最終更新:2022年12月4日

地震の火災対策に感震ブレーカー「おもり君」を取り付けてみました!(ブレーカー自動遮断装置)

ワードプレステンプレート「Minimal WP」
簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

地震が起きた時に自動でブレーカーを遮断する、
感震ブレーカー「おもり君」を家のブレーカーに取り付けてみました!
火災を予防するブレーカー自動遮断装置。

どういうわけか、これが消防署から突然送られてきたので
(消防設備点検の時にアンケートにでも答えたんだったかなぁ?)、
試しに取り付けてみました。

以下、そんな「おもり君」の全貌をお届けします。

地震の火災対策に感震ブレーカー「おもり君」を取り付けてみました!

こちらが感震ブレーカー「おもり君」。

あ、これ無料でもらったんだけど、買うとけっこうお値段するのね。

震度5以上の地震を感知すると、
揺れでおもりが落っこちて、ブレーカーに繋がった紐が引っ張られて、
勝手にOFFにしてくれる、というマシン。
なのでおもり君。そのままやないか!っていうネーミング。

中身はこんなのが。

ブレーカーの種類によって取り付け方がちょいと違う。

我が家のブレーカーは上に上がってOFFになるタイプ。

というわけで、まずはおもりが乗っかる部分を貼り付け。
ここが懐中電灯になってて、ブレーカーが落ちて電気が消えると、
勝手に電気が着く、というニクい仕掛け。

ブレーカーが高いところにあるので、設置はちょい大変。

スイッチに紐を通す。

上から紐が降りてくるようにするためのやつ。

で、おもりをつけたら完成。

なんか紐が長くてごちゃごちゃな気がするんだけど、こんなもんかな。

大地震の時の火災は6割が電気が原因で起こるということらしく、
ひとまずこれで対策は完了。
地震が来ないことを祈ります。

関連記事
新着記事
同じテーマの記事を検索