FUJIFILM X-T10とNEEWER 35mm F1.2を買いました!

ちょっと前に、中古のFUJIFILM X-T10NEEWER 35mm F1.2を買いました!
普段のメインカメラはCANON 6D mark2SIGMA 50mm F1.4 Artなんですが、
サブカメラをいつもあれこれ取っ替え引っ替え楽しんでまして。

2年半くらい前はFUJIFILMのX-Pro2を使ってたんだけど、
その後SONY α7RIIにメインもサブも一式丸ごと変えて、
またまたメインはキャノン、サブはFUJIFILMという組み合わせに戻ってきました!
いやいや、やっぱりフジのカメラは楽しい!写真撮ってる感満載!

というわけで、以下、写真でその全貌をお届けします。

FUJIFILM X-T10とNEEWER 35mm F1.2を買いました!

こちらが今回買ったカメラ。FUJIFILMのX-T10。
2015年発売の2世代前くらいの古い機種です。
今だと中古で2万円切るくらいで買えます。
これがめちゃコンパクトで軽くて見た目が良くて最高。

そして合わせたレンズはこちら。NEEWER 35mm F1.2。
純正の「XF35mmF1.4 R」も「XF35mmF2R WR」も売っちゃって手元にないので、
また同じの買い戻すのもなぁー、この2つ必ず両方使いたくなるしなーってことで、
サブカメラだし今回はマニュアルレンズだけでいいかっと。

1万円以下の激安中華レンズ。しかもF1.2という攻め攻めのマニュアルレンズ。
X-T10で使うと52.5mmということで、だいたいいつもの50mmレンズと同じ画角。
これも超軽くてコンパクト。写りはオールドレンズ風でなかなか面白いです。

正面から。古いカメラっぽさが出てて良いです。
ボディは約381g。レンズ・電池・カード・ストラップ付けて592g。軽い!
サブカメラは軽いことが最大の条件!

電子ビューファインダーとチルト式液晶。
電子ビューファインダーも見やすくて良いです。
表示タイムラグ0.005秒。なかなかスムーズです。

マニュアル撮影のアシスト機能も、3種類選べてかなり使いやすいです。

  1. スタンダード:普通に電子ビューファインダーや液晶で目視で合わせる
  2. フォーカスピーキング:フォーカスが合ってるところに色が着く(SONYと同じ)
  3. デジタルスプリットイメージ:絵がガチャコンって合わさったら合焦

デジタルスプリットイメージは初めて使ったんだけど、これ使いやすい。

そして富士フイルムならではのメカ感。
ガチャガチャとダイヤルを回してあれこれ調整します。
やっぱりダイヤルがあると使いやすいし、楽しい。

ただ中古で激安なので、所々壊れてまして。
裏面親指のグリップラバーが剥がれて欠損。中身がむき出し。
あってもなくてもそんなに使い勝手変わらなそうなのでいいかな。

ちなみにどこも壊れてない中古品だと、たぶん3万円くらいなので、
このラバーが剥がれてるだけで1万円引き。

あと、ファインダーのゴムのアイピースにやたらめったらほこりが着くのだけが難点!
劣化したゴムのネチョネチョ感がほんの少々。元からこんなもんなのかなぁ?

そしてマニュアルレンズの「NEEWER 35mm F1.2」。
最近の激安中華レンズはほんと面白い!
現行モデルなのにオールドレンズ感。
前に使ってた七工匠の単焦点レンズと近い感じ。

関連記事:中国製 7Artisans(七工匠)50mm F1.1単焦点レンズを買いました!

F1.2という攻め攻め感!
さすがに開放だとボヤボヤです。それが楽しいんだけど。
ちょっと絞るとちゃんとキリッと写ります。

さっそく、持ち出して試し撮り。
初日はカメラの使い方すら怪しいのですが、そんな時ほど面白い。

さっそく試し撮りしてみました!

届いてすぐ千代田の街に繰り出してみました。
全然ピント合ってません。
これから初めて設定をいじります。

幼稚園から帰ってくる奥様と我が子と待ち合わせ。
『あれ?またカメラ買ったの?』の顔。

前ボケも良い具合。

夜の大須へ。

夜も良い感じですね。

そろそろ寒くなってきたこの季節、
猫も自分の尻尾をマフラーにするんですね。

ちょっと遊びに。

朝ですよー。

目だけにピントを。F1.2難しいぜ。

光の入り方でめちゃくちゃ変わるね、このレンズ。楽しい。

撮り合い。

おしゃべりに夢中な人たち。
ちょっと絞ると良い感じというかちゃんと写りますね。

パン屋さんでアン●ン●ンパンをゲット。

公園へ。
緑と青が良いですね。

光を盛大に取り込むと楽しい感じに。オールドレンズ風。

桑名の夜。

ちなみに同じ被写体を絞り数値の違いで。
F1.2からF4くらいまで段々に。
絞りはクリック式じゃないヌメ〜っとしやつなのでザックリですが。
まずはF1.2。全体的にモヤがかかる感じ。

F2.0くらい。この辺から普通に写る感じ。

F2.8くらい。

F4.0くらい。
って絞っていくとキリッとしていきます。
というか、分かりにくい被写体の写真だったわ、失敗。

ちなみに、名古屋写真部で桑名散歩した記事の写真は、
全部このカメラとレンズの組み合わせです。

関連記事:PIC名古屋写真部で桑名をカメラ散歩してきました!

まとめ

ってことで、FUJIFILM X-T10とNEEWER 35mm F1.2。
これは写真撮るのが楽しくなる組み合わせですね。
のんびり散歩するのにはマニュアルレンズはやっぱり楽しいなぁ〜。

と言いつつ、やっぱりオートフォーカスも便利なので、
電子接点付きのマウントアダプターも追加購入しまして、キャノンEF→フジXのやつ
これも素晴らしいので、また今度詳しく書こうかなと思います。

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
Update:2019-12-13) by
関連記事