最終更新:2022年7月29日

牛乳出しアイスコーヒーを作ってみました!(道具不要の簡単な作り方・レシピ)

ワードプレステンプレート「Minimal WP」
簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

夏なんで水出しコーヒーをよく作って飲むのですが、
たまに牛乳で割ってアイスカフェオレなんかにしますよね。
あれ超美味しいですよね。

で、これ水出しコーヒーを水のかわりに最初から牛乳を使ったら、
もっともっと美味しいカフェオレになるんじゃないか?と思いまして。
牛乳出しコーヒー(ミルクコールドブリューコーヒー)、さっそく作ってみました。

以下、そんな模様を。

牛乳出しアイスコーヒーを作ってみました!(作り方・レシピ)

材料

  • コーヒー粉 30g
  • 牛乳 500ml

作り方

今回の豆はゴルピーコーヒーのホンジュラス COE エル グァヤボを使いました。
これ美味しい。

コーヒー豆を挽いて(ナイスカットミルで2.5で挽いてみましたけど、もっと粗い方がいいかも)、
コーヒーサーバーに直接どばっと入れます。

そこへ牛乳を500ml注ぎます。
ここでもハリオのドリップスケールが活躍です。

グルグルとかき混ぜて、冷蔵庫に入れて一晩待ちます。

一晩おいて、、、

一晩おいたものがこちらです。

ドリッパーにペーパーフィルターをセットして濾します。

後は待つだけ。これがなかなか濾せない!すぐ目が詰まる!
というわけで、しょうがないので一回ステンレスフィルターで濾してから、
再度、ペーパーフィルターで濾してみました。

で、グラスに注いで完成。
うまい!なんか濃い!胃がもたれる!

牛乳多めのコーヒー濃い目って感じなので、
カフェオレというよりもカフェラテに近い味ですね。

作る時のポイント!

ポイントとしては、あんまり豆を細かく挽きすぎるとフィルターがすぐ詰まる!
牛乳だからかねっとりしてて、濾すのに時間がかかる!
そんなわけで、ワタクシはステンレスフィルターで濾してから、
さらにペーパーで濾す、そして最後は絞るという感じで、なんとか完成しました。
このやり方はちょっと改良の余地ありまくりです。

【追記】お茶パックに粉を入れて、牛乳パックにドボンの方が簡単だった!

関連記事:ミルクブリューコーヒー(ミルク出しコーヒー)の作り方

まとめ「濃いやつが飲みたい時に良い!」

というわけで、牛乳出しコーヒー、まあまあめんどくさい気がするんだけど、
いつものカフェオレとちょっと違う味が楽しめます。
蜂蜜やメープルシロップを足すとまた美味しいです。

お試しあれ〜。

その他のコーヒーレシピはこちらです。

家で美味しく淹れるためのコーヒー器具はこちらの記事でどうぞ。

関連記事
新着記事
同じテーマの記事を検索