最終更新:2022年11月8日

朝イチの飲み物はコーヒーから白湯に変えました(白湯の作り方)

ワードプレステンプレート「Minimal WP」
簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

これまで朝起きて最初の飲み物は淹れたてのコーヒーだったんだけど、
ここにきて白湯ブームが復活しまして、
コーヒーから白湯に変えました。
この流れ10年くらい前にもあったなぁ。

空腹時にいきなりカフェインってのがなんだかよく無い気がするし、
朝ごはん食べずにコーヒーだけの日はなんか体を冷やすっていうか、
たまに体温が低い日があってその日はなんか調子良くないし(免疫力下がってる)、
これどっちにしても朝イチのコーヒーは体調にいいとも思えないなーっと。

そんな時はやっぱり白湯。

コーヒーを飲む時間と白湯を飲む時間

コーヒーが身体にいいってのはいろんなところで言われてるけど、
飲むタイミングとか時間帯とか量とか、
なんでもいいってわけでも無いのかなーという話もあったりで。

元々、コーヒーは毎日2杯くらい、
「朝」と「昼ごはんの後かおやつの時」に飲んでて、
15時以降は飲まない、ってことにしてます。

うちは寝る時間も結構早め(夜9時台)で、
寝る前6時間以内にカフェイン取ると睡眠の質が下がって、
翌日の体調も確実にイマイチになっちゃうので。
コーヒーは15時以降は飲まない。これは昔から。

で、続いて朝イチもやめようかなと。
よく言われてるのは寝起き1〜2時間以内にコーヒー飲むと、
脳を自然と覚醒させるホルモン「コルチゾール」の分泌を抑制しちゃって、
カフェイン頼りになって、結果カフェイン中毒になっちゃうよっていう話。

今のところコーヒー飲まない日があっても別に平気なので、
カフェイン切れるとやべー!みたいなことにはなってないけど、
それより身体を冷やす方が気になり始めたので、
とりあえず朝イチもやめました。

そんなわけで、朝イチは白湯。

白湯の作り方

ちなみに白湯の作り方。

  1. やかんに水を入れて沸騰させる
  2. そのまましばらく5分以上グツグツさせる(15分くらいやるのが正式らしい、けどそんなには朝からやれんよね)
  3. ズズーっとすすりながらコップ一杯を5〜10分かけてゆっくり飲む

10年前にも読んだ本。

まとめ

そんなわけで、朝イチは白湯。
コーヒーは、朝の家事が全部終わって一息つく時か、
お昼ご飯の後か、おやつの時に。
それ以外の時はお茶。
そんな体制で行こうかなと思っている次第です。

朝起きたら太陽を浴びてセロトニン、カフェイン摂らずにコルチゾール、
夜は早寝でメラトニンと成長ホルモン、みたいな、
完全に自然の流れですな。

関連記事
新着記事
同じテーマの記事を検索