ブルーボトルコーヒーのエコカップを買いました!バンブーファイバーのEcoffee Cup製でプラ臭が無くていい!

ピクニックやドリンクの持ち運びに便利なタンブラーやウォールマグやエコカップ。
これまでRIVERSのウォールマグを使ってたんだけど
(こいつは蓋がちゃんとしてて液体がこぼれないからすごい!)、
新たにバンブーファイバー(竹繊維)のブルーボトルエコカップを導入しました。

これがプラ臭が無くて良い!

というわけで、以下、写真でその全貌をお届けします。

ブルーボトルコーヒーのエコカップを買いました!

こちらがブルーボトルエコカップ。
Ecoffee Cup®製。

土の中で分解可能なバンブーファイバー(竹の繊維)、コーンスターチ、アミノ酸由来の樹脂などを使用しています。竹は持続可能な方法で管理されている竹林から収穫し、竹の処理には化学処理を行っていません。(公式より

ってことで、環境に優しい素材。
で、環境に優しいのもいいんだけど、それよりなにより、
温かいコーヒーを入れてもプラスチック臭がしないのが良い!

プラ製のカップだと、アイスはいいにしても熱々のホットだと、
若干プラ臭が混じって、せっかくのコーヒーの香りが〜!ってな感じだったので、
プラ以外がいいなーと思って、これを購入したのでした。

紙コップだと紙の匂いとコーヒーが混ざると、
まさにテイクアウトコーヒーって感じになって、これは逆に好きなんだけど、
プラだとそうはいかない、ってなんででしょうね?慣れの問題かなー。

ただ、これはシリコンゴムの蓋で、密封性はそんなにないので、
カバンの中に適当に入れるとかは無理だし、激しく動かせば漏れます。
容量はたっぷり340ml。

飲むときにパチッとできるさりげないデザイン。
なんだけど、やっぱりここから飲むと、今度はゴム臭が気になるので、
結局は蓋は使わずに飲んでます。

スリーブは外せます。
バンブーファイバーはプラスチックよりもさらっとした手触りなので、
ゴム製のスリーブがいい役目を果たします。
これがないと結構ツルツル滑ります。

底面。
耐熱温度は180°C。
食浄機はOKだけど、電子レンジはNG。

ってな感じの、ブルーボトルエコカップ。
デザインもスッキリミニマルでいい感じです。

まとめ

リバーズのもブルーボトルのもそれぞれどっちも使いやすいけど、
溢れにくさと匂い、入れるものと使う環境、
その時々で使いやすい方を使ってます。

もっとカラフルなやつが好きな人には、
Ecoffee Cup本家のやつがバリエーションめっちゃ豊富です。

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
Update:2020-03-04) by
関連記事