーとか。

しかもこのマシンはただ時間を計るだけじゃなくて、同時に重さも計れます。
なわけなので、粉の量とか湯量も完璧に計れます。
特にハリオのモコモコサーバーとか使ってたら、どれだけお湯入れたか全く分からないけど、
このマシンがあればバッチリ計測出来ます。

エアロプレス

注射器でどわーっと抽出するエアロプレス。
ドリップも良いけど、エアロプレスも素晴らしい味が楽しめますね。
時間がない時とかにもさっと作れるし。
良い豆を買ったらまずはエアロプレスで飲んでみると、
美味しさがめちゃくちゃダイレクトに分かるのでオススメ。

関連記事:エアロプレスのコーヒーレシピ・おいしい淹れ方&使い方

コーヒーミル

コーヒー豆を挽くのに必要なミル。
ドリッパーだのやかんだの、散々色々書いて来ましたが、結局「ミル」が一番大事。
コーヒーは「飲む直前に豆を挽く」のが鉄則だから。
粉にした時点で、一気に劣化が進むので、買うなら豆の状態で。
粉で買うのやめて、豆で買って飲む直前に粉にするということをするだけで、
めちゃくちゃ美味しいのが飲めます。

Blue Bottle Coffeeは豆を挽いてから45秒以内に!
なんていう厳しいルールもあるらしいので(噂)、
なんだかんだ言っても、ここがかなりのポイントだと言うことですな。

そして家で使うなら、もうカリタのナイスカットミルの一択です。
ワケの分からないやつ買っても、ハマり出すと最終的にこれを買うことになるので、
最初から買っておくのがベスト。安物買いの銭失いには要注意です。
ちょっと高いけど、これを買うか買わないかが全ての分かれ道な気がします。

自分の場合これを最初に買ったばっかりにコーヒーにハマり、
手網焙煎まで行ってしまうという大変な目にあってます。
元々コーヒーなんてそんな好きじゃなかったのに。
くれぐれも気をつけてください。

【追記】

うちで使ってるタイプのナイスカットミルは販売が終了して(在庫価格高騰中)、
ナイスカットGっていう新機種か、
ネクストGっていう、なんだか見た目がかっこいいやつが新しく出てます。

でもどうしても電動のやつはお高い!もっと手軽に!という場合は、
ポーレックスのセラミックコーヒーミル(ミニ)がオススメです。
なかなか体力使うけど、2杯分までならこれで十分です。

関連記事:ポーレックスの手挽きセラミックコーヒーミル(ミニ)を買った!

器具ってやっぱり大事ですね。
気に入ったものを使うと気分がいいですから。
コーヒーなんて気分がよくなるために飲むものだから、
器具が気に入ってるだけで気分が良くなるということは、
器具さえ買えばもうコーヒーは飲まなくても良いってことですな!


オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート
ワードプレステーマ「Minimal WP」
月間40万PV超のノウハウを詰め込んだ、ミニマルデザインのWordPressテンプレートを販売中。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!ブログ始めるなら今がチャンス!
関連記事
関連記事