赤ちゃんの写真を可愛く撮るなら単焦点レンズが簡単!おすすめカメラ+レンズ機種の組み合わせを紹介します

IMG_1430

こないだ、ミキハウスへ行った時に店員さんと話してたら、
カメラを買おうかどうかという話題になりまして。
店員さん:「子供の写真を写真館で撮ってて1回3万円位してなかなか大変!カメラ買おうかなー」
我々:「ひゃー。カメラ買ったら自分でいっぱい撮れるよ!」
みたいな。

そんなわけで、赤ちゃんや小さい子供を撮るなら、
こんなカメラとレンズを買ったらいいんじゃないか?という、
一眼デジカメ初心者向けの余計なお世話シリーズをお届けします。

スポンサーリンク

カメラは正直何でも良い!

IMG_0111

初めてちゃんとしたカメラというか、一眼レフデジタルカメラを買おうかなーという時に、
「どんなカメラを買ったら良いかしら?」という疑問が出ると思うんだけど、
正直カメラ本体は何でもいいと思います。壊れてなければ、中古でも。

で、大きく分けると予算に応じて2パターンしか選択肢がありません。

  1. 高い:フルサイズ(上級機)
  2. 安い:APS-Cサイズ(入門機)

最初の別れ道はこの2つだけ。
フルサイズとかAPS-Cとかっていうのはセンサーのサイズの話なんだけど、
ややこしいので今回は無視。
値段が高いか安いか、つまり予算で決めちゃえばOK。
フルサイズの方がいいけど、予算が足りないなら無理する必要はそんなに無し。

と言う訳で、以下、具体的に機種をピックアップしてみます。
キャノンしか使ったこと無いので毎度キャノン推しです。
ミラーレスとかコンデジはこの際ちょっとおいておきます。

入門機ならCanon EOS Kiss X7

予算少なめパターンの場合だったら、
Canon EOS Kiss X7なんかいいんじゃないでしょうか。
36,800円(本日のアマゾン価格)。
これをボディだけ買います。
レンズキットの方がお得感ありますが、レンズは別で買います。ここがポイント!

ただkiss X7の場合「18-55mmレンズ付き」がプラス794円で買えるので、
ミニマリストの人はボディだけ買うと思うけど、
普通に色々試してみたい初心者の人はレンズキットも良いかもしれません。

上級機ならCanon EOS 6D

予算に余裕があるなら、CANON 6Dなんかいいんじゃないでしょうか。
もちろんこれもボディだけ買います。
Wi-Fiも最初から付いてるのでSNSにもそのまま投稿しやすいです。
146,000円(本日のアマゾン価格)。
ワタクシも最近5D Mark2から6Dに買い替えて愛用してます。

関連記事:散歩用カメラにはCANON EOS 6D+単焦点レンズEF50mm F1.4が最強だった!

大事なのは本体よりもレンズ!まずは単焦点がおすすめ!

Canon EF50mm F1.4 USM

で、本体は2択なのでどっちかを選択するとします。
それに合わせて単焦点レンズを別で買います。

単焦点レンズとは?

これから一眼を初めて買う人には「単焦点レンズってなんじゃらほい?」だと思いますが、
レンズも大きく分けると2パターンしかありません。

  • ズームレンズ
  • 単焦点レンズ

この2つ。
ズームレンズはその名の通り、ズーム出来ます。
なので近い所も遠い所も寄った感じも引いた感じも一つのレンズで撮れるので超便利。

ところが単焦点レンズはその名の通り、単一の焦点距離しか撮れません。
iPhoneのカメラと同じです。
近い所を撮ろうと思ったら自分が動いて寄らなければいけないし、
全体を入れようと思ったら自分が後ろに下がって調整しないといけないですよね。
(または、モデルさんにもうちょっと後ろー、あと1m後ろ!あ、行き過ぎ!半歩戻って!的な)
あのやりとりが単焦点です。

で、赤ちゃんや子供(に限らず人物)を可愛く撮るには単焦点がおススメです。
なぜなら背景がいい感じのボケ具合になって、人物がバコーン!と浮かび上がるから。
例えばこの記事の一番上の写真は赤ちゃんの顔だけにピントが合って、
他はだいたいボケボケっていう写真なんですが、こういうのが撮れます。
(オニマガブログの写真はほぼこのパターン)
ズームレンズでも撮れるんだけど、ボケ感が一味違います。

具体的に、上の2つのカメラに合わせるレンズをピックアップしてみます。
いわゆる標準レンズというのを買えばOK。
人が目で見てる景色とだいたい同じような画角で撮れるレンズです。

入門機(APS-Cサイズ)に合わせるなら30mmか35mm単焦点

入門機に合わせるなら、35mmの単焦点レンズを買えばOKです。
このレンズは新機種が出てお値段も上がってるのですが、
とりあえず入門編なので安い前の機種を中古で買えばいいんじゃないかなと。
28,000円(本日のアマゾン価格)。

ちなみに、一般的に50mmというのが標準レンズと言われてますが、
それはフルサイズの話で、APS-Cサイズのカメラに付ける場合、
1.5〜1.6倍くらいで計算します。
35mm × 1.5〜1.6 = 52.5〜56mm。だいたい50mm標準レンズと同じです。

予算に余裕のある人は、シグマのアートラインの30mmもいいかも。
いや、圧倒的にいいと思います。
39,800円(本日のアマゾン価格)。
30mm × 1.5〜1.6 = 45〜48mm。だいたい50mm標準レンズと同じです。

上級機(フルサイズ)なら50mm単焦点で決まり!

で、上級機(フルサイズ)の場合は、もう50mm単焦点で決まりです。
キャノンから出てるこの超コスパがいい「EF50mm F1.8 STM」を。
13,665円(本日のアマゾン価格)。
めちゃんこ写りも良いし、最近ワタクシも愛用しています。

関連記事:Canonの単焦点レンズEF50mm F1.8 STMを買った、の巻

で、さらに予算に余裕のある人はこっちの「EF50mm F1.4」がおすすめ。
さらにいい感じでボケます。
44,172円(本日のアマゾン価格)。
値段は3倍くらいになるけど、その価値は十分にあります。

さらに予算に余裕のある人はシグマのアートライン50mm F1.4。
超絶に良いです。このブログの写真はこのレンズで撮ったのが多いです。
90,850円(本日のアマゾン価格)。
ちょいと重いので持ち運ぶのが嫌になるけど。

関連記事:SIGMAの単焦点レンズ Art 50mm F1.4 DG HSMを買った、の巻

ってな感じで、レンズはお金を出せば出すほどいい感じになって行きます。
なのでハマると大変。
次から次へと買い替えたくなって、底なし沼です。

撮り方は「Avモード」でF値を一番低くして明るい所で撮る!

IMG_9024

カメラとレンズが買えたら、あとは写真を撮るだけ。
撮って撮って撮りまくりです。
たくさん撮ると上達するし、撮りたい感じが自分で分かってくると思います。

オニマガ的写真の撮り方は、もうめちゃんこ単純。

  • Avモード(絞り優先モード)
  • 絞りはF1.4〜1.8くらい(F値を出来るだけ小さい数字にする)
  • 露出補正は+1〜+1.5くらい
  • 自然光で明るい時に撮る

こんな感じで明るくて背景がボケるように撮ってます。
あんまり難しいことは分からないので、いつもこんな設定。
ワタクシの場合はブログで使う用に撮ってるので、それにちょうどいい感じで撮ってます。

予算感のまとめ

というわけで、入門機なら64,800円〜76,600円。
上級機なら159,665円〜236,850円。
どうでしょう?入門機なら写真館2〜3回分くらいでなんとか。

ここぞ!という時は写真館でかっこいい写真を撮ってもらうのもいいし、
日常もさりげなく良い写真が撮れたらさらに楽しいですよねー。

IMG_1632

逆に写真館風に撮ってみたー。
けど、やっぱり全然違うね。こういうのは写真館で撮ってもらった方が良いね。

ちなみに以前にフルサイズ一眼デジタルを中古で安く揃える組み合わせという感じの、
初心者向けの記事も書いてますので、良かったらこちらもどうぞ。


2015-09-08 | Posted in 育児・子育て
オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート
ワードプレステーマ「Minimal WP」
月間30万PV超のノウハウを詰め込んだ、ミニマルデザインのWordPressテンプレートを販売中。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!ブログ始めるなら今がチャンス!
こちらの記事もどうぞ
オニマガをフォローしよう!
follow us in feedly

育児・子育て 新着記事

オニマガの新着記事