ベッドを捨てて、西川のムアツふとんを買って良かった5つのポイント

IMG_7791

最近「ベッドがいらないなー、ふとんにしよう!」っと急に思い始めまして。
で、さっさとベッドを捨てちゃったので、かわりにミニマリスト愛用的な口コミが多い、
西川の「ムアツふとん」の旧タイプを購入しました。

凸凹ウレタンフォームで出来てる、マットレスと敷き布団の間くらいなやつ。
ボコボコの点で体を支えるので毛細血管が圧迫されずに寝心地最高、
そしてダニやほこりも出ないし、折り畳んで立てて収納できるという逸品。

敷き布団やマットレスは身体に合わないやつだとすぐ腰痛になったりするのですが、
しばらく使ってみた感じ、これはなかなか快適で良かったので、
以下、写真でその全貌をお届けします。

スポンサーリンク

西川のムアツふとんとは?

IMG_7727

ムアツふとんは元々、床ずれ防止用として病院向けに開発された、
たまご型のデコボコのウレタンフォームのマットレス。
1971年の発売から改良されながら売れ続けるベストセラー。

たまごを縦にしてずらーっと敷き詰めると、
上下から加えられた力を立体的に分散するので、重さに耐えられつつ、
点で支えるから身体に負担がかからないという健康的な仕組みだそうです。

ムアツふとんの良い所

IMG_8350

  • 反発力が程よくて、沈み込まずに寝返りも打ちやすい
  • 3ツ折にして(マジックベルト付き!)立てて収納できるのでコンパクト
  • わた切れやほこりが出ない
  • ダニが発生しにくい素材
  • 通気性も速乾性も良いので立てておけば、天日干しの必要も無し

ムアツふとんの惜しい所

  • 柄がダサい
  • バリエーションがいくつかあって選ぶのが難しい
  • お値段がまあまあするので、気軽に試しづらい

バリエーションがいくつかあるというのは、
厚さ(80mm or 90mm)と、堅さ(90/100/110/140ニュートン)って感じで、
寝る人の体型に合わせて選ぶ必要があります。

女の人なら80mm/90ニュートン、男の人なら90m/90ニュートンが標準かな。

で、このパターン分けはワタクシが買った旧バージョンの場合で、
最近の新しいバージョンはもっと選択肢が減って選びやすくなった模様。
(お値段もだいぶ高くなったような。。。)

まとめ

IMG_0892

と言う感じでなかなか快適で良いです。
ワタクシの場合、薄めの敷き布団で寝るとかならず腰が痛くなるんだけど、
ムアツふとんは全然腰も痛くならないし、首こり肩こりもなってないので、
自分の身体には合ってたのかなーっと。

ちなみに、腰痛問題が多い妊婦さん用には、
西川リビングから腰痛軽減補助マット「エンジェルサポートマット」ってのも出てますよ。

それとムアツふとんはすっごい軽いので、掃除がしやすい!
うちは箒+マキタ+ブラーバで掃除してるんだけど、
朝起きたらさっと折り畳んで、横っちょに立てかけておいて、ささーっとほうきで掃除。
ってのが毎朝の習慣。これもかなりラクチンになりました。


2016-11-25 | Posted in ミニマリズム
オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート
ワードプレステーマ「Minimal WP」
月間30万PV超のノウハウを詰め込んだ、ミニマルデザインのWordPressテンプレートを販売中。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!ブログ始めるなら今がチャンス!
こちらの記事もどうぞ
オニマガをフォローしよう!
follow us in feedly

ミニマリズム 新着記事

オニマガの新着記事