ショップブログのただのお知らせ記事を新規見込み客の集客記事に変えるコツ

WordPressのテーマを作ってたり、長年ブログを運営してたりすると、
『実はショップのホームページを作るところまではできたんだけど、
ブログを更新してもなかなか集客に繋がらないんですよね〜。どうしたらいい?』
っていう相談がたまにやって来たりします。

で、そんな悩みを抱えてるサイトを実際に見てみると、
これが何というか「惜しい!あと一歩足りない!」って思うことが多くて。
ちゃんと更新してるんだけど、肝心なコツを抑えていない!っていうだけで。

というわけで、本日は、よくありがちな普通のお知らせ記事を、
集客に繋げるためのコツをサクッとお届けします。

超ありがちなお知らせ記事の例

ここでは例として、そうですねー、たまたま今、目の前にハーブティーがあるので、
マルシェにハーブ農園が出店する、というお知らせ記事を例にしてみます。

タイトル:来週は東別院の朝市に出店します

本文:来週の28日は東別院の朝市に出店します。
採れたてのハーブを使った新作のハーブティーも持っていきます。
ぜひ買いに来てね。

みたいな。よくありますよね、こういう出店のお知らせ記事。

実はこういうのをどれだけ更新しても、集客には一切繋がりません。
常連さんへのお知らせにはOKですが、検索経由の見込み客、情報を求めている人、
これからお客さんになってくれそうな人には全く届きません。

これをちょっと変えるだけで、可能性はグッと広がります。

STEP1:超ありがちなお知らせ記事にキーワードを含めてみる

タイトル:2019年2月28日の東別院手づくり朝市に、無農薬ハーブ農園で作ったオーガニックハーブティーで出店します

一番簡単なのはタイトルにキーワードを入れることです。

  • 東別院手づくり朝市
  • 無農薬ハーブ
  • オーガニックハーブティー

こんな感じでキーワードを含めることで、
このキーワードに関連する情報を探している人には届きやすくなります。

この場合、キーワードが複数単語の組み合わせになります。
3語くらいの組み合わせなら、よりニッチな需要とマッチするし、
検索上位も取りやすくなります。

キーワードを意識するというのは、ドンピシャな人にだけ伝える、ということ

つまり、

「来週、東別院手づくり朝市に行く予定なんだけど、そういえばハーブティーが切れそうだから、もし売ってたら買いたいなー、できれば無農薬のやつを。ハーブティーのお店ってどこか出店してるのかなぁ?」

って思ってる人にドンピシャに届きます。

もちろん、それ以外の人には一切届きません。
が、しかし!どうせ元々一切届いてないので、そのくらい割り切って、
この人にだけ1人にだけ向けてお知らせしてるんだ!ってくらいでちょうどいいです。
ネットはこれでOKなんですね。結果的に1人に向けたことは複数人には届きます。

STEP2:本文の内容もさらに膨らませれば、さらに可能性アップ!

タイトルにキーワードを入れる、というのが最大にして最強のポイントですが、
もちろん記事の本文も大事です。いや、本文こそ命。
もうちょっと膨らませたいですね。

だって3行のお知らせ読んだところで、じゃあここで買おう!ってなりませんよね。
せっかく検索経由でちょっと興味がある人に立ち寄ってもらえたのなら、
その人の心を1回でガッチリつかむ必要があります。
そのためには、ただのお知らせ以外に、ちょっと役立つ情報も追加します。

例えば、

  • その日持っていくハーブの詳しい解説
  • 美味しいハーブティーの飲み方
  • ハーブ農園の詳しい紹介や写真
  • 作物を作ってる人の考え方なんかの話
  • 前回のマルシェのレポート
  • お客さんの声

とかなんとか、もうなんでもいいんですよね。
こんなのをほんのちょっと膨らませて盛り込むだけで、
ただのお知らせ記事から「有益な情報」に変わるわけです。

一方的な投げっぱなしのお知らせ記事だったのが、
『あれ?この記事ってちょうど探してた情報が載ってる!私にぴったりの記事!」
くらいな感じに変わるわけです。

情報を盛り込めるならどんどん盛り込んじゃえばOK

検索から読みに来てくれた人ってのは、自分とは初めての接触で、
しかもめちゃくちゃ興味を持ってくれてる見込み客なんだ、
っていう意識を常に持ってるのが大事です。

初めての人にははじめましての挨拶が必要ですよね。
まずは挨拶、こちらのことをよく知ってもらう、それからやっと売り込み、の順です。
この基本がなくて、いきなりの売り込みオンリー!みたいな記事だと、
検索からせっかく来てくれた人も、速攻で閉じるボタンです。

しかもスマホユーザーは何ページも見ません。
ホームページ内に、カタログページや自己紹介ページが他にあったとしても、
なかなかそこまで読んでくれません。

なので、検索経由でお知らせページにたどり着いた人には、
自己紹介的なことや商品のことなんかをまとめて読んでもらえるように、
1ページ内に情報をしっかり盛り込んじゃった方が得策です。

検索者が求めてることがちゃんと書いてあると信用アップ→検索順位アップ→集客アップ!

そんな感じで書いてると、自然と長文になっちゃいます。
最初の例に挙げた3行で終わるようなお知らせ記事とは、内容の濃さが雲泥の差。
検索者が求めてることがちゃんと書かれてる、これが信用をグッと上げます。

信用ってのは読んだ人に与えるだけじゃなくて、検索エンジンに対しても、です。
つまり検索上位が取りやすくなる、アクセスが増える、見込み客が増える、という話。
これがSEO。

それに、長文をしっかり読んでくれる人には、大事なメッセージがたくさん伝わるし、
そういう人こそお客さんやファンになってくれる人だったりします。

そんな人を一人ずつコツコツと、しかも自動で増やしてくのがブログの役割ですね。
そしてこれはSNSではできない積み重ね型のブログならでは。

これを逆順でやれるようになればOK!

最終的には、今解説した手順を逆から考えて記事を作成するのがコツです。
それがSEO対策です。
この辺のさらに詳しい話は、有料note「人気ブログを作る10の秘訣」でも書きました。

ってな感じで、ただのお知らせブログでもちょっとした手順とコツを知ってるだけで、
効果抜群な集客記事に変えることはできます。
せっかくブログやるのなら、うまく活用したいもんですね!

ブログ運営はレンタルサーバー(ロリポップ! or エックスサーバー)+ Minimal WP テンプレートがオススメです。

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
Update:2019-03-27) by
関連記事
関連記事
こちらの記事はもう読みました?