目覚まし時計のかわりに、朝は鳥の鳴き声で起きる(超規則正しい)

我が家には時計がありません。
いや、厳密にはスマホにもパソコンにも時計が付いてるし、
子供の練習用の時計(上の写真)もあるんだけど、
壁掛け時計や目覚まし時計や腕時計を持ってなくて、
目につくところには時計がない、という生活スタイル。

寝る時はスマホを枕元に置いてないし、アラームもセットしないので、
(就寝2時間以上前にスマホは別の部屋に置いておくので起きるまで手元にない)、
寝起きは完全に時間が分からない状態。勘だけで起きる日々。
なんだけど、わりと毎日きっちり同じ時間帯で起きれるようになりました。

鳥の鳴き声で!

これが恐ろしいほどに規則正しい。

朝は鳥の鳴き声で起きる

ちょっと前に気付いたんですけど、鳥ってめちゃくちゃ規則正しいんですね。

我が家の周りだと、まずカラスが朝陽が登る頃に一斉に鳴き始めます。
街なかに住んでるからか、カラスも大量。なのでこれが結構うるさい。
いや、目覚ましにはちょうどいいくらいの程よい音量。

もやーっとしながらだんだんカラスの鳴き声が聞こえて来て、
「あぁ〜今日も朝がやってきたのかな〜」っとまだ半分寝ながら聞いています。
で、数分?数十分?寝ぼけてるからその長さはあやふやだけど、
しばらく鳴き続けた後、ある時カラスの鳴き声がピタッと止みます。
どっか飛んでっちゃうのかな。これは毎日必ず同じ。

その直後に、今度は大量の小鳥のさえずりがピヨピヨピヨピヨ〜と。
もしかしたらカラスと同時に鳴いてるのかもしれないけど、
カラスがうるさくて聞こえなくて、いなくなって初めて聞こえてくる、のかも。

で、これが心地よくて、小鳥の声を聴きながらゆっくり目を開けると、
朝陽がカーテン越しにスファーッと入って来て、徐々に目が覚める。
これも数分か数十分聞いてると、また小鳥も静かになって。
さっきまでたぶん何十羽も(または何種類も?)たくさん一斉に鳴いてたのが、
数羽の小さな鳴き声に変わるタイミングがあって、そこでやっと起きます。

すると、これが毎日ちゃんとだいたい同じ時間。
たぶん日の出の時刻と共に日々変化してる気もするんだけど、
最近、というか冬だと6時〜7時半くらいで目覚め。
夏はもっと早いので4時半〜6時くらいで目覚め。
1時間くらい使って(寝ぼけてるからもしかしたら30分くらいかも)、
鳥の鳴き声を聴きながらモヤっと考え事しながらゆっくり起きます。

自然は超規則正しい!

時計を枕元に置かないようになって、
完全に自然とともに起きられるようになりました。
鳥の鳴き声と太陽の光、自然の方が規則正しい!
っという当たり前のことを気付かされました。

ただ、天気の悪い日はこの通りにはいかないし(30分くらい後ろにずれ込む)、
季節によってもかなり時間が変わっちゃうし、
前の日にたっぷり運動してたりするとまた後ろにずれ込むし、
毎日決まった時間に起きる必要がある人には全く向きませんね。

あ、ちなみに子供用には小さい目覚まし時計があります。
そろそろ小学校入学に向けて、時計が読めるようにならないとまずいかな、
ということで、練習も兼ねて。
子供だけ最近は時計を見ながら時間を覚える生活をしていますが、
一番寝坊なのは時計に合わせてる子供、という我が家。

やっぱ自然すごいな。

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
関連記事
Update:2021-03-11) by