ブルーボトルコーヒーのドリッパーを導入しました!(淹れ方レシピ・使い方)

ブルーボトルコーヒーのドリッパーを導入しました!(淹れ方レシピ・使い方)

最近、ブルーボトルコーヒーのオリジナルドリッパーを我が家にも導入しました。
ちょっと前にお店に行った時に、久々にじっくりとドリップしてるところを見てたら、
抽出されるコーヒーの流れ落ちる形がとても綺麗で、これはいいな!と思ったのです。

ドリッパー自体の機能・構造や、見た目のデザインはもちろん、
コーヒーの味にも最大限こだわって作られてると思うんだけど、
それよりなによりサーバーに落ちるコーヒーの流れまでデザインされてる!
ってのが最高だなーっと。

そんなわけで、導入したのですが、
これが思いがけず簡単でかなり美味しく淹れられる!
というわけで、以下そんな模様を写真でお届けします。

ブルーボトルコーヒーのドリッパーを導入しました!

こちらがブルーボトルコーヒーのオリジナルドリッパー
昔はBONMAC製のドリッパーだったので、
完全にイチからオリジナルで開発したドリッパーという事ですね。

物理学者と共同開発したという、40本の垂直に突起したラインの構造。
これのおかげで一定の速度でコーヒーが抽出されるので、美味しいらしい。

メイドインジャパン。
久保田稔製陶所-久右エ門-製の有田焼。

竹製のブルーボトル専用フィルターもまたすごい!

そして専用のオリジナルペーパーフィルター。
これは竹製の紙を使ってて湯通しの必要がない、というやつ。

ちなみにカリタウェーブのやつでも代用できます。
お値段的にはカリタのがお安いです。

セットするとこんな感じで。

愛用のキントーの600mlのコーヒージャグに乗せてみました。

ブルーボトルのお店ではこれの円周が一回り小さい500mlサイズの、
KINTO exclusively for BLUE BOTTLE COFFEEっていうオリジナルのやつ。

実際にコーヒーを淹れてみました!

さっそく淹れてみます。

この真っすぐ糸が垂れるみたいに、ぴゅーっと抽出されるのがかっこいい。
他のどのドリッパー使ってもペーパーの折り目につたってボトボト〜ってなったり、
三つ穴だと3カ所からぴゅ〜ぴゅ〜ぴゅ〜って出てきたりで、
ここのスーッとした流れの部分の美しさという点で、このドリッパー最高です!

まあコーヒーサーバー直乗せだとすぐ曇るから最初しか見えないけどね!
いや、でもいいんです。見えないおしゃれ。

ブルーボトルコーヒー公式のコーヒーの淹れ方レシピ

ちなみにオリジナルドリッパーにはオリジナルの淹れ方レシピがついてきます。

準備するもの(出来上がり310ml)

  • コーヒー豆30g(中細挽き・グラニュー糖よりすこし細かい程度)
  • お湯600〜700ml(93度前後)

淹れ方

  1. コーヒー粉30gをドリッパーにセット
  2. 外側から中心に向かって15秒かけて、らせんを描くように60gまでお湯を注ぐ
  3. 30秒蒸らす
  4. 2湯目は中心から外側にらせんを描くように90gのお湯を注ぐ(ここまでで合計150g)
  5. 3湯目は15〜20秒かけて100gのお湯を注ぐ(ここまでで合計250g)
  6. 4湯目は20秒かけて100gのお湯を注ぐ(ここまでで合計350g)
  7. ドリッパーのお湯が落ちきったら完成(目安時間は2分〜2分30秒)

という感じ。

美味しいコーヒーを淹れるには、
湯量と時間が同時に計れるドリップスケール必須!
我が家はハリオのやつを愛用中。

ちなみにブルーボトルのお店では、Acaiaのスケール使ってますね。
デジタルでアプリと連動するやつ。
白くて見た目もいいなー。

うまい!

ウォーターサーバー「フレシャス・スラット+カフェ」

まとめ「美味しくてデザインが良いから最高!」

という感じで、大満足のブルーボトルコーヒードリッパー
1杯分のコーヒー(このレシピだと我が家では2杯分だけど)を淹れるには、
かなり使いやすくて美味しく淹れられます。
それにしてもドリッパーって気づくとどんどん増えてくなぁ。

ちなみにブルーボトルのグッズや豆は楽天の公式ショップから通販できます。
コーヒー豆は焙煎翌々日とかに届くので超新鮮!
あ、楽天は明日までポイント最大36倍のセールやってますな。

その他、おすすめのコーヒーグッズは→家で美味しいコーヒーを淹れるオススメ器具まとめ(おしゃれ入門編)をどうぞ。

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
Update:2020-03-21) by
関連記事