10月1日はコーヒーの日なのでオニマガ焙煎コーヒー豆を限定発売します!

本日10月1日はコーヒーの日。
ってことで!突然ですが、オニマガ家の家庭焙煎コーヒー豆を発売します!
我が家で飲む用に作った我が家の焙煎コーヒーをおすそわけです!

最近自分でハンドドリップコーヒーを淹れ始めたとか、
深煎り派だったけど浅煎り方面にもにちょっと興味が出てきたとか、
苦いコーヒーが飲めないとか(昔の自分)、自宅焙煎を始めてみたいとか、
そんなコーヒー初心者が(沼に)ハマるきっかけになればなーという内容にしました。

2種類の飲み比べセット(45g×2種類)

いつもZINEとセットで販売するときは、
その時々の気分のブレンドを作っていたのですが、
今回はシングルオリジンを2種類飲み比べセットにしました。

エチオピアのオロミア州グジ地区シャキソエリアにある、
「カイヨンマウンテンファーム」という農園の同じ豆の、
『水洗式(ウォッシュド)』『非水洗式(ナチュラル)』の精製違い2種類です。

農園はこんな景色だそうですよ!(Cafe Importsより

コーヒーの精製ってなんだ?

コーヒー農園で収穫から出荷されるまでにはいろんな精製処理が行われていて、
なかでも『水洗式(ウォッシュド)』『非水洗式(ナチュラル)』ってのが2大巨頭。
(他にもたっくさんあって年々複雑なのが出てくるので細かいことは各自調べてね)

  • ウォッシュド:さっぱりした酸味がある感じ
  • ナチュラル:フルーティーな甘みがある感じ

スーパーざっくり分けるとこんな感じ。
同じ国の同じ農園の同じ豆でも、精製が違えば味が全く別物になります。

で、この精製による基本の味の違い(と自分の好み!これ大事!)を知っておくと、
カフェでコーヒー豆が選べる時に、どっちがどうかなーってイメージしやすいし、
お気に入りのコーヒー豆屋さんで買う時にも選びやすくなるかな、っと。

実際のところ、生産国の違いよりも、精製の違いの方が特徴がわかりやすいので、
特に初心者の人はこの精製違いを覚えると、コーヒーが格段に楽しくなります。
ってことで、コーヒーにハマるきっかけになったらいいなーという2種類セットです。

焙煎度は浅めの中煎りです

今回の焙煎度は、中煎りのちょっと浅めというか、浅煎りのちょい深めです。

なんとかローストみたいな、焙煎度の正式名称がちょっとよく分からないんだけど、
苦味はほとんどなくて、かと言って攻め攻めの浅煎りほど酸っぱくはなくて、
苦いのがダメな人も酸っぱすぎるのがダメな人も大丈夫なくらいの中庸な感じ。

もっと攻め攻めの浅煎りの方が豆の特徴がバコーン!と出て面白いんですが、
もう秋だし、ホットの気分だし、ほっとしたいし、ミルクに合わせたりとかね、
なんだか落ち着いた感じで飲めるコーヒーです。たぶん。

たぶん、というあやふやな感じですが、昨日焙煎して、さっき味をチェックしたんで、
たぶんあと何日かするとこんな感じで、さらに日が経つとこんな感じかなという予測。
エイジングで味がどんどん変わるので、それの予想込みの、たぶんです。

ご注文は本日より3日間(木金土)

豆の鮮度の問題があるので、注文受付は「今から土曜日12時までの3日間」。
何と言っても完全家内制手工業の超少量焙煎なので、
もしそれ以前に在庫がなくなれば完売終了です。
週末〜来週頭にはポスト投函されるようなスケジュールで。

肝心のお値段は全国送料無料の999円です。

【追記10月1日22:40】在庫分が全て完売しました!ありがとうございました!
ちょっと少なすぎたのでまた考えます。

【追記10月8日19:30】今週焙煎分で追加します→【追加販売】オニマガ家庭焙煎コーヒー飲み比べセット発売します!

ご注文は「オニマガのオンラインストア」からどうぞ!

*ちなみその1:今回は初心者向けセットなのでツウな人はプロの美味しいコーヒー豆屋さんで買おう!→おすすめコーヒー豆屋さんの紹介

*ちなみその2:コーヒーは「豆のまま」発送なのでミルが必要ですよ!→おすすめコーヒー器具の紹介

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
オニマガ特製の写真フィルターで
ブログやSNSの写真をおしゃれに
Lightroomプリセット
どんな写真でもボタン一発で簡単におしゃれな写真に加工できる、写真編集アプリ「Adobe Lightroom(PC用&無料モバイル版用)」プリセット発売中!
Update:2020-10-26) by
関連記事