最終更新:2021年7月11日

激安1099円の中国製コーヒースケール(ドリップスケール)を買ってみました!

ワードプレステンプレート「Minimal WP」
簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

これまで家でコーヒーを楽しむのにずーっと愛用してた(実に丸5年!)、
ハリオのドリップスケールが先日ついに壊れまして。
ほんとこれのおかげで美味しいコーヒーが淹れられるわけで、もう絶対必需品。

「買い替えか〜、他のも試してみたいな〜」っとあれこれ検討してて、
アプリと連動するacaiaのコーヒースケールにしちゃおうかなーと思いつつも一転、
アマゾンで激安1099円で売ってた中国製ドリップスケールを買ってみました。

そしたらこれが、ハリオのあれがこれだったらなーという点が改善されてたり、
逆にこれがハリオみたいにあれだったらなーってのもあったりですが、
お値段1099円とは思えない仕上がりでびっくり。

と言うわけで、以下そんな全貌を写真でお届けします。

激安1099円の中国製コーヒースケール(ドリップスケール)を買ってみました!

こちらがメーカー名・詳細諸々が不明な中国製コーヒースケール。
仕様はほとんどハリオのドリップスケールと同じで、
コーヒーを淹れる時に湯量と時間を同時に測れるドリップスケール。

カメラのレンズと言い、ルンバもどきと言い、デジタルガジェットと言い、
アマゾンで買える激安中国製品が、ここ数年は面白くて、つい買ってしまいます。
あれがこうだったら良いのになーという要望が後出し的にきっちり盛り込まれつつも、
むちゃくちゃ安くて、ハズレだと初期不良またはすぐ壊れる、みたいな。
もうちょっとしたゲーム感覚です。

コーヒーサーバーが丸いので、スケールも丸いと言うのは思いの外いい感じです。
台がステンレスなのもいい感じ。

スイッチはいかにも押しました!って感じのボコボコするタイプ。
あんまりイマドキっぽくないけど(ワタクシは凸凹してないタッチタイプが好き)、
これは好みの問題ですね。

画面はこんな感じ。
0.1g単位で最小2gから(最大3kgまで)測れるのでなかなか高性能。
ちなみにハリオのドリップスケールは最小2gからで最大が2kg。
たまにコーヒー以外の用途の時に2kg超えてエラーになってたので3kgは助かる!

実際に計測してみると、反応もかなり良い感じで、ドリップしやすいです。
しかも最小2gからってなってるけど、実際は0.5gから反応するのでかなり便利!
もちろん風袋引き(容器分を差し引いて0gにセットする)機能や、
オートスイッチオフ機能(5分)もついてます。

ただ!だんだんお湯を注いでいって最後、注ぎ終わった後にちょいちょいブレます。
写真の通り、220mlきっちり注いで、コーヒーが落ちるのをしばらく待ってると、、、

219.8g、219.6g、219.4g、、、
みたいな感じでほんのちょっとずつ減っていって、最後は219.0gで終了。
なぜだかたまに1〜2gくらい減少する時があります。

ちなみに電子レンジと同時に使えません。
悪い電磁波を受けまくってるのか、メモリがグイングインと上下します。

【追記】2ヶ月弱使ってみて分かったのですが、電池の減りはかなり早いです。

まとめ

と言う感じで、それほどの不満もなく、かと言って最高!って感じでもないけど、
とにかくコーヒー専用のドリップスケールを使ってみたい!
またはどうしても安く買いたい!と言う人には、
候補の一つとしては良いんじゃないかなーと思います。

ERAVSOWデジタル コーヒー スケール

ちなみに自分が買ったやつは速攻売り切れになってて、
アマゾンのサイト見ると、このやつ↑がどうも見た目も機能も同じなんだけど、
箱のデザインが違うから違う気もするけど、お値段は2099円。
1099円だから試しに買ったけど、2099円だとちょっとどうかな、、、。

ハリオのドリップスケールは3782円(アマゾン本日価格)。
特に変な機材を試してみたいとかいうチャレンジャーじゃなければ、
やっぱりハリオの定番ドリップスケールは超オススメですね。一家に一台!

【追記】結局、この後ハリオのドリップスケールも買いました。やっぱり安定!

【追記】さらに、別のやつも買ってみました→HEROのコーヒー用スマート電子スケールを買いました!

ちなみに今日からAmazonタイムセール祭り(54時間限定)をやってるので、
コーヒーグッズが安く買えるチャンスがあるかもしれませんよ。
何は無くともポイントアップキャンペーンのエントリーはお忘れなく。

関連記事
新着記事
同じテーマの記事を検索