Google検索結果の順位変動は気にしてもしょうがない、、、かな?

ブログ運営に少し慣れてくると、アクセス解析をしたりして、
アクセスが増えた減った、狙ってたキーワードの順位が上がった下がった、
アルゴリズムが変わった、とかなんとかGoogleの動向が気になりますよね。

ブログ始めてまだ1〜2年の人にとっては、
Googleの変動で順位が下がってアクセス激減!みたいなのは、
大ショックだと思うんだけど(そして更新が止まるという歴史の繰り返し)、
10年単位で見ると、まあそんなもんだよねぇ〜その繰り返しだし、
いつか戻ってくるかもしれないし、戻ってこないかもしれないし、
そもそもそこに気を取られすぎるとやっぱダメだよねぇ〜っと。

上がったり下がったりするのが普通

で、ここで突然ですが、直近1年くらいの、
とあるキーワード(内緒)の順位変動を再確認してみました。

<キーワード A>

<キーワード B>

<キーワード C>

これどれもわりとアクセスがそこそこ来る大きめの複合キーワードなんですが、
1年単位で見ると、けっこう上下に動いてますね〜。

2020年の5月にそろって大きくズドーンと下落してますが、
これがいわゆるGoogleの大変動が起こった時期。
特に個人ブログが大打撃を食らって、
逆に企業サイトや公式サイトがぐんっと上がったわけですね。
お店や小さな事業をやってる会社は公式サイト作った方がいいよ
ってよく言ってたのは、まさにこれが理由)

そこから半年近くはずっと停滞してて、
このキーワードではまったくアクセスも来ない状態なのですが、
そこから何の対策もしてないのに、最近になって順位が上昇し始めました。

で、直近だと、ついには検索結果1ページ以内に。
この間、なんにもしてないのにね(コツコツ更新してただけ)。
そしてここから先はまたどうなるかは誰にもわからないっと。

さらに遡ると(データ残ってないけど)、これを左右反転させたみたいな感じで、
最初は検索結果1ページ目にいたキーワードなのでした。
つまり2年くらいかけて下へ行ってまた上に帰って来た、っていう感じ。

やっぱり結局、気にしてもしょうがない

ってな感じなので、Googleの順位変動って気にしてもしょうがないよね、と。

もちろんこれが売上に直結する(または売上を上げてる唯一の)キーワードだったら、
一発退場というか、収入激減で生活が成り立たなくなるわけですけど、
元々けっこう動くもんだと思ってたら、その対策の仕方って、
キーワードに対するSEO対策じゃなくて、アクセス流入元の分散だったり、
もっと根本の事業・収入の分散だったり、っていう対策が必要なわけで。

なので、特に個人ブログに限って言えば、
アクセスの上下に一喜一憂するよりも、
まず自分が楽しむこと、そして身近な人に喜んでもらうことが大事かなと。

まとめ

そんな感じで個人ブログが本来のところに戻って来た感もあるというか、
結局は個人ブログなんてウェブ日記なんですよね。

その辺に気づいて自由に更新し始めたブログもここ1年でよく見かけるようになって
(そのかわりにブログで副業・独立!みたいのが激減?)、
読む方としても、書く方としても、ますますブログが楽しくなって来た昨今。

ワタクシのやってるMinimal WPテンプレートを買ってくれる人も、
ほんっとに普通の日記を始める用に使ってくれる人も最近は多くて、
時代は変化しながらも繰り返すのだなぁ〜っと思った次第。

なんていう感じで、ただ思いついたことをダラダラ書いた本日。おわり。

なんだか前にもおんなじようなこと書いてるなぁ→ブログ運営の成果を計る指標は「PV(ページビュー)以外」にすると幸せになれる

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
こちらもよく読まれてます
関連記事
Lightroomプリセット発売中
プリセット
【簡単写真加工】オニマガ特製の写真フィルターが完成!Lightroomアプリでどんな写真も簡単におしゃれに変身できます!
Update:2021-07-26) by