最終更新:2022年4月14日

Android TV搭載のモバイルプロジェクターを買いました!

ワードプレステンプレート「Minimal WP」
簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

ここ2年ちょっと使ってた中国製の激安プロジェクターが、
スタートボタンを押すとグイーンっと異音がなり響くようになりまして。
こりゃいよいよ壊れたか?ってことで、
新たにAndroid TV搭載のモバイルプロジェクターを購入してみました。

ちょうど1年前にAnkerのモバイルプロジェクターNebula Astroを購入して、
けど結局すぐ売っちゃったんだけど、懲りずに今回も同じタイプの中華家電を。

ってことで、以下、そんなのの模様をお届けします。

Android TV搭載のモバイルプロジェクターを買いました!

こちらが今回購入したAndroid TV搭載のモバイルプロジェクター。
メーカー名は不明(箱に書いてない!)
Amazonの詳細を見ると、ブランド「通用」メーカー「‎SZMCBZ」ってなってる。
またもや中国製のよく分からない激安のやつ。

同じようなAndroid TV搭載のモバイルプロジェクターだと、
Anker Nebula Capsule IIが59,800円で、だいたいこのくらいが基準。
で、このよく分からないやつが29,998円(Amazon)〜36,973円(楽天)くらい。
Amazonだとセールで25,000円くらいになる時もあります。
(ってなやつの未使用中古を2万円で買いました)。

持ち運びに便利な専用ケース付き。すごい。

ぱかっ。

最初から三脚もついてるのね!ありがたい!

我が子に持ってもらうとこんな大きさ。
350mlの缶ジュースと同じくらいかな。
重さも550gと軽い。これは持ち運びには便利ですね。

しかも電池内蔵。
満充電で2〜3時間もつ(公称)ということだったけど、
明るい設定で見ると2時間はギリ持たないかなぁ(惜しい)。

ちなみにNebula Astroは手のひらサイズ。
こっちのがダンゼン未来感ありますね!
もう売っちゃったけど。

関連記事:Ankerの超小型モバイルプロジェクターNebula Astroを買いました!

リモコンもついてるけど、本体上部にもボタンあり。

フォーカスのグルグル。
Nebula Astroはこのフォーカスノブが小さくて軽すぎるというか、
操作が難しかったんだけど、これは重めでピントが合いやすいです。
あと置く場所を変えてもずっとピント合ってるのね。こりゃ楽でいいですね。

背面はHDMIとUSBとヘッドホンジャックと電源。
Fire TV Stickも挿したりできます。

裏は三脚用の穴。

説明書も日本語のが付いてるけど、あちこち日本語が怪しい例のタイプ。
本体の中にも説明書が入ってて画面でも確認できます。
というか、扱いは超簡単なので説明書はほぼ不要です。

さっそくスイッチオン。
Android TVが入ってるので、基本これ1台で動画が楽しめます。
YouTubeとかアマプラのアプリは最初から入ってるので、
WiFi繋げてログインして設定したらもうOK。なんて簡単なの!

しかもファンの音が静か!これが一番嬉しいポイント。
しかも台形補正も自動でしてくれる!楽だわ〜。
電池内蔵だから好きなところに持っていけるし途中でも動かせる!
スピーカーの音質もそこそこ良いし、音量もかなりある!
外部スピーカーなしでも全然いいなーと思えるくらい。
買う前の懸念事項が全部快適にクリアされてる〜!やったー。

昼間カーテンをしめて映写するとこんな感じ。
まあまあ明るく綺麗に観れます。
今回もネイティブ解像度が480pだから心配してたけど、
字幕もちゃんと読めるし、早い動きの映像も大丈夫。

ちなみに、このモバイルプロジェクターは20cmの距離から写せるので、
大画面だけじゃなくて小画面でも使えるのがいいですね。
30〜120インチまでいけます。

夜だともっとくっきり。
YouTubeとTVerはすごく綺麗に見れるんだけど、
アマゾンプライムビデオはなんかそこそこって感じもするなー。
むむむ、なぜだ?設定がおかしいのか?

上が今回買ったプロジェクターで、
下が今まで使ってた異音が鳴り響くプロジェクター。
これで多分60〜70インチくらいの大きさかな。

解像度480p(上)と720p(下)の差。
こうやって比べると、やっぱり差はありますね。
でも比べなかったら別に気にならないか。
というかどっちも超低いとこの勝負ですね。今や2Kだ4Kだって言ってんのに!

でもこれ値段を考えたら、トータルでの満足度はかなり高い!

と、思ったのですが、、、(惜しいポイントが出てきた)

一つだけ惜しいのが、
アマプラの字幕と音声を選択する設定画面がちょっと使いにくい!ってところ。
カーソルモードとマウスモードを巧みに切り替えないとダメで、
すっごい時間かかってめんどくさい。

いやこれ、プロジェクターの問題じゃなくって、
Android TV版のAmazon Prime Videoアプリの問題なんだけど。

Fire TV Stickを挿して使えば最高のUIで操作もスムーズなんだけど、
Android TV版のアプリだとちょっと操作性が悪い。
同じアマゾンのアプリなのにねぇ、、、。
というか、Fire TV Stick版が素晴らしすぎるのか。

まとめ

っていう感じで、Android TV搭載のモバイルプロジェクター。
最初の1台目だったらこれでOK!って気もするくらい、いい製品。
そしてアマプラの音声・字幕をいちいち変更しないなら、なんの問題もない!
(またはFire TV Stick挿して使うなら問題なし!)

で、この直後、異音がする古いプロジェクター、
本体をバコン!っと叩けば治る!ということが判明しまして。昭和のテレビか!
完全に壊れるまでは古い方でいいかーって気もしてきました。

プロジェクターって選ぶの難しいので、
買う前にレンタルで試したい人は「Rentio」が便利です。

プロジェクターがあればいろんな動画配信サービスが大画面で楽しめます

どれも初回2週間〜1ヶ月間は無料なので、お試しでもかなり楽しめます。

映画ライフが充実ですね〜。

関連記事



新着記事
同じテーマの記事を検索