ソフトバンクから楽天モバイルにMNPしました(格安SIM料金比較と乗り換え方法の解説)

ずっとソフトバンクのiPhoneを使ってたんだけど、
ちょっと前に奥様がUQモバイルに乗り換えして携帯代が安くなったので、
ワタクシも格安SIMの楽天モバイルにMNPしてみました。
端末代入れても、実質毎月3,000円位(2年間なら約72,000円)安くなった!

格安SIMの会社はたっくさんあるので、どれにするかなーと迷ったんだけど、
楽天モバイルは楽天ポイントで支払えるし、速度もまあまあっぽいし、
楽天市場のポイント倍率が上がるし、まあいいかなっという感じで決めました。

というわけで、初めていろいろ調べたので、
その手順とか注意事項なんかをだーっとまとめておきます。
乗り換え自体は簡単です。

キャリア(ソフトバンク・au・ドコモ)から格安SIMへ乗り換える方法

MNPとは?

ところでMNPってなんだ?という超絶初歩のところからおさらい。
これは何年か前に始まったナンバーポータビリティのことで、
今使ってる電話番号をそのまま他社に移行できるという仕組み。

今使ってる携帯会社に電話して、MNP予約番号を発行してもらって、
それを持って、新しく契約したい携帯会社に行けば、
番号そのままでちゃちゃーっと変更が完了するというわけですな。

どの格安SIMと契約するかが問題(あれこれ料金比較)

で、ここで問題になってくるのが、格安SIMをどこの会社にするか問題。
今やもうめちゃんこたくさんの会社があって、
正直どれを選んだらいいか、よく分からん!というか調べるのめんどくさい!

なので、とりあえず一番気になる3つのポイントだけで比較しました。

  • 料金(音声通話&SMS付き)
  • 通信量(自分の場合は月間3GB前後)
  • 通信速度

電話はほぼ0回(LINEしか使わない)けど、いちおう必要なので通話付きで。
SMSは2段階認証とかに必要なので必須。

ワタクシ、月の通信料なんて1ギガくらいしか使ってなくて、
どんなに多くても2GB行ったことない(要するに外でスマホをあんま使わない人)。
なわけで、2GBでもいいけど、余裕もって3GBのプランでいいかなーって。

通信速度は極端に安いプランのやつじゃないかぎりは、
どこもそんな変わらないんじゃないかと言うか、
ベストエフォートなので、最大速度はあくまでも最大であって、
使う場所とか時間帯とか人気で大幅に変わるので、その辺は運ということで。

迷ったMVBO業者いろいろ

迷ったのは以下の3つ。

普段から楽天市場を使ってる人なら、やっぱ楽天かな〜。
楽天カード楽天モバイル楽天でんきなどなどにまとめれば、
ポイントが最低でも8〜10倍にはなります。
てことで、楽天スーパーポイントが使えるという1点のみで楽天モバイルに決定。

実際の乗り換え方法・MNP手順まとめ

  1. SIMフリーiPhoneを購入する
  2. 現在使ってるキャリアでMNP予約番号を発行してもらう
  3. 乗り換え先の電話会社へ申し込む
  4. MNPの完了とSIM挿して初期設定
  5. 旧iPhoneから新iPhoneへデータ移行、APN設定

だいたいこんな手順。

1. SIMフリーiPhoneを購入する

ワタクシの場合、ちょうどソフトバンクの2年縛りが切れたタイミングで、
ヒビ入っちゃったので、SIMフリーのiPhoneをアップルストアで一括購入。
端末代78,624円。

2. 現在使ってるキャリアでMNP予約番号を発行してもらう

これは電話するだけなので簡単。

  • ソフトバンク:0800-100-5533(9:00~20:00)
  • ドコモ:0120-800-000(9:00~20:00)
  • au:0077-75470(9:00~20:00)

引き止め作戦みたいな話を多少聞く必要はあるけど、
ぱぱーっと数分で完了。
メールでMNP予約番号が送られてきます。

このMNP予約番号は15日間有効なので、その期間内にMNPしないとダメ。
楽天モバイルの場合は、残り期間が10日以上必要なので、
予約番号を発行してもらったらすぐに乗り換え手続きした方がいいですね。

4. 乗り換え先の電話会社へ申し込む

乗り換えに必要なのは、MNP予約番号と免許書等の身分証明書とクレジットカード。
ネットから申し込んでもいいし、店舗に直接行ってもOK。
楽天モバイルは街なかに店舗がけっこうあるので、お店に行ってやりました。

ネット申し込みの場合は、SIMが届くまでに1〜2日かかるので、
早めにやった方がいいですね。

5. MNPの完了とSIM挿して初期設定

これ窓口の場合は、手続き全部やってくれるので、待ってるだけ。
ネット申し込みの場合は、SIMを受け取ったら、
楽天モバイル開通受付センターに電話してMNP完了。
MNPが完了したら、iPhoneに楽天モバイルのSIMを挿して、乗り換え完了。

5. 旧iPhoneから新iPhoneへデータ移行、APN設定

前に使ってたiPhoneから新iPhoneへのデータ移行。
PCのiTunesかiCloudに旧iPhoneのデータを丸ごとバックアップしておいて、
新iPhone繋げて復帰させるだけ。簡単。
というか、これは購入してすぐにやっといてもいいのか。

最後に、楽天モバイルでインターネット通信が使えるようにAPN設定をします。
ブラウザで専用プロファイルをダウンロードしてインストールするだけ。
ピッピのピで完了です。

<事前にやっといた方がいいこと>

iPhoneのデータを移行するのは簡単と言えば簡単だけど、注意事項もありまして。
LINEは「アカウント引き継ぎ設定」が必要です。
古い方でアカウント引き継ぎ設定をオンにしておいて、
24時間以内に新しい方でログインする、というだけですね。簡単。

あとSNSとか通販サイトとか、2段階認証にしてるサービスも多いと思うけど、
2段階認証コードをキャリアメール(i.softbank.jp)で受け取るようにしてる場合は、
SMSか別のアドレスに届くように事前に変更しとかないとログインできなくなります。

で、格安SIMに変えたら、月額・年額でいくら安くなったの?

ソフトバンクのiPhoneだと24ヶ月縛り(iPhone端末代24回払い)だったので、
24ヶ月使った場合の「合計金額」と「平均月額」を比較してみます。

ソフトバンク時代

  • 月額:約8,000円前後
  • 24ヶ月合計:192,000円

楽天モバイル

  • 月額:5,007円(楽天モバイル1,731円+iPhone端末代3,276円)
  • 24ヶ月合計:120,168円

というわけで、月額「約3,000円」安くなって、
24ヶ月合計だと「71,832円」安くなる計算!
これ一世帯(夫婦2人)で考えたら14万円以上。
2年に1回ずつ新機種に変えたとしても、10年間で70万円以上安くなる!ほほー。
10年後に携帯電話なんてあるのか!?

あ、ちなみにMNPにも費用がかかって、
移転元と移転先でそれぞれ3,000円かかるので、合計6,000円かかります。
楽天モバイルは初回6ヶ月は1,000円引きだったので、この分は相殺ですね。

あと無料の楽天でんわアプリを使えば通話代は半額になって、
さらに使った分の楽天スーパーポイントも貯まります。

まとめ

初めての格安SIMデビューは「楽天モバイル」でした。
速度も普通に出てるし、安くなったし、おおむね満足であります。
そのうちなんか問題が出てきたら追記します。

ちなみに、不要になったスマホは買取専門店「ネットオフ」で売れますよ。

関連記事:スマホ・パソコン・タブレットの宅配買取おすすめ8選[比較]

【追記】実際に使ってみて9ヶ月のレビューを書きました。
やっぱり使ってみるといろいろ出てきますねぇ〜。
実はすでにUQモバイルに心惹かれてたりして!
詳しくは→『楽天モバイルを9ヶ月使ったので料金・通信速度レビュー(UQモバイルとの比較)してみます』をどうぞ。

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
Update:2020-05-21) by
関連記事