日常で使わないことにしている4つの言葉

人は自分が発する言葉で作られる、なーんてことよく言われますが、
実際たしかになーと思うことも多くて。
なので自分の場合、日常で使わないことにしている言葉があります。

特にマイナス方向の「無い」っていう言葉が曲者で、
無いと言い続けるとやっぱり無くなるのが現実だなーと常々思うわけです。
ウソでも有ると言い続ければなぜかだ有る現実がやってくるというか。

ってなわけで、日常で使わないことにしている4つの言葉を。

1. 時間が無い

「時間が無い」、これはまさにチャンスを失うキラーワード。
昔々の若い頃『時間が無いって言う人には近づくな!』って教えられたので、
20代前半の頃からこれだけはNo.1のNGワード。

仕事ができる人ほど忙しいって言うわりに時間は有るもんで。
実際に忙しくしてるんだと思うけど、時間を自分で作れると言うか。
人の時間で生きてない、というか。

時間は「ある」or「ない」というより、自分で作るもの、なんだろうなーと。
自分の場合は無駄な時間(余暇)を作るために、
無駄な時間(やる意味のない時間)を省くようにしています。

お金より時間が大事、と思うようになると自然と時間は増える気もします。
いまやスケジュールはガッラガラ(というかスケジュール帳を持っていない!)。

あと、時間泥棒(人の時間を奪う人・モノ・サービス等)には、
あんまり関わらないってのも大事かも。
SNSとかね、動画とかね、面白いから時間すぐなくなるよね。なのでほどほどに。
「3分の動画を見るのには3分かかる」というシステム、これすごいよねー。

2. お金が無い

お金も時間と一緒で「ある」or「ない」というより、自分で作るものですかね。
ないと思えばないし、あると思えばある。
というか、どれだけあったら「有る」で、どれだけなかったら「無い」なのか。

なので、すでに十分あると思う方が幸せ。禅の世界か!

3. コスパ

世の中はお金では計れない価値こそが重要。
コストは二の次か三の次くらいで評価の第一基準にはしないことにしてます。

そもそも何かのサービスを評価するときに「コスパに優れている」という点が、
そのサービスの最大のポイントだったら、それを選ぶ意味ってないですよね。
他に安いのが出てこればそこに移るだけなわけで、そのものの価値を見てないわけで。

これは自分がサービスを売る側の立場でもあるので、
そこでは勝負しないようにしようという意味もあります。

かと言って、逆に値段が高いから価値があると思っちゃう(人は意外とこれが好き)、
みたいなのもあんまり信用しないというか、
やっぱりそのモノの価値を見るようにしたいなー。難しいけど。

4. 〜すべき

世の中にすべきことなんて何もない!
したいことをする!
「〜すべき」なんて、他人に対して使っていい言葉じゃない!

っていうのは過去記事で書きましたなー。

関連記事:「〜すべき」より「〜したい」を使いたい

まとめ

他にもあるかもしれないけど、絶対に使わないと決めてるのはこの4つ。
基本ゆるく生きているので、自分に厳しく課しているルールなんてほとんどないけど、
これだけはもうかれこれ10年、いや15年は守ってるなー。

そしてこの辺の言葉を使わないように心がけるようになってから、
ずいぶんと生きやすくなった気がします。

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
オニマガ特製の写真フィルターで
ブログやSNSの写真をおしゃれに
Lightroomプリセット
どんな写真でもボタン一発で簡単におしゃれな写真に加工できる、写真編集アプリ「Adobe Lightroom(PC用&無料モバイル版用)」プリセット発売中!
Update:2020-10-22) by
関連記事