エアロプレス世界チャンピオンの技を見てきた!(レシピ紹介付き)

エアロプレス世界チャンピオンの技を見てきた!(レシピ紹介付き)

高岳のTRUNK COFFEEで「GUEST BARISTA #007」というイベントがありまして、
東京からABOUT LIFE COFFEE BREWERSと、
Paul Bassettからゲストバリスタがやって来て、
コーヒーを淹れてくれるというスペシャルなやつ。

Paul Bassettと言えばWorld Aeropress Championships(WAC)の
2014年王者のSHUICHI SASAKIさん。
エアロプレス世界チャンピオンのコーヒーが飲める!技が見れる!というわけです。

そんなわけでもちろん行ってきたのでした!

エアロプレス世界チャンピオンのレシピ

エアロプレスのレシピは今はもう無限大というか、
世界中の人がいろんな淹れ方を考えてて、超楽しいことになってます。
Webにはレシピ動画がたくさんアップされてるし、
WACのサイトにもいろいろ載ってて参考になります。便利な世の中だこと。

こんなのを見ながら、普段から色々とエアロプレスを試したりしていたのですが、
やっぱり生で見るのはとても参考になったー!

WAC 2014 チャンピオンレシピ

16.5g coffee, 78℃, 250cc, soft mineral water, EK43 Grind at 9.5
Rinse normal paper filter, in standard position.

40g of blooming water for 25 seconds, stir 5 times.
Add 210g of water, stir once.
Press very slowly for 75 seconds.
Leave 45g.
worldaeropresschampionship.comより

なるほどー。

<準備するもの>

  • コーヒー豆:16.5g(フレンチプレスよりちょっと細かめ)
  • お湯:78度で250cc(軟水)
  • リンスしたペーパーフィルターでスタンダードポジション

<手順>

  1. 40gのお湯を注いで25秒間蒸らす
  2. 5回ステア(かき混ぜる)
  3. さらに210gのお湯を注いで、1回かき混ぜる
  4. ゆっくり75秒かけてプレス
  5. 45g残して終わり

ということですかね。
昨今の主流のゆっくりプレスで最後はちょっと残すやり方。
インバート(最初ひっくり返しておくやり方)でやってる人が多いですが、
チャンピオンはスタンダードな向きでやってました。

それにしてもエアロプレスのコーヒーめちゃんこ美味しかったです。
もちろん豆も違うというのもあるけど、全然違う!という感じで。
びっくり。

ちなみにこちらは2015年チャンピオンの動画。
こっちもまた全然レシピが違うね!

まとめ

それにしてもエアロプレスって自由でほんとおもしろいなー。
だいたいフリスビーのメーカーが作った器具ってだけでも面白い!
毎年新しいレシピ出てくるし、自分で考えるのも楽しいし。
そしてだいたいどうやって淹れても美味しくなる!最高!

家で美味しく淹れるためのコーヒー器具のおすすめはこちら

同じテーマの記事を検索
オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
関連記事
新着記事
Update:2018-12-22) by