最終更新:2022年12月4日

天然酵母の自家製ベーグルを作ってみました!(作り方・レシピ)

ワードプレステンプレート「Minimal WP」
簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

ここのところ奥様がハマってるのがベーグル作り。
焼き菓子、ケーキ、パン、食パン、天然酵母パン、ときて、いよいよベーグル。
しっかしベーグルって美味しいですよねぇ〜。

発酵しやすい夏の間に毎日のように試作しては食べてって感じで、
天然酵母とだいぶ仲良くなったみたいで、ベーグルも美味しくできました。
梨・桃・ぶどう、夏はフルーツが美味しいので酵母も色々作れて楽しい!

そんなわけで、以下、我が家のベーグル作りの模様を写真でお届けします。

天然酵母の自家製ベーグルを作ってみました!

材料(6個分)

  • 強力粉 300g
  • 水 170g(うち150gは天然酵母液)
  • ドライイースト 1〜2g
  • 砂糖 2つまみ
  • 塩 3〜4g

ドライイーストなしでもできるけど、天然酵母の状態に合わせてちょい足し。
天然酵母だけだとむっちり、イーストちょっと入れるとフワモチって感じで、
全く同じように作っても食感が変わりますね。

作り方

  1. 材料を全て混ぜて軽くこねて1つにまとめる
  2. 1次発酵(気温によるけど1時間半くらい)
  3. 1.5〜2倍に膨らんだら上から粉を振って潰す(ガス抜き)
  4. 6等分して丸めてちょっと置く(ベンチタイム10分)
  5. 1つずつ整形してオーブンシートの上に乗せて2次発酵(20〜30分)
  6. 沸騰しない程度のお湯で生地を片面1分ずつ茹でる(お湯に蜂蜜を大さじ1入れる)
  7. 水をしっかり切って天板に並べて、200度のオーブンで15分焼く
  8. 焼き色が足りなかったらオーブンにしばらく入れたまま余熱で色付ける

そんなわけで1次発酵が終わって6分割した生地。
ベーグルは成形と茹でる工程が面白いですね。

潰す!

楕円形に伸ばす!

奥から手前にくるっと丸める!

しっかりくっつける!

さらにくるっと丸める!

しっかりくっつける!

この繰り返しで棒状にする!

20〜25cmくらいの長さに伸ばす!

片方はチョンチョン、片方は広げる!

くるっとくっつける!

合体!

包み込む!

しっかりくっつける!

ほい、できた!
簡単、楽しい。

そんなこんなでここから茹でる作業。

フライパンにお湯を沸かします。60度くらい(沸騰させちゃだめ)。
蜂蜜を大さじ1入れると艶が出るみたい。
メープルシロップでもOK。噂では艶出し専用の何かもあるらしい。
でもツヤッツヤすぎるやつよりもほどほどのが好き。

片面1分ずつ。

お湯をしーっかり切る!

天板に並べて、200度で15分くらい焼いたら完成!

焼けた〜。
焼き色が足りなかったらしばし予熱で。

これはちょっと焼きすぎたパターン。

コーヒー&ベーグル。うまい!
コーヒーも自家焙煎で、ベーグルも自家製の天然酵母の手作りで、
だんだん美味しいものが手作りできるようになってきた〜。
桃の天然酵母で作ったやつはフルーティーで特に美味しかったなー。

ってな感じで、最近よく我が家の食卓に登場するベーグル。
これにツナ大豆ペーストを挟んで食べる朝ごはんも最高です。
(作り方→ツナと大豆でマヨなしツナマヨ風ペーストの作り方

関連記事
新着記事
同じテーマの記事を検索