仕事の4つの段階

IMG_7782

このブログ、何気によく検索されるキーワードに「働かずに生きる」というのがあるんですが、
ここ最近またこの検索ワードでアクセスが増えてきました。
なんでしょう、みんな働きたくないんかな。それか時期的なものでしょうか。
ワタクシは、もちろん働きたくないです!

ただ、ここでいう働かない事っていうのは、いわゆる仕事をしないという事ではなくて、
「やりたくない仕事をやらずに、やりたい仕事だけやって生きる」という意味です。
その辺、間違っちゃうとアレなんで、本日は「仕事とは?」という話。

スポンサーリンク

仕事の4つの段階

仕事には4つの段階があるんではないか?という事をずーっと考えていまして、
それはこんな感じ。

  1. お金をもらわないと絶対やりたくない仕事
  2. お金をもらえるならやってもいい仕事
  3. お金がもらえなくても(お金を払ってでも)やりたい仕事
  4. お金がもらえてしまう、やりたい仕事(この段階ではすでにそれを仕事とは思ってない)

当然、4に向かうほどハードルが高くなっていくわけです。

と、普通なら考えそうですよね。
でも、実はこれが人生の引っ掛け問題でありまして、
おそらく「1 < 2 <<<<<<<<<<<<<<< 3 <<<<< 4」 くらいな感じ。

最初は誰だって、1か2からスタートすると思うんですけど、
これでOKって場合はもうずっとそのままですよね。良い悪いは別として。
なんせ2と3の間のハードルはものすごく高いので。
高すぎて2からじゃどれだけ高いかも見えないんです。

何と言ってもここが生死を分ける狭間ですからね。
1と2ではやればお金がもらえるのに、3になるとやってもお金がもらえない!
もらえないどころか払わないといけない!これは死ぬね。
一体どうしたらいいのっていう。

でもこの2を超えないと3はもちろんその先の4にも行けないわけですよ。
3から4へのハードルもこれまたけっこう高い。
でもやっぱり2から3へのハードルこそが激ヤバ。

段階を上がる方法

で、これを逆説的に考えると、
やりたくないことをやってるうちは2から3には絶対行けないわけで、
その段階をクリアするには「やりたいことをやる」しか手段が無いわけです。

2と3の間にある大きな違いは、お金の問題じゃなくて、
「やりたくない事」と「やりたい事」の違い。
やりたいことをやると決めたら、もうその瞬間から3になるわけで、ここは覚悟の問題なんです。

そこから4に行けるかどうかは、実力と運次第なので、必死でがんばるしか無いわけだけど、
2から3だけは気持ちだけでどうにでもなるというのがポイント。
とても超えるのが難しい高いハードルがあるわりには、
実はなんの力も経験も技能も資格も無くてもOKっていう、
いわばこの壁はただのダミーだったわけです。発泡スチロール製のブロックみたいなやつ。

ってな事に気づいてしまったら、もうやりたいことだけやるしかないでしょ!
というのがこのブログでいつも書いてる「働かずに生きる方法」ってことです。
おしまい。

◎転職・独立の前に「自分の市場価値診断(無料)」を試してみると面白いですよ!

VOICE新書 働かないって、ワクワクしない?
アニー・J・ゼリンスキー
ヴォイス
売り上げランキング: 46,328

2015-01-22 | Posted in Thinking / 思考・仕事のやり方
オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート発売!
ワードプレステーマ「Minimal WP」
月間30万PV超のノウハウを詰め込んだ、ミニマルデザインのWordPressテンプレートを販売中。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!ブログ始めるなら今がチャンス!
関連記事
オニマガをフォローしよう!
follow us in feedly

Thinking / 思考・仕事のやり方 新着記事

オニマガの新着記事

過去記事検索