美味しいコーヒーの淹れ方レシピ(HARIO V60 ハンドドリップ編)

pour over

本日は我が家の美味しいコーヒーの淹れ方レシピをお届けしたいと思います。
HARIOのV60を使ったハンドドリップ編です。
最近気づいたんだけど、コーヒーってやっぱり人に淹れてもらうのが一番美味しいね。

で、家で美味しいコーヒーを淹れる方法なんてのは、
まあ各自それぞれこだわりがあると思うし、焙煎度合いによっても違ってくるし、
時代とともに色々な変わった器具や抽出法が出てくるし、
結局のところ好きなようにやるのが一番いいんじゃないか、という気がするので、
参考程度にね、という本日の弱気なレシピ紹介。

スポンサーリンク

美味しいコーヒーの淹れ方(ハンドドリップ編)

coffee

<用意するもの(一杯用)>

  • コーヒー豆 14g(浅煎り〜中煎り・細か目に挽いたやつ)
  • お湯 500mlくらい

<淹れ方>*【】の中はその時点でのタイマーの時間と湯量

  1. ペーパーフィルターをドリッパーにセットする
  2. 紙の臭いを取るのと、サーバーを温めるために全体にお湯を回しかけて、捨てる
  3. コーヒー豆を挽いてドリッパーに投入(淹れる直前ね!)
  4. ドリップスタート!タイマースタート!【0:00/0ml】
  5. 30mlくらいお湯を注いだら、スプーンで軽く混ぜて30秒蒸らす【0:30/30ml】
  6. 15秒くらいかけて70ml注ぐ【0:45/100ml】
  7. コーヒーがぼとぼととサーバーに落ちるのを見ながら待つ【1:00/100ml】
  8. 第2弾のお湯を15秒くらいかけて120ml投入【1:15/220ml】
  9. コーヒーがぼとぼととサーバーに落ちるのを見ながら待つ【1:45/220ml】
  10. コーヒーの出来上がり!

最近はコーヒー豆14gにお湯220mlというのが我が家の定番レシピです。
あんまりじっくり淹れません。ささーっと淹れます。
全体で1:45〜2:00で抽出終了。
220mlお湯を注いで出来上がりは190〜200mlです(使うペーパーでちょいと変わる)。

深煎りコーヒーの淹れ方は(飲まないので)よく分からないんだけど、
浅〜中煎りの場合はじっくりかつあっさりやるとスッキリして美味しい気がします。
挽き方は細か目。カリタのナイスカットミルの目盛りで2.5にしてます。
最初の蒸らしの時にかき混ぜると、より酸味が引き立って美味しいです。

今回のハンドドリップで使ったコーヒー器具

やっぱりV60だよねー。そして白の陶器だよねー。

モコモコサーバー。ハンドル一体型で美しい。
これは最後の最後にコーヒーが垂れないという素晴らしい造り。
デザイン重視で造りはイマイチのやつだと後で拭き掃除をする手間が増える!
そしてこれは一回り大きいやつの方が安い。でも小さい方がかわいい。

モコモコケトル。
マットなステンレスがかっこいい。そしてもちろんお湯が注ぎやすい。
蓋を開け閉めする時のステンレスのこすれる音にゾゾゾーっとなる人には不向き。
(蓋しなきゃいいだけなんだけど)

これが無かったら美味しいコーヒーなんて淹れられるわけが無い!
というくらい重宝するやつ。
時間と湯量が同時に計れます。

ってな具合にHARIOの回し者じゃないか?という位、ハリオ推しです。
細かい話なんだけど、コーヒーサーバーってデザイン重視のやつ色々あるじゃないですかー、
でも造りがちゃんとしてないってのが結構あって、
最後ちょっと垂れるやつ多いんですよね。あの例の醤油のラストにつつつーみたいな。
HARIOのはそういうのが無い!ちゃんとしてる。さすがー、って感じ。
なので長く愛用してます。

あ、そういえばケメックスのガラスハンドルのやつも絶対垂れない。素晴らしい。
やっぱり世界中で長く愛されるにはそれなりの理由があるわけですね。


2015-04-28 | Posted in コーヒーレシピ
オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート
ワードプレステーマ「Minimal WP」
月間30万PV超のノウハウを詰め込んだ、ミニマルデザインのWordPressテンプレートを販売中。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!ブログ始めるなら今がチャンス!
こちらの記事もどうぞ
オニマガをフォローしよう!
follow us in feedly

コーヒーレシピ 新着記事

オニマガの新着記事