最終更新:2022年9月4日

SIGMA単焦点レンズ「30mm F1.4 DC DN Contemporary(APS-C用)」を買いました![レビュー/作例]

ワードプレステンプレート「Minimal WP」
簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

先日、なんやかんやでミラーレス一眼カメラ「SONY α5100」を買いまして。
それに合わせるようにソニー純正の単焦点レンズの「E 35mm F1.8」も買って、
これはかなりいいぞ!と思ったのですが、やっぱり他も試してみなきゃ分からない!

ということで、昨日のカメラレビューのブログ記事を書き終ると同時に、
気づくとアマゾンのカートに入っていたニューレンズ。
SIGMAの「30mm F1.4 DC DN Contemporary」を買い足しました。
そしたら、やっぱりこれが大正解!
ワタクシが求めていたのは完全にこちらでした。

以下、サンプル写真をドバーっと。
奥様がちょうどDJの練習してたので、撮りまくってみました。

SIGMAのミラーレス用レンズ「30mm F1.4 DC DN Contemporary」

もうほんっとにね、カメラとレンズは試してみないと分からない。
しかもちょっとお店で試した位じゃ分からない。
なのでまずは買う。そして自分のものにして激しく使いまくってみる。
ダメだったら速攻で売る!それくらいの勢いが大事ですな。

そんなわけで、やっぱりシグマ。
フルサイズ一眼の方ではARTシリーズの35mm、50mmを愛用していますが、
ミラーレス用も最高でした。
換算で45mmてことで、ソニーのやつの52.5mmよりだいぶ扱いやすい(好みの問題)。
家の中で子供の写真とか撮るならこっちのが断然使いやすそう。

Contemporaryシリーズなので、光り輝く「C」マーク。

ちょいとデカくて、ソニー純正のE 35mm F1.8より111グラム重くなったけど、
首からかけた時のバランスもちょっと悪くなったけど、
いや、それでもそんなの目をつぶれる位、いい感じです。

というわけで、以下写真サンプルです。

SIGMAの単焦点レンズ「30mm F1.4 DC DN」撮影サンプル

奥様愛用の練習用機材。PioneerのワイヤレスDJシステム「XDJ-AERO」。

スピーカーはGenevaのやつ。

今ドキのDJ機材ってのはレコードでもなくCDでもなく、USBメモリなんですね。
いやはやスゴい時代だ。
そのわりにお店とかクラブでDJする時は、CD満タンの超重たそうなDJバッグ持って行くので、
それはそれでスゴい時代だ。

チュクチュク(は、やらない)。

ボンジュールボンソワー。

奥様はDJの練習、ワタクシはカメラのテスト、ブラーバは床掃除。

ノって来ちゃった人。

盛り上がってきたところで、、、

ぎゃっ!

ヘッドフォン壊れた!
というわけで、終了〜。

てな感じのサンプル写真。ちなみにLightroomでちょっと加工してあります。
同じような写真ばっかりになっちゃったけど、しかしこのレンズはいいなぁ。
そんなわけで、ソニー純正の方は出番なさそうなので、
買って間もないですが、レンズ買い取り屋さんへGO!です。
これあくまでサブカメラなので、これで打ち止め。レンズ沼から脱出です。

【追記:2017年3月6日】
のはずだったんですがねぇ〜、、、

散歩用カメラにFUJIFILM X-Pro2+FUJINON XF35mm F1.4 Rを導入しました!

関連記事
新着記事
同じテーマの記事を検索