お茶屋さんに教わった、美味しい水出しほうじ茶の入れ方

IMG_7499

ワタクシお茶の中ではほうじ茶が一番好きです。特に加賀棒茶。
ほうじ茶ってのは焙じてあるわけで、つまり焙煎。
なんだかコーヒーにも通じるところがありますね。

そんなわけで、こないだ近所のお茶屋さんに行ったら、
水出しの美味しいほうじ茶の作り方を教えてくれたので、
本日はここに記しておきたいと思います。

<スポンサーリンク>

まずは焙りたての美味しい茶葉を買ってくる!

IMG_7469

ほうじ茶もやっぱり焙煎したてのやつが美味しいです。
香りがとても良くて最高。
よく街角のお茶屋さんが店頭で良い匂い出してますよね〜。
あれを購入。
水出し用って書いてあるパックされたやつはダメ。

水1リットルに茶葉6グラム

IMG_7592

IMG_7593

1リットルくらい入るガラスポットを用意して、
ほうじ茶の茶葉を6グラム入れます。
水1リットルに対して茶葉6グラム。これが基本。
ちなみに水だけでじっくりやる場合は8グラムくらい入れた方が美味しいです。

沸騰した熱いお湯を100ml注いで蒸らす

IMG_7598

IMG_7599

沸騰したての熱いお湯を100mlくらい茶葉に注ぎます。
コーヒーでいうところの最初の蒸らしと同じですね。

IMG_7601

そしておもむろにグルングルンと混ぜます。
ここもやっぱりサードウェーブ的。

IMG_7600

そして最初のお湯を投入してから60秒ほど待ちます。
ここで茶葉がぐわーっと開いてきます。
むちゃんこ良い香りがしてきます。

IMG_7597

そしたらここでお水が登場。ブリタ。
やっぱり水出しなので、なるだけ美味しいお水を用意したいところです。
我が家はお手軽にブリタの細いやつ(ちょうど1リットル)を愛用してます。

IMG_7605

IMG_7609

ドバドバーーーーッと勢いよく入れます。
茶葉が舞うように。
1リットル水を注いだら、冷蔵庫に冷やします。

1時間くらいおくだけでも、十分美味しいやつが出ます。
一晩おくとしっかり味が出ます。この辺はお好みで。
ワタクシ的にはわりと早めに取り出したやつが、
渋みも全く無くてフルーティーな感じの爽やかーな味で好きです。

IMG_7617

IMG_7621

そして冷蔵庫から取り出したら、
コーヒーでも愛用してるABLE KONEのステンレスフィルターCHEMEXで濾します。
便利。

専用の水出しのやつを使うともっと便利。
お茶屋さんはこれ使ってた。

IMG_7499

ハイ、できあがり。おむすびと一緒にどうぞ。
という感じで、お茶屋さんに教えてもらった美味しい水出しほうじ茶の作り方でした。

それにしてもほうじ茶、これハマると自家焙煎とかいう危ない方向に行くんじゃないか?
という気がしなくもないですけど(コーヒーの手網焙煎という前科あり)、
とにかく美味しいお茶が簡単に飲めるのはいいですね。

これまで麦茶をあれこれ飲み比べしたりしてたんだけど、
水出しだったら麦茶よりほうじ茶の方が圧倒的に美味しいですね!


オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート発売中
ワードプレステーマ「Minimal WP」
2015-06-25 | Posted in Food / ごはん・レシピ
関連記事
オニマガをフォローしよう!
follow us in feedly

Food / ごはん・レシピ 新着記事

オニマガの新着記事

ホームページの作り方「Minimal WP」
家で美味しいコーヒーを淹れるオススメ器具(おしゃれ入門編)