人に会わずにネットだけで仕事をして生きていく方法

こんな散歩ばっかりしてるブログを運営しているので、
よっぽど出かけたがりかと思われているかもしれませんが、
ワタクシ基本的にはものすごい引きこもり体質でありまして。

「できればずっと家にいたい!人にも会わずにネットだけで仕事したい!」
「いや、働かずに生きていきたい!」と思ってました。

そんなわけで、長年いろいろと研究を重ねた(こんなのばっかり20年も考えてる!)、
人に会わずにネットだけで仕事をして生きていく方法をいくつかご紹介。

人に会わずにネットだけで稼ぐ方法の基本

全ての基本にまず「ブログ」があります(+ネットの便利ツール使いこなし)。
ブログで情報発信さえしていれば、「集客」「PR」「接客」「販売」「情報収集」、
そして最も大事な「営業」「ブランディング」など、
フリーランスとして自分だけで仕事をする上で必要なものがだいたい揃います。
しかも24時間体勢の全自動で!ここがネットのよいところ。

なので、極端な話、ブログさえやってれば、
人に会わなくても生きていける可能性が高まります。
が、逆にブログすらやってないとなかなか難しいです。

これからWordPressでブログ始めたい!という方は『<完全保存版>超初心者でも簡単にWordPressでブログを始める方法(ドメイン&サーバー取得からの手順をイチから全部解説します!)』をどうぞ。

ネットで収入を得る代表的なパターン

1) ブログの広告収入(アフィリエイト収入)を得る

これがもっとも一般的なネットで収入を得る方法。
多くのブログやメディアサイトなんかが無料で運営されているのは、
こういった広告を掲載することで運営費をまかっているわけですね。

これはある程度アクセス数が必要になっては来ますが、
経費もほぼかからずにノーリスク・ハイリターン。
今の仕事をしながらでも始められるので、まず最初のおすすめ。

オニマガの場合はタイアップ記事広告はやってませんが、
月極のバナー広告(スポンサー広告)は受け付けています。
現在はゴルピーコーヒー(我が家も愛飲中)が月極広告を出してくれてます。感謝!

2) デジタルデータを販売する

  • 音楽販売(MP3やPVなど)
  • デザインテンプレートの販売(WordPressテンプレートやHTML/CSSテンプレート、フォント・アイコン・イラスト等のデザイン素材)
  • 文章・電子書籍の販売(kindle、note
  • 写真の販売(PIXTAみたいな写真販売サイトへ出品)

自分で何かを作って、それをネットで販売する方法。
ネットで売るならネットで完結するものの方が売れやすい法則があるので、
デジタルデータ商品を作って販売するのがおすすめ。

もちろん形のあるものをネットで売ってもOK。
カラーミーショップとか、BASEを使ってネットショップを作ってもいいし、
ハンドメイドものならminneとかに出品するのもあり。

どちらにしても制作・開発の技術が必要になってくるので大変ですが、
他社の商品の広告をブログに掲載して紹介するだけよりは、
収益は大きくなりやすいし、
なにより自分の作ったものを直接だれかが買ってくれて喜んでくれる、
というのは、とても嬉しくて楽しいものです。

ワードプレステンプレート

自分の場合は、過去には音楽を作って販売していて、
その後はZINEや電子書籍に変わっていって、
現在はWordPressのテンプレートを作って販売しています

参考リンク:ワードプレステンプレート Minimal WP

note onimaga

あとは有料noteも始めました。
初めて書いたブログ運営のノウハウ本ですが、こちらもなかなか売れています。

参考リンク:「人気ブログを作る10の秘訣」

3) 投資・資産運用から収益を得る

これは元手がいるので簡単ではないけど、
ここ数年、ネット取引環境の充実が個人の資産運用の幅をぐぐっと広げました。
若い人ほどリスク取れる分だけ有利だし、時間をかけるというのが一番重要だし、
ってなことで、早く始めたら始めただけ有利。

自分の場合は、20代から資産運用はずっとやってるので投資歴はもう15年くらい。
最初はセゾン投信でインデックスファンドの積立積立をスタート。

そこからあれこれ手を出し数々の失敗や成功を繰り返した結果、
今は主に高金利通貨のFXスワップ運用FX自動売買株価指数CFD
ロボアドバイザーのウェルスナビで世界分散投資、
2018年からは税金が超おトクな「つみたてNISA」をマックスでやってます。
それと節税という意味では「確定拠出年金(iDeCo)」もマックスで。
どれもこれも基本は長期ほったらかし運用です。

4) 自分のスキルを販売する

これを全く人に会わず、というのはなかなか難しいかもしれないけど、
今はツールも出そろってるので、ネット上のコミュニケーション能力が高い人なら、
ネットだけでも完結できそうですね。
ただ、当たり前ですが、スキルを売るにはスキルが必要。

スキルが無い場合は、まずはスキルアップからスタートです。
特に今の時代はWEB関連の基礎知識は必須。
最近は短期集中で基礎を身につけられるオンライン講座も多いです。
TechAcademy(テックアカデミー)は「1週間無料体験」や、
短期集中WordPressコース」や「Webマーケティングコース」もあるし、
オンライン動画学習サイト「Udemy」も日本語版が始まったし、
そういうのを活用するのもありですね。

ポイントは、まずは脱初心者レベルのスキルを身につけて、
少し前の初心者だった自分と同じレベルの人に向けたサービスを提供する。
上級者よりも初心者の気持ちが理解できるので、仕事になりやすいです。

◎フリーランスのデザイナー・エンジニアとして働きたい人はこちらも合わせてどうぞ⇒フリーランス案件・求人情報サイト「ギークスジョブ」

ブログから直接仕事を受注するのがオーソドックスなパターン

ちなみに人と一緒に仕事する、というのが上手にできる人は、
ブログ経由で仕事を請けるというのもいけますね。
むしろこれが最もオーソドックスなやりかた。

ブログで得意なこと好きなことをひたすら発信し続けると、
そのスキルを欲しい人から仕事が舞い込む、というのがブログのスゴいところ。

うちの場合よく話が来るのが、

  • 記事を書いてほしい(WEBメディア・雑誌)
  • 取材に来てほしい(お店・イベント)
  • 写真を撮ってほしい・カメラを教えてほしい(個人・イベント)
  • ネットマーケティングの相談に乗ってほしい(企業・個人)
  • WEBサイトをデザインしてほしい(企業・個人)
  • WordPressのカスタマイズをお願いしたい(企業・個人)
  • 商品プロデュースしてほしい(企業)
  • 集客・PRの相談に乗ってほしい(企業・地域団体)
  • 地域振興のなんやかんやをやってほしい(地域団体・自治体)
  • 散歩・街歩きネタを提供してほしい(ラジオ局・出版社)

などなど。

【番外編】自宅の空きスペースを貸し出して収入を得る

空きスペースシェアリングサービス「モノオク」も収入を得る方法として使えます。
スキルは無いけど、自宅に空きスペースならある!
という人なら、そのスペースを荷物置き場として人に貸し出すことで、
副収入を得る方法もあります。

関連記事:【モノオク】個人間で自宅空きスペースの貸し借りができる!AirBnBの物置・荷物版!(登録方法・料金・トランクルームとの比較)

また屋外の空きスペースがある人は、駐車場として貸し出すことで、
副収入が得られる「akippa(あきっぱ!)」というシェアリングサービスもあります。

おわりに

とまあ、一般的なのでもこんな感じでいろいろと方法は出てきます。
まだまだありそうな気がしますが、とりあえず自分がやってる方法と、
または今後やってみたいなーと思うことを中心にまとめてみました。

これの中のどれかで独立!とかって大げさな話じゃなくても、
副業というか複業というか、本業との組み合わせでもおもしろいですね。
というか会社(本業)×ネット(サイドビジネス)の組み合わせが、
リスクが低くてリターンが高めだし、相乗効果も高くていいかもですね。

具体的なやり方は、長くなっちゃうので、また後日あらためて。

【追記】書きました!→ブログ運営を基本にして収入を得る方法やアクセスアップ・ライティング等のノウハウは全て、有料note「人気ブログを作る10の秘訣」にまとめました。

仕事に悩んだら→無料転職相談は「DODA(デューダ)」、市場価値の無料診断は「ミイダス(2分で診断OK)」がオススメです。

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
同じカテゴリの記事