ただ「やりたいからやる」。理由がない活動こそ楽しい。

今の時代って、忙しいし、情報は多いし、時間はないし、失敗を恐れるし、
なんでも正解までの最短距離を求める傾向にあるし、無駄がなさすぎるというか、
何か事を起こすのにも、真っ当な「理由」が大事だったりしますよね?

『それ何のためにやるの?』っていうやつ。
これ一見真っ当な意見なんだけど、実はこれがいらない!
「ただやりたいからやってるだけ。理由なんてないよ。」っていう活動が、
今の時代は大事なんじゃないかなーっと、ふと思いまして。

不正解を避けても面白くない、というより正解があることが正解とも限らない

子供の遊び方を見てると、ほんっと意味がなさすぎることとか、
バカだなーってこととか、意味もなく延々繰り返したりとか、
本能に任せて全身全霊でただ遊ぶ、っていうことをしてて、
遊びの中に試行錯誤があるというか、楽しみ方を創作してるというか、
これって素晴らしいよなー、なんでか大人になるとなくなるよなー、っと思いまして。

正解があるのが正解、って、いつの間にか思うようになってしまって、
(学校でテストとかやるから、そりゃ正解を求める方向には行きますわね)
その行き着く先が、不正解を避けて最短で正解にたどり着く、っていう手法ばっかり。

でもよくよく考えると、子供の頃の遊びがそうだったように、
なんでもかんでも正解があることが正解とは限らないわけで、
むしろ意味なんてない、ただ「やりたいからやってるだけ」っていうことが、
今の時代だからこそ、これ重要な気がして来ました。

理由がない活動は実は楽しむのは難しいのよね

そんなわけで、2020年代も始まることだし、
あんまり意味も理由もない活動を増やそうかなと思ってまして。
と言っても、暇つぶしとは違うわけで。あくまでも主体的な無駄な活動。

東京で10年続けた写真部を解散して、来年は散歩部にする予定なんだけど、
写真部だと「良い写真を撮るのが正解」「映えるスポットに行くのが正解」、
ってなりがちだったので(いや、もちろんこれは楽しいから完全にアリなんだけど!)
もしかしたら別の楽しみ方もあるんじゃないかなー。撮らない写真部、みたいな。

何を感じて何をインプットして何をアウトプットするか、
そしてその活動自体をどう楽しむかは全くもって自分次第。お膳立てなし。
誰かからの評価を気にするわけでもないから、基準は自分次第。
理由がない活動を楽しむのって、実はかなり難しいですよね。
難しいから、楽しめた時は超楽しい。っていう楽しみ方。

まとめ

名古屋も散歩部やろうかなー。
そんな感じでちょっとずつ、ただ「やりたいからやる」という、
はたから見ると意味がなさすぎるMUDAな活動を増やして行く所存。

2014年に書いた『名古屋散歩「昭和区都島通り商店街編」』って記事、
たまたま読み返したんだけど、これまさにそんな感じで楽しんでたなー。
こないだ書いた『そこに「有るもの」よりも「無いもの」にロマンを感じる』って話、
これもさっきの記事に全く同じこと書いてたわ!やっぱりここにルーツがあるな!

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
オニマガ特製の写真フィルターで
ブログやSNSの写真をおしゃれに
Lightroomプリセット
どんな写真でもボタン一発で簡単におしゃれな写真に加工できる、写真編集アプリ「Adobe Lightroom(PC用&無料モバイル版用)」プリセット発売中!
Update:2019-12-31) by
関連記事