ハリオの新ドリッパーMUGENを導入しました!蒸らし不要の1回で注ぐだけで簡単にコーヒーが淹れられる!(レシピと使い方)

ハリオの定番コーヒードリッパーV60の発展型とも言える、
一回抽出タイプのドリッパー「MUGEN(無限)」が出たので買ってみました。

これまでのドリッパーは「何秒蒸らしたあと何gのお湯を何秒で何回に分けて」
みたいに複雑なレシピになりがちだったけど、
このドリッパーはなんと蒸らし不要!お湯を一回で全量注ぐ!
すると勝手にな〜んだかいい感じでドリップされる、っという画期的な仕組み!

上手に淹れられないなーとか、豆で買ってもお店と同じ味にならないなーとか、
そもそも丁寧に入れるのめんどくさい、なんていう初心者の人にもおすすめだし、
お湯を注ぐ作業が単純化されたので、これはこれでレシピを考えるのが楽しい!

ってことで、以下、そのMUGENの全貌を写真でお届けします。

ハリオの1回抽出ドリッパーMUGENを導入しました!

こちらがHARIO V60 MUGEN。無限!

今回買ったのはホワイトの陶器タイプ。
有田焼です。
1〜2杯用サイズ。

これの他にプラスチック製の透明ブラックもあります。

軽くて割れないのが好みな人はこっちかな。
こちらは800円くらいです。

V60と同じく円錐型だけど、デコボコの模様(リブ加工)が違います。
なんだか星型。

溝も浅くて、ほんのりついてる感じ。
浅い分、お湯がゆっくりつたっていくので、
1回でお湯を注いじゃって、じっくりゆっくりコーヒーが抽出されるってことですね。

裏はこんな感じ。
ドリッパーホルダーはプラスチック。

サーバーに載せるとこんな感じで。

ホルダーは外すこともできます。

ちょっとプラスチックのホルダーがアレなので、
origamiドリッパーの木製のホルダーに変えてみました。

使い方と公式レシピ

公式レシピ

  • コーヒー粉:20g(中細挽き)
  • お湯:240g
  • ゆっくり1回(40秒くらい)で注ぎきって落ちきるまで待つだけ

ゆっくり注いでみます。

普段ならこのへんで止めて蒸らし時間を取るところですが、
そのままお湯を注ぎ続けます。

ぐるぐると「の」の字を描く感じで。

だいぶ溜まってきました。

全量注ぎきった!

ちょぼちょぼーっと。
落ちる速度はゆっくり目です。

あとはお湯が落ちきるのを待つだけです。

できたー!うまい!
蒸らしもしてないのに、ちゃんと美味しいコーヒーになってる!
びっくり!

挽き目でかなり変わるけど、中細挽きで、40〜45秒くらいで注ぐと、
だいたい2分半〜3分の間で落ち切り、くらいな速度感。
適当にやってもだいたいいつもと同じ感じになる!

今のところの我が家のレシピ

我が家の自宅焙煎豆(浅煎り)だと、
もう少しさっぱりする感じがいいなーってことで、
ちょっと公式よりお湯多めの1:14くらいが好みかなー。
ってことで最近のレシピ。

  • コーヒー豆 20g(中細挽き)
  • お湯 280g
  • 最初はゆーっくり後半早めに50〜55秒で注ぎきって軽くスピンして落ちきるまで待つ(2分半以内)

基本が簡単だからこそ、好みや豆に合わせてレシピも調整しやすそうですね。

まとめ

っていう感じのハリオの新ドリッパーMUGEN。

ちゃんとコーヒー淹れてる感はありつつ、
面倒くさいのとか複雑さがなくて簡単!そしてブレが少ない!
ドリップ初心者の人にはぴったりじゃないでしょうかね。

で、上達したらV60にステップアップ(さらに自由度が高いのがorigami)。
または浸漬式スイッチもあるし。
とにかく画期的にドリップが簡単になった1回抽出MUGEN。
おもしろいなー。

全自動でホームページ作るなら
好きなデザインを選ぶだけ
オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
関連記事
Lightroomプリセット発売中
プリセット
【簡単写真加工】オニマガ特製の写真フィルターが完成!Lightroomアプリでどんな写真も簡単におしゃれに変身できます!
Update:2021-04-16) by