最終更新:2022年8月2日

名古屋 地名の由来を歩く

ワードプレステンプレート「Minimal WP」
簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

ワタクシ、写真部を主催しておりますので、
カメラを持ってあちこち歩くのが好きなわけです。
最近は名古屋チェキ部と言うのもやっております。
チェキを持って名古屋のあちこちを歩く、という活動です。

そんな感じなので、最近『名古屋 地名の由来を歩く』という本を購入しました。

名古屋 地名の由来を歩く

この本、実際に現地を歩いて地名の由来を紐解いていこうという内容。
戦国武将とかもっと昔のなんとかの神とか出てくるのですが、
よくよく考えてみると、歴史って全然知らないわ。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が生まれたのもこの地域な訳で、
それどころか加藤清正、前田利家、柴田勝家、山内一豊、福島正則とかも尾張出身。
戦国時代の中心は尾張だったわけですよ。

それに熱田神宮に真清田神社にちょっと離れて伊勢神宮にって、
なんだか重要なやつがいっぱいあるじゃないか。
今更に気づきました。

なんだか名古屋地区、意外と面白い気がしてきました。
自分の住んでる街って案外知らないよね。

関連記事
新着記事
同じテーマの記事を検索