CANON EF50mm F1.8 STM用の花形レンズフードを買いました!

CANONの単焦点レンズEF50mm F1.8 STM」用に、
花形レンズフードを買ってみました。
このレンズはフードが付属してないので、格安の互換品を買ってみました。

そもそもレンズフードっているの?って話なんですが、
個人的には普段はほとんど使わないんだけど、
「フードつけるだけで画質はよくなるぞ!」という話でありまして。

というわけで、以下、写真でその全貌をお届けします。

CANON EF50mm F1.8 STM用の花形レンズフードを買いました!

こちらが今回購入した、CANON EF50mm F1.8 STM用の花形レンズフード。
お値段668円の激安互換品。

そこそこのお値段のレンズを買うと、
大体レンズフードは最初から付属してるもんなのですが、
この50mmレンズはいわゆる撒き餌レンズと呼ばれる、入門用格安レンズ。
なので、フードも別売り、というわけなんですね〜。

で、キャノン純正のフードは丸型しか売ってなくて、
花形がいいなーってことで、互換品を購入しました。

ボタンみたいなのを押してバネでロックするタイプ。
慣れるまでちょっとやりにくいけど、慣れれば簡単。
しかも回しても外れたりしないので安心。

668円の互換品だけど、装着具合はぴったりです。

CANON 6D mark2に装着してみるとこんな感じ。

CANON EOS kiss X7に装着してみるとこんな感じ。
カメラがコンパクトだとなんだか大げさな感じになっちゃうかも。

レンズフードをつけるメリットとデメリット

ところで、レンズフードってなんでいるの?って話で。
めんどくさいかわりに利点も多かったり。

  1. 余計な光が入り込まないのでフレアやゴーストが出にくくなる
  2. レンズを保護してくれるのでぶつけても安心
  3. なんとなくかっこいい(と思う人も一定数いる)

こんなとこかな。

余計な光が入り込まないのでフレアやゴーストが出にくくなる

とにかく強すぎる光をほどよく防いでくれるので、
真っ白になったりしなくて綺麗に撮れる、というのが最大のポイント。
もちろんわざと光をどかんと入れてホワホワにしたりすることもあるけど、
意図しないやつを防いでくれるって感じでしょうか。

ちょっと適当に公園で撮ってみました。
フードありorなし。どっちがどっちでしょうか?

上がフードあり。下がフード無し。
あんまり変わらないっか?
というかこの写真じゃ分かりにくいか!

レンズを保護してくれるのでぶつけても安心

街歩きとかでカメラを肩からかけて歩いたりしてると、
出っ張ったレンズをどっかにぶつけちゃう、ってのはありがち。
そんなのでレンズ壊れたらガックリくるので(今まで壊れたことないけどね)、
フードがついてると、それも防御してくれます。

なんとなくかっこいい(と思う人も一定数いる)

かっこいいと思うかどうかは人それぞれだけど、
個人的にはレンズの長さが伸びるのがちょっとなぁーってのが、
これまであんまり使わなかった理由。
でもこのレンズは元々超コンパクトなので、フードつけてもOK!ってことで。

まとめ

ってな感じのレンズフード。
なんたって668円ですからね。
EF50mm F1.8 STM単焦点レンズ入門したら、合わせて購入しておきたいですね。

その他、おすすめの50mm単焦点レンズはこちらの記事をどうぞ→【保存版】50mm単焦点レンズのおすすめ全17本比較レビュー

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
オニマガ特製の写真フィルターで
ブログやSNSの写真をおしゃれに
Lightroomプリセット
どんな写真でもボタン一発で簡単におしゃれな写真に加工できる、写真編集アプリ「Adobe Lightroom(PC用&無料モバイル版用)」プリセット発売中!
Update:2020-10-22) by
関連記事