名古屋・中川区「松重閘門の桜の写真」(CANON 6D mark2 + Sigma Art 50mm F1.4)

名古屋・中川区にある「松重閘門(まつしげこうもん)」。
1932年から1968年まで堀川と中川運河をつないでいた閘門で、
この周りは桜がとっても綺麗。

あまりに外出しなさすぎて写真を撮ったことすら忘れてましたが
(2週間くらい前なのでもうとっくに散っちゃってますなぁー)、
買い物途中に松重閘門公園を通ったので、その時の写真をお届けします。
2020年の記録。

名古屋・中川区「松重閘門の桜の写真」

やってきました、中川区・山王の松重閘門(まつしげこうもん)。
閘門ってのは水位が違う川の間をせき止めて、
その挟まれた空間の水を調節して船が上下に動いて別の川に行く、
っていう交差点みたいなシステム。

堀川から中川運河に繋がる場所がここ。
上の写真は中川運河側からみた感じ。
大通り挟んで向こう側(堀川の側)にも同じ塔があります。
名古屋市の都市景観重要建築物。

で、その跡地が公園になってるんですね。
今まで上の大通りしか通ったことなかったから全然知らなかったー。

しかも桜がすっごい咲いてて綺麗。
この日は確か雨が降った後の日だったのかなー、
ちょいとどんより天気。

ぼわっと咲いてる。綺麗。

尖塔と桜。

中川運河。
向こうの方には電車や新幹線が走ってるのが見えます。
で、この先の突き当たりがバーミキュラビレッジとかある辺り。
広見憩いの杜のところですね。

関連記事:名古屋・中川運河のバーミキュラポットメイドベーカリーに行ってきました!

そしてここは「グッモーエビアン!」のオープニングで登場する場所ですね。

大通りの下側が公園になってるんですね。

歴史的建造物と桜。
そしてひっそりした小さな公園。
隠れた桜の名所感。

天気が微妙だからなのか、人が全くいないからなのか、
大通りから隠れた場所だからなのか、このご時世だからなのか、
なんだか物悲しさが溢れる遺構の独特な雰囲気。

ってな感じで、2020年の松重閘門の桜の写真でした。

今日の写真はCANON 6D mark2SIGMA Art 50mm F1.4でお届けしました。

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
オニマガ特製の写真フィルターで
ブログやSNSの写真をおしゃれに
Lightroomプリセット
どんな写真でもボタン一発で簡単におしゃれな写真に加工できる、写真編集アプリ「Adobe Lightroom(PC用&無料モバイル版用)」プリセット発売中!
Update:2020-10-22) by
関連記事