最終更新:2022年11月17日

カメラが欲しい病って、ほんっと面白いね

ワードプレステンプレート「Minimal WP」
簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

カメラを買うのってめちゃくちゃワクワクしますよね。
でもほんとに面白いのは買う行為よりも、
買うまでにあーでもないこーでもないって悩むところで。

これ自分で悩むやつも相当楽しいですけど、
他人の悩んでる様子も相当楽しいですよね。
自分の懐は痛まないので、こんなのもいいんじゃない?
あんなのもあるしね!あれもこれも欲しいよね〜、みたいな。

とにかくカメラが欲しい病というのは、自分事でも他人事でもおもしろい。

カメラが欲しい病って、ほんっと面白いね

一旦、欲しいカメラやレンズが気になると、
あれとこれの組み合わせにしてみたらどうかしら?
50mmだったらこれだけど、35mmだったらこっちかな、
あっちのお店だといくらかな〜いやネットオークションに出てるかな〜、
なんて永遠のネットサーフィンが続くわけで。

今は特にインターネットで、実際に使ってる人の話が読めたり、
作例が見れたりするので、余計に迷う迷う。
そしてその迷うのがまた楽しい。
ほしい物リストは増える一方。

と言いつつも、今年は中古カメラ1つと、レンズ2本しか買ってないので、
例年からは考えられないくらい、カメラ関係にお金使ってないなぁ。
それもこれも去年ライカQ2を買っちゃったからなんだけど。
やっぱりQ2買うと、使いやすすぎて他のが買えないわ〜。

関連記事:ライカQ2を買ったら他のカメラが買えなくなった問題

でも買えないとしてもやっぱり、
あれが欲しいこれが欲しい、こっちとこっちの組み合わせはどうかしら?
なんて考えるのはやっぱり楽しいので、
カメラ欲しい病はいつまで経っても治らないわけですね。

そんなわけで、最近読んで面白かったのが、
赤瀬川原平(尾辻克彦)の中古カメラが欲しい病の本。

中古カメラといっても、現代の話ではなくて、
昔のフィルムカメラやクラシックカメラの話なんだけど、
カメラが欲しい病というのは、昔も今も変わらないんですねぇ。

関連記事:Amazonのエンタメ系サブスク(Music Unlimited・Kindle Unlimited・Audible)が今だけ無料の激安キャンペーン中!

関連記事
新着記事
同じテーマの記事を検索