エアロプレス世界チャンピオンの技を見てきた!(レシピ紹介付き)

IMG_9250

高岳のTRUNK COFFEEで「GUEST BARISTA #007」というイベントがありまして、
東京からABOUT LIFE COFFEE BREWERSと、
Paul Bassettからゲストバリスタがやって来て、
コーヒーを淹れてくれるというスペシャルなやつ。

Paul Bassettと言えばWorld Aeropress Championships(WAC)の
2014年王者のSHUICHI SASAKIさん。
エアロプレス世界チャンピオンのコーヒーが飲める!技が見れる!というわけです。

そんなわけでもちろん行ってきたのでした!

エアロプレス世界チャンピオンのレシピ

エアロプレスのレシピは今はもう無限大というか、
世界中の人がいろんな淹れ方を考えてて、超楽しいことになってます。
Webにはレシピ動画がたくさんアップされてるし、
WACのサイトにもいろいろ載ってて参考になります。便利な世の中だこと。

こんなのを見ながら、普段から色々とエアロプレスを試したりしていたのですが、
やっぱり生で見るのはとても参考になったー!

WAC 2014 チャンピオンレシピ

16.5g coffee, 78℃, 250cc, soft mineral water, EK43 Grind at 9.5
Rinse normal paper filter, in standard position.

40g of blooming water for 25 seconds, stir 5 times.
Add 210g of water, stir once.
Press very slowly for 75 seconds.
Leave 45g.
worldaeropresschampionship.comより

なるほどー。

<準備するもの>

  • コーヒー豆:16.5g(フレンチプレスよりちょっと細かめ)
  • お湯:78度で250cc(軟水)
  • リンスしたペーパーフィルターでスタンダードポジション

<手順>

  1. 40gのお湯を注いで25秒間蒸らす
  2. 5回ステア(かき混ぜる)
  3. さらに210gのお湯を注いで、1回かき混ぜる
  4. ゆっくり75秒かけてプレス
  5. 45g残して終わり

ということですかね。
昨今の主流のゆっくりプレスで最後はちょっと残すやり方。
インバート(最初ひっくり返しておくやり方)でやってる人が多いですが、
昨日はスタンダードな向きでやってたので、おおっ!と思ったのです。

それにしてもエアロプレスのコーヒーめちゃんこ美味しかったです。
もちろん豆も違うというのもあるけど、全然違う!という感じで。
びっくり。

ちなみにこちらは2015年チャンピオンの動画。
こっちもまた全然レシピが違うね!

それにしてもエアロプレスって自由でほんとおもしろいなー。
だいたいフリスビーのメーカーが作った器具ってだけでも面白い!
毎年新しいレシピ出てくるし、自分で考えるのも楽しいし。
そしてだいたいどうやって淹れても美味しくなる!最高!

その他のコーヒーレシピはこちらです。

家で美味しく淹れるためのコーヒー器具は以下の記事でどうぞ。

家で美味しいコーヒーを淹れるオススメ器具(おしゃれ入門編:ドリッパー・サーバー・ケトル・ミル)まとめ

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
Minimal WPのテンプレートを使ってブログの月間アクセスが最高45万PV超を達成しました。そんなノウハウ満載のシンプルデザインのWordPressテンプレート。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなサイトが作れます。ブログやお店のホームページ始めませんか?
フォローして更新情報をチェック!
コーヒー特集

個人メディアの始め方

Minimal WPテーマ

集客・ファン獲得・ブランディング・自己実現に効果抜群な個人メディアを始めてみませんか?自営業・個人ショップ・フリーランスなら、WordPress(ワードプレス)のブログ型公式サイトがオススメです!

まずはじめに

・WordPressブログのはじめかた

おすすめレンタルサーバー

WordPressがクリック一発で簡単に始められる、おすすめレンタルサーバー。10日間は無料お試しなので、まずは始めてみましょう!

おすすめWordPressテーマ

オニマガ制作のMinimal WPテンプレートなら、HTML不要でおしゃれなミニマルデザインのサイトが簡単に作れます。 ブログ運営のヒントはオニマガのブログカテゴリーで公開中!