食パンをフライパンで美味しく焼く方法(バルミューダ風のトーストを目標に実験中!)

IMG_8883

BALMUDA(バルミューダ)のスチームオーブントースターで焼くトーストって、
ほんっとビックリするほど美味しいですよね。
食べるたびに導入を考えるのですが、電化製品を増やしたくないので、
どうしたもんかと。

我が家はトースターも無いので、普段はグリルかフライパンで焼いているのですが、
もっと美味しく焼く方法はないもんかな〜と思って色々実験をしてみました。

で、ついに!
バルミューダ風と言っても良い(かもしれない、いややっぱり無理がある)、
外サクサク&中もちもちふわわふな、めちゃんこ美味しいのが出来た!
と言う感じで、なんとか合格ラインに到達したので、
その記録を以下にお届けします。

スポンサーリンク

食パンをフライパンで美味しく焼く方法

IMG_8799

食パンはスライスして一旦冷凍させます。

IMG_8802

凍ったままフライパンに入れて、フタをして中弱火で点火。

IMG_8816

最初に2〜3分じっくり焼いて、ひっくり返してまた2〜3分じっくり。
勝手にスチームな感じになって来ました。

IMG_8819

最初の面にバターを置いて、、、

IMG_8820

バターがとけたら出来上がり。

IMG_8836

うまい!

手順のおさらい

  1. 美味しい食パンを買って来てスライスする
  2. 1枚ずつラップに包んで冷凍する
  3. 凍ったままの食パンをフライパンに置いてフタをして点火
  4. 中弱火で2〜3分じーっくり焼く(焦げすぎないように火加減はお好みで)
  5. ひっくりかえして反対面をまた2〜3分じーっくり焼く
  6. もう一回ひっくり返して上にバターを乗せてまた2分くらい焼く

ポイントは一旦冷凍させること。
なんでか分かりませんが、冷凍した食パンの方が断然美味しく焼けました。
で、あとはじーっくりと焼く。

冷凍したままフライパンでフタして焼くと、勝手に蒸気が出てきて、
若干のスチームオーブン的な感じも醸し出してくれます。
水分量が少ないパンだったら霧吹きしてスチームをプラスするのもあり。

こんな感じで、出来上がりは、外サックサク!中もちもちフワフワ!
完全に!とは言い過ぎだけど、かなりバルミューダに近い気がする!うろ覚えだけど。
でも今まで家で食べたトーストでは一番美味しい仕上がりになったので、
しばらくはこの路線で改良を続けてみようかなっと。

まとめ「食パンは冷凍してから焼くと美味しく焼ける!」

IMG_8886

という感じで、冷凍してから焼く!
ただそれだけでなぜか美味しくなるじゃないか!という話でした。

ただですね、これお店によって、というかパンによってかなり仕上がりが変わります。
まずスライスの厚さでかなり変わります。
しかも最初からスライスされてるのを買っちゃうと、
耳のある外周ばっかり焼けて、真ん中の白いところがうまく焼けません。
丸ごと買って来て、家でスライスして、すぐに冷凍する。これが大事かも。

さらにパン屋さんが違えば含まれる水分量も当然かなり違うので、
その辺は結局のところお好みポイントを探るしかないですね〜。
湯種製法とかのもちもち系はかなり美味しく焼けます。

で、ふと思ったんだけど、バルミューダってクロワッサンモードありますよね。
もしかしたらフライパンでもクロワッサンのリベイクを上手いことやったら
コンロのグリルだとクロワッサンの高さでてっぺんがちょい焦げる!)、
焼きたてを再現できるんじゃないかしら?
餃子だってひっくり返さなくてもパリッとなるわけで。
よし、今度やってみよーっと!

オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート
ワードプレステーマ「Minimal WP」
このテンプレートを使ってブログのアクセスが月間45万PV超に成長しました。そんなノウハウ満載のミニマルデザインのWordPressテンプレート。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます。
同じカテゴリの記事
by |タグ: