WordPressブログがデータベース接続確立エラーになったので、MySQLを新規作成してデータ移設&wp-config.phpを再設定で復活!おまけに高速化!の手順(ロリポップ・エンタープライズ編)

長ーいタイトルそのままなのですが、
先日、このブログで利用してるレンタルサーバー「ロリポップ!」の、
エンタープライズプランのサーバー移設メンテナンスが行なわれました。

SSD搭載の高速サーバーに夜間の間に自動で移設されるという事で、
ワードプレスの表示高速化もされて大変ありがたいかぎりなのですが、
移設メンテナンス完了後に「データベース接続確立エラー」のトラブル発生!

おっかしいなぁ、ユーザー側では何もしなくていいはずなんだけど、
サイトは見れないし、WordPressにもログインできない!、、、ってことで、
データベースサーバーをMySQL5.1から最新の5.6に移して、
wp-config.phpを新たに設定し直す、というやり方で解決しました。

その手順を以下にダダーッと。

簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

まず最初にエラーになったサイトのサーバー環境

もう5年位前に始めたブログなので、MySQLバージョンが古い5.1のままでした。
で、PHPは去年のブログリニューアルの時に、
5.6⇒7.1にバージョンアップしていました。

今回のサーバー移設メンテナンスでは、WordPressのデータベース名、
MySQLのユーザー名・パスワード・ホスト名は変更されてないので、
よくあるwp-config記述ミスのエラーではない!こちらでは原因不明!お手上げ!

で、土日だし24時間待っても改善されなかったので、
同じサーバー内でデータベースのお引越しをしました。
ついでにMySQL5.1⇒5.6にバージョンアップ!

ちなみに、月曜日にサポートからメールが来て、
「データベースサーバーの一部について、移設先のwebサーバーからの
アクセスが制限されている状況でございました。
※現在は対応を行い、接続可能となっております。」
ってなことで、サーバー側の問題だったみたい。なんにしても解決したのでよし!

旧データベースから新規データベースにWordPressのデータを移す手順(ロリポップのMySQL5.1⇒5.6にバージョンアップする方法)

  1. 現在のデータベースからデータをエクスポート
  2. 新規データベースを作成
  3. 新規データベースにデータをインポート
  4. wp-config.phpのデータベース情報を書き直し

ざっくりの手順はこれだけ。わりと簡単です。
ではさっそくやってみます。

手順1:現在のデータベースからデータをエクスポート

まずはロリポップ!レンタルサーバーの管理画面へログイン。
そしてデータベースの一覧画面へ。
データを移したいデータベースを選択(「操作する」ボタンをクリック)。

パスワード確認ボタンを押すとパスワードが表示されるのでコピー。
「phpMyAdminを開く」ボタンをクリック。

phpMyAdminのログイン画面が開くので、
先ほどのパスワードとユーザー名でログイン。

こんな感じでWordPressで使ってるデータベースに入れました。

そしてデータをエクスポートします。
上に並んでるメニューから「エクスポート」をクリックして、
エクスポート方法「詳細-可能なオプションをすべて表示」を選択。

生成オプションの追加コマンドから、
DROP TABLE/VIEW/PROCEDURE/FUNCTION/EVENTコマンドを追加する
にチェックを入れます。
それ以外は触らなくてOK。

そして一番下の「実行」ボタンをクリックで、エクスポートが始まります。
自分のパソコンにデータベースのバックアップデータが保存されます。

手順2:新規データベースを作成

またロリポップのデータベース管理画面に戻って、
データベースを新規作成します。
ここで「MySQL5.6」を選択します(というか新規だと5.6しか選択できない)。

スタンダードプランはMySQLが30個、エンタープライズプランは100個作れるので、
前のデータベースは残したまま(万が一何かあっても簡単に元に戻せるように)、
新規に作成すればOK。

今度は空っぽのデータベースが出来上がりました。
ここに先ほどエクスポートしたデータをインポートします。

手順3:新規データベースにデータをインポート

上のメニューの「インポート」からzip形式のデータをアップロードします。

エクスポート時には「xxxxxx.sql」というファイルが保存されてるので、
「xxxxxx.sql.zip」というzip形式に圧縮しておきます。

軽いデータなら1分も経たずにぴゅっとアップロード完了。
この作業で古いデータベースから新しいデータベースに、
WordPressのデータを全部移転できました。

手順4:wp-config.phpのデータベース情報を書き直し

WordPressをインストールする時に最初に作られる、
データベース情報なんかが書かれているwp-config.phpを最後に修正します。

ロリポップFTPでサーバーの中にログインして、
wp-config.phpファイルを開きます。
右上の「現在の属性」が「呼び出し」だけにしか最初はチェックが入ってないので、
「書込」にもチェックを入れて、一旦保存すると修正できるようになります。

  • WordPressのデータベース名
  • MySQLのユーザー名
  • MySQLのパスワード
  • ホスト名

この4カ所を、新しいデータベースのものに書き換えます。

作業が終ったら、「現在の属性」の「書込」のチェックを外して、
必ず「呼び出し」だけに戻してから終了。
サイト表示を確認して、新しいデータベースから記事が読み込まれてれば成功!

MySQLを5.1⇒5.6にバージョンアップしたら表示速度も高速化した?

ちなみに、新しいSSD搭載のサーバーになったし、
MySQLも5.1⇒5.6にバージョンアップしたし、
ついでにPHP7.1(CGI版)⇒PHP7.1モジュール版にアップデートできたし、
これもしかして表示速度が速くなったんじゃない?ということでチェック。

ちょうど先月、このブログの表示高速化をやったばかりなので、
その時のデータと比較してみます。
上の画像が先月の高速化後のGTmetrixの結果。
自分ではこれが精一杯だったので、ここからさらに早くなったらラッキー。

で、今回のバージョンアップ後。
おっ、数値が改善されてる!さらにちょっぴり高速化に成功しました。
同じサーバーに入ってた全サイトで、読み込みが0.2〜0.4秒早くなった。

ついでにGoogleのPageSpeed Insightsでもチェック。
「Fast」で「Good」。バッチリ!

まとめ

というわけで、サーバートラブルでこりゃまいった!というピンチから復活して、
あれこれ環境が最新版に改善されて、さらに高速化もできた!ということで、
棚からぼたもち的な感じですかね。

というわけで、ロリポップ!レンタルサーバーかなり使い勝手が良くなりました。

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます。集客やファン獲得に効果的です!
同じカテゴリの記事