働かない生き方のリアルドキュメント「20代で隠居 週休5日の快適生活」が面白い!

IMG_7691

こないだ読んだ、大原扁理さんの「20代で隠居 週休5日の快適生活」という本。
これがものすごく面白かったー。
最近はまた「働かない」だとか「持たない」だとか「ミニマル」だとか、
わりとそういうテーマの本ばっかり読んでます。

スポンサーリンク

働かない生き方

このブログに検索から来る人のキーワードのひとつに、
「働かない生き方」というのが常に上位にあるのですが、
この本はまさに働かない生き方を実践しているリアルドキュメント。
なんせ20代の若者が週休5日ですからね!

この本では日常生活からお金の話までかなり具体的に赤裸々に綴られていて、
こんな生き方ものあるのねーっていう衝撃が受けられます。
まあでもやりたいかどうかは別の話ですよ。人それぞれの生き方なので。

隠居と言っても山奥にこもるわけでもないし、
普通に東京で暮らして週2日は介護の仕事をやって、
たまに贅沢もしたり、野草も食べたり。
でも月の生活費は7万円程度と言う、なんというか徹底しててスゴいです。

働かない生き方をするには?

ワタクシの場合もあんまり働きたくないので、
がんばりすぎずにほどほどにいろいろやっているんですけど、
働かない生き方をするには、2つのポイントがあると思うわけです。

  • 生活コストを下げる
  • 最低限の定期収入を得る

お金の出るところと入るところの2カ所ですね。

自分が生きていける最低生活費を計算して、それをできるだけ下げて、
それを上回るだけの最低限の定期収入を稼ぐ仕事があれば、
まあ大丈夫なんじゃないかなーというのが、この手の法則の基本だと思います。
というか、全ての人にとって当たり前の話か!

この辺の話は深くて面白くて、書いてたら長くなっちゃったので、
別の記事に分けてまた今度公開します。

【追記】
さっそく書いたよ。

働かない=仕事しない、じゃないよね

結局のところ、この手の「働かない」シリーズというのは、
働く=仕事(ワーク)では無い、というだけのことで、
人それぞれのなんらかのポリシーを持った活動(仕事や生き方)はするわけですねー。

それが人によって千差万別、いろんな考え方と実践アイデアがあって、
それぞれの生き方があって面白いなーと、とても勉強になりました。
何かに行き詰まりを感じてる人にはオススメの本です。

【こちらの記事も合わせてどうぞ】
普通の日常生活こそが最高に面白い!持たない幸福論

2015-07-01 | Posted in Zine / 本
オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート発売!
ワードプレステーマ「Minimal WP」
月間30万PV超のノウハウを詰め込んだ、ミニマルデザインのWordPressテンプレートを販売中。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!ブログ始めるなら今がチャンス!
関連記事
オニマガをフォローしよう!
follow us in feedly

Zine / 本 新着記事

オニマガの新着記事

過去記事検索