レンタルサーバーの選び方:いよいよ自分のホームページを始めるなら?オニマガおすすめのレンタルサーバー

IMG_1044

今年こそはブログを始めたい!と考えてる方や、
年末年始の休みでガッツリ集中してホームページ作るぞー!なんて方に、
多少お役に立てそうな情報を本日はこっそりとお伝えします。
サイト運営に付きものの、レンタルサーバー選びについてのお話です。

簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

オニマガはロリポップを使ってます!

ロリポップ

ワタクシのこのブログ「オニマガ」はWordPressで運営してるんですけど、
レンタルサーバーはわりと初心者向けで格安な「ロリポップ!」を使ってます。
このロリポップ、最近のバージョンアップがスゴくて、
かなりのコストパフォーマンスじゃないかという気がしてきました。

昔からロリポップは、
「初心者向けだからアクセスが増えたら乗り換えた方が良い」
「安かろう悪かろう」
「アクセスが集中するとすぐ落ちるから使えない」
「ワードプレスちゃんとやるなら他にしなさい」とかとか、
玄人的な怖い人たちからわりと酷評されてる部分もあったんだけど、
いやいや、そんなのはかなり昔の話で、今はまったく逆じゃないの?なんて思ったり。

そんなわけで、最近こりゃすげーなーと思ったポイントをいくつか紹介します。

新サーバーに移行して超絶快適になった!

今年、ロリポップは「次世代ホスティングサービスを目指して」という取り組みで、
古いサーバーから新サーバーにどんどん移し替えられてるんだけど、
これがなかなかのハイパフォーマンスで一気に逆転。

以前はたしかにワードプレスの管理画面が重いなーって時があったんだけど、
新サーバーに移行後は全く重く無くなったし、めちゃくちゃ快適。
しかも料金もそのまま今まで通りで新サーバーに移してくれるというナイス心意気。

転送量制限が大幅に緩和された!

転送量

レンタルサーバーってのは、どこもだいたい1日あたりの転送量制限があります。
転送量ってのはサイトを表示する時のデータ量みたいなやつ。
サーバー選びは、データ自体がどれだけ置けるかの容量よりも、転送量の方が100倍大事。

共有サーバー(みんなで使ってるサーバー)で一つのサイトにたくさんアクセスがあると、
同じサーバーに入ってる他のサイトの表示が重くなったりして迷惑がかかるから、
制限超えた場合はサイトを表示させないようにするという恐ろしい措置がとられるわけです。

例えば商売用のサイトとかブログとかで、急にアクセスが増える時って、
何かで紹介されたとか、新商品を発表したとか、時期的に売り上げがある時とか、
なんにしてもチャンスの時じゃないですか?
そんな時に限って転送量制限されてたら、もう目も当てられません!

で、ロリポップ、転送量制限がかなり緩和されたのです。

突然のアクセス集中にも余裕だった!

このオニマガは「スタンダードプラン(月額500円)」を使ってるんだけど、
直近で月間アクセスが約19万PV(1日約6000PV)くらいあって、
データ転送量が1日だいたい4GB前後です。
ライトだと危ないというかアクセス多い日はアウトだけど、スタンダードなら余裕。
しかも制限緩和されて100GBに増えたので、もう全然余裕ですね。

そういえば、こないだ名古屋ローカルのテレビ番組で年末爆買ツアーみたいな、
買い物特集的なコーナーで「矢場とんの安いよ〜市」と「肉のスギモト土日市」が紹介されてて、
どっちも検索するとオニマガの記事が1位〜3位くらいに来るんですけど、
それで短時間でアクセスが超集中しました。

たまたまアクセス解析見てたときだったので、
「おお、これどうなるのかなー?」なんて観察してたんだけど、
なんと同時アクセス500超えでも全然大丈夫でした。
これでOKならもうコストパフォーマンス良すぎじゃないかと。

結論「ロリポップがおすすめ!」

wp_about_12

と言う感じで、結論はレンタルサーバーは「ロリポップ!」がおすすめです。
WordPressを始めるのも簡単なので(ワードプレス簡単インストール機能付き!)、
自分のホームページを持ってみてはいかがでしょうか?

ロリポップ!レンタルサーバー >

最後に、WordPressのテンプレートはワタクシが作ってる、
Minimal WPのテーマをどうぞご贔屓に!(宣伝)

と言いつつも、今はワードプレスに最適なサーバーが色々あるので、
簡単な比較表を作ってみました。
以下、おすすめ5選です。

WordPress初心者にもおすすめの国内レンタルサーバー5選

WordPress簡単インストール機能+無料SSL+自動バックアップが使える、
初心者にもオススメのレンタルサーバーをまとめました。
初めての人には電話サポート付きのサーバーがおすすめです。

*以下、1年契約の税込価格の料金比較

ロリポップ!

  • 初期費用1,650円+月額550円
  • 最低契約期間1ヶ月(無料お試し10日間)
  • 自動バックアップ月額330円
  • サポート:電話・チャット・メール

とにかく使ってる人が圧倒的に多い、WEB初心者に人気のロリポップ。
使ってる人が多いということは、困った時にも検索すれば必ず解決策が出てきます。
昔は「安いけど遅い」でしたが、ここ数年はかなり表示速度もアップ。

最近、高速表示に特化した「ハイスピードプラン(月額1,100円)」も出て、
さらに高速になりました。
*格安のライトプランはスペックが劣るのと電話サポート無しなので要注意。

ColorfulBox

  • 初期費用無料+月額638円
  • 最低契約期間1ヶ月(無料お試し30日間)*1ヶ月の場合は初期費用2,000円必要
  • 自動バックアップ無料
  • サポート:電話・チャット・メール

高速かつ格安な新しいレンタルサーバー。
ここは機能に対して料金が抜群に安いですね。
アクセスが増えてきたら必要に応じて上位プランに変更も自在です。
地域別の自動バックアップがあったりと災害対策まで考えられてます。

WordPressでブログを始めるまでのややこしい設定を全部やってくれる、
「簡単サポートパック(9,680円)」もあります。
プロによるWordPressサイト移転代行サービスもあり(14,080円)。

ConoHa WING

  • 初期費用無料+1時間@2円(最大月額1,320円)
  • 最低契約期間なし
  • 自動バックアップ無料
  • サポート:電話・チャット・メール

最近登場した、国内最速をうたうレンタルサーバー。ロリポップと同じGMO系列。
最低契約期間や初期費用が無いので、1時間2円で気軽に試せます。
(例えば試しに1時間だけテストで使ってみるなら請求額2円だけ)
WordPressサイトコピー機能とか複数サイトを運営するのに便利な機能もついてます。

WordPressサイト移転自動ツール(無料)、
さらにプロによる移転代行サービスもあり(10,978円)。

*下記リンクから申し込みすると「2,000円分割引クーポン」がもらえます。
他社から乗り換えだと最大20,000円キャッシュバックされます。

エックスサーバー

  • 初期費用3,300円+月額1,100円
  • 最低契約期間3ヶ月(無料お試し10日間)
  • 自動バックアップ無料
    (ただし復旧は有料でサーバーデータ11,000円・MySQLデータベース5,500円)
  • サポート:電話・メール

ご存知、高速・安定で、大人気のエックスサーバー。
どれにするか迷っちゃったらこれにしておけばまず間違いはなし。
最初ロリポップで慣れたらエックスサーバーに移転、ってのが昔からよくありますが、
今はSSL化されたWordPressが主流なので、その移転は結構大変、
本気の人は最初からエックスサーバーにしておくのが吉。

ただしバックアップからの復旧は有料になります。
WordPressサイト移転自動ツールもあり(無料)。
たまにやってる初期費用半額やドメイン無料キャンペーン時に申し込むとお得。

MixHost

  • 初期費用無料+月額1,078円
  • 最低契約期間3ヶ月(無料お試し10日間)
  • 自動バックアップ無料
  • サポート:メールのみ

後発だけに、超高速・超高機能で人気のミックスホスト。
しかも36ヶ月の長期契約なら月額968円とかなり安くなります。
ただしサポートがメールのみだったり、若干玄人向け、かな。

プロによるWordPressサイト移転代行サービスもあり(15,356円)。

これからWordPressでブログを始めてみたいという人はこちらをどうぞ。
超初心者でも簡単にWordPressでブログを始める方法を解説しました。

人気ブログを作る10の秘訣

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
Update:2019-10-03) by
関連記事