SONY α7Rⅱ+シグマMC-11+CANON EF50mm F.18 STMはAF早い・軽い・寄れる・写る・安いの5拍子揃ってナイス!

最近、SONY α7RⅱにシグマのマウントコンバーターMC-11を付けて、
レンズをキヤノンの標準レンズEF50mm F1.8 STMという、
めんどくさい組み合わせにしてみたんだけど、これがスーパー良い!

軽くて、AFが早くて、写りが良くて、お値段的にも買いやすい組み合わせ。
ソニーα7シリーズ使ってて、50mm単焦点レンズデビューしたいなーって人に、
純正以外でこれ案外良い候補なんじゃないかなー?

以下、そんな模様を写真でお届けします。

SONY α7Rⅱ+シグマMC-11+CANON EF50mm F.18 STM

という、ソニー+シグマ+キヤノンという組み合わせ。
レンズとアダプター合わせて4万円ちょいくらい。

ソニーから出てるEマウントの50mm単焦点のラインナップだと、
どうもこれ!ってのが選べないなーって人に一つの候補にも良いかも。
AFの早さ、お値段、重さ、大きさ、写り、開放値F1.8、などなど。
ちょうど程よい。

FE 50mm F1.8は使いやすくて3万円以内で買えるけど、AFが遅すぎるのが難点。
このややこしい組み合わせだと、FE 55mm F1.8 ZAと良い勝負と言うか、
寄れるし軽いし、AFはさらに早いくらいな気もしたり。

写りはソニー的なのとキャノン的なので若干好みが分かれるけど、
キャノンの50mm単焦点の中では一番今っぽくパキッとする気がするし、
それでいてお値段はFE 55mm F1.8 ZAの半分。

と言っても、FE 55mm F1.8 ZAもいいんですよね〜。
これのレビュー書いてなかったので、そのうち。

純正なら機能制限がないのがポイント高いですよね。
MC-11経由だとこのモードは使えないとか、個体差で使えたり使えなかったりとか、
何かと不便もあります。

やっぱりマウントアダプター付けてる分ちょっと長さはありますね。
それでもFE 55mm F1.8 ZAよりほんのちょっと数ミリ短い。
重さは数グラムの差でほとんど同じ。

そんなわけで、FE 50mm F1.8のAFが遅いのが気になるなー、
でもFE 55mm F1.8 ZAはちょっとお値段が高いしなー、
間くらいの無いの?って時に、この組み合わせが一つの候補になりそうな予感。

ゆくゆくはシグマのARTシリーズとかにも行きやすい、というのもポイント。
沼の入り口とも言うけど。

SONY α7Rⅱ+シグマMC-11+CANON EF50mm F.18 STMで撮ってみた作例

ナゴヤドームまで行ってドラゴンズTシャツをゲット。
そして東別院の朝市へ。

升半の抹茶ソフト、うまい!

寝て歯磨きする人。
そしてさすがのEF50mm F1.8 STM、かなり寄れる。
もうちょっと分かりやすく撮り比べると、、、

FE 55mm F1.8 ZAだとこのくらい。

EF50mm F1.8 STMだとこのくらいまで!
全然寄れる!これがかなりのナイスポイント。
テーブルフォトとか撮りやすいです。

撮れますねぇ〜。

外で遊び回る子供を撮るのもAFが早いのでラクチン。

家の中でも使いやすい。

いつもの感じも。

過去記事の「名古屋・呼続の古民家カフェ「隠れ家ギャラリーえん」に行ってきました!」とか「名古屋・大須の中華料理屋さん「香蘭園」の冷やし中華を食べに行ってきました!」とかは、このカメラとレンズの組み合わせの写真です。

まとめ

と言う感じで、この組み合わせ、若干トリッキーな気もするけど、
ソニーのα7シリーズを使ってて、50mm単焦点デビューしたいなーって人に、
かなりおすすめですね〜。

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
by