最終更新:2022年4月21日

乳酸菌発酵の力で花粉症対策!キムチをたくさん食べてるけど、はたして効くのか?

ワードプレステンプレート「Minimal WP」
簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

毎年この時期になると花粉症対策を色々考えるわけですけど、
今年は「キムチをたくさん食べる」というのをやっています。
基本、食べ物でなんとかするという作戦。

たしか去年はヤクルト、ネトル、エルダーフラワー、トマトジュースを試したんだけど、
実際のところ効いてるのか効いてないのか、いや気休めな気もするけど、
試してみること自体が楽しいので、それはそれで良しとしています。

で、今年はキムチの乳酸菌発酵の力を試してみることにしました。

乳酸菌発酵の食品で腸内環境を整える作戦!

乳酸菌発酵の食品の代表的なやつが「キムチ」と「ヨーグルト」。
食べると腸内環境を整えてくれてアレルギーがおさまるので、
花粉症にも効くんじゃないか!という噂。

ヨーグルトは昔からよく言われていますよね。
ただ普通のヨーグルトは動物性乳酸菌なので、
腸に届く前に死んじゃうんだって。だからどんだけ食べても効果無し。
最近よくある「腸まで届く乳酸菌」って書いてあるやつを選ばないとダメ。

2016年の我が家の花粉症対策はキムチに決定!

そして今年はキムチをメインにしました。
キムチは植物性乳酸菌で発酵している食品なので、
腸内環境にバツグンにいい!という噂。

ちょうど家の近所に自家製キムチを売ってくれる韓国料理屋さんと、
韓国キムチの持ち帰り専門店があったので、
試しに買ってみたら、これがとっても美味しい!
美味しくて花粉症に効くなら良いんじゃないのー!ってことで。

ちなみに、スーパーで売ってるキムチの多くは、
唐辛子と砂糖と化学調味料がほとんどのキムチ液に漬けただけってやつで、
乳酸菌発酵してないので、それは食べても花粉症には効果が無いらしいです。

まとめ

というわけで、今年の花粉症、和らいでくれると良いけどなー。
結果は1〜2ヶ月後に!

【追記】さらにケフィアも導入しました。乳酸菌+酵母菌のパワー!
花粉症対策にホームメイドケフィアを作ってみた!効果はいかに? >

関連記事



新着記事
同じテーマの記事を検索