50mm単焦点レンズ比較「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」VS「CANON EF50mm F1.2L USM」

IMG_4354

先日、読者の方からお便りを頂きまして。

カメラレンズを「SIGMA 50mm f1.4」と「CANON 50mm f1.2」のどちらを買うか迷っています。1本だけ買うなら、どちらがおすすめでしょうか?カメラは「CANON 6D」です。

これはとても難しい質問ですな。2本とも負けず劣らずでメインに愛用中なわけで、
この答えはワタクシが一番知りたいくらい。
これがパっと答えられるのなら、今までに50mm単焦点レンズばっかり8本も買う必要なかった!
(しかも8本というか、同じの3回買い直してるやつもあるので、さらにたちが悪い!)

というわけで、参考になるかどうかは分かりませんが、
ザックリ比較してみましたよ。

Ads

SIGMA 50mm F1.4 DG HSMの主な仕様

  • レンズ構成:8群13枚
  • 絞り羽根枚数:9枚(円形絞り) 
  • 最短撮影距離:40cm
  • 最大径×全長:φ85.4㎜×99.9㎜
  • フィルター径:φ77㎜
  • 重さ:815g
  • 価格:89,867円(アマゾン本日価格)

CANON EF50mm F1.2L USMの主な仕様

  • レンズ構成:6群8枚
  • 絞り羽根枚数:8枚
  • 最短撮影距離:45cm
  • 最大径×全長:φ85.8mm×65.5mm
  • フィルター径:72mm
  • 重さ:590g
  • 価格:143,390円(アマゾン本日価格)

スペックの大きな違いは、レンズ構成、というかやっぱり大きさと重さ。
シグマの方がデカい!重い!

装着した感じを比較すると

DSC00738

DSC00739

CANON 6Dに装着すると、このくらい違います。
シグマの方がグイグイと前にせり出してきます(逆にキャノンはずんぐりむっくり)。
持ちやすさはどうかと言うと、これが意外にもシグマの方が持ちやすいです。
なんというかバランスが良いのです。

ただ、散歩で写真を撮るのがメインの使い方の場合は、
持ち運びにはちょっとでも軽い方がいいので、キャノンの方が優勢。

試し撮りしてみましたよ

IMG_4359

SIGMAで絞りF1.4で。

IMG_4362

CANONで絞りF1.4で。

IMG_4362

CANONで絞りF1.2で。

う〜ん、なんかよく分かんないね。
シグマの方が青くて開放からシャープ。キャノンの方がほわっとしてる。
開放だとどちらも多少周辺光量落ちはあるけど、
F1.4で揃えるとキャノンの方が多少周辺光量落ちが無さげ。

IMG_4360

SIGMAで絞りF1.8で。

IMG_4361

CANONで絞りF1.8で。

ちょっと絞ると、どうでしょう。
もうどっちがどっちか分からん。
これでF2.8とかF4.0とかやってくと何か違いがあるのかもしれませんが、
普段からF1.8くらいまでしか使わないので、こんなところで。
そもそも被写体が悪い!分かりにくい!というのを今更反省しております。

IMG_4367

ちょっとカラーがあるところでSIGMAの絞りF1.4。

IMG_4370

ちょっとカラーがあるところでCANONの絞りF1.4。

こうなると色の違いは明らか。
シグマの方がかなり青っぽいです。
ちなみにこれJPGで撮ってそのままノー加工です。

ただ、普段、写真撮ってそのまんまってことは無いと思うんですよ。
多少は加工したりしますよね。
そんなわけで、いつも通りの加工後の2枚を以下に。

IMG_4367

IMG_4370

さて、どっちがどっちでしょうか?
この流れでだと分かるけど、突然出されたらどっちも同じじゃん!って思っちゃう。
プリントする人なら話は別でしょうけど、ブログ用に写真撮るとかだったら、
もうなんでも同じじゃない?って気がして来た!
そう、結局こんな比較は意味が無いってことですよ!
今日のお昼はハンバーグを食べるか?カレーを食べるか?そんなの両方に決まってる!

これと一緒ですね。
考え方はオリエンタルですよ。
どっちかに選ぶなんて出来ない!

ちなみに他の選択肢も考えてみるともう大変!

で、ここまで書いておいてアレですけど、
SIGMA 50mm F1.4 DG HSMと比較するなら、
Canon EF50mm F1.4 USMってのもあるわけで。
こっちのが価格・写り・軽さのバランスが良かったり。
ただ、なぜかこいつはすぐ壊れるので3回買い直しました(そしてすでに今手元には無い)。

ちなみに一番上の写真は中国産の激安50mmレンズ「YONGNUO AF 50mm f1.8」で撮ったやつで、
その下の装着写真2枚は、ソニーのミラーレスα5100SIGMAのミラーレス用30mm F1.4
中国製はお値段たったの5,999円。ミラーレスのレンズは31,170円。
そしてシグマは89,867円。キャノンは143,390円。

どうなの?この値段の差はどうなの?
なんというか、もう何が正解なのかさっぱり分かりません!
分かんないけど、シグマが一番好き!ってたぶんこれが答えか!

まとめ

と言う感じで、いかがでしょうか?まったく役に立ちそうにない比較記事。
そしてカメラのレンズが沼と呼ばれる理由が分かった気がします。
こっちを立てればあっちが立たない、こっちを使うとあっちも試したくなる、
隣りの芝は青い、まあそんな感じですね!

買う前にカメラレンズのレンタル屋さんとかで借りて試してから買うとか、
でもまあ自分のものになってみないと分からない部分もあるから、
両方買ってダメだった方は速攻でレンズ買い取り屋さんに売っちゃう、
ってのはいかがでしょうか。

関連記事:中古カメラ・レンズの宅配買取り専門店おすすめ6選(実際の高額査定結果も公開)

ファンくる
オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
このテンプレートを使ってブログのアクセスが月間40万PV超に成長しました。そんなノウハウ満載のミニマルデザインのWordPressテンプレート。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなサイトが作れます。ブログやお店のホームページ始めませんか?
by
こちらの記事も読まれています
同じカテゴリの記事
カメラ買取特集