ZOOMのハンディレコーダーH4nProでフィールドレコーディングを始めました!

2020年から新たに始めた趣味の1つ「フィールドレコーディング」。
約10年ぶりに音楽活動を再開しました。
その名の通り、野外とか日常生活とかの音を録音して楽しむわけですけど、
そのためのポータブルハンディーレコーダー「ZOOM H4nPro」を買いました。

これがスマホくらいの小ささなのに(厚みは3倍はあるけど)、
高音質で簡単に録音できて、超楽しい。
しかもパソコンとつないでUSBオーディオインターフェースとしても使える!万能!

ってことで、以下、ZOOMのハンディレコーダーH4nProについて。

フィールドレコーディングとは?

そもそもフィールドレコーディングってなんじゃ?って話なのですが、
その名の通りフィールドでレコーディングすることですね。
音楽制作のための音素材を録音することだったり、単にサウンドコレクターだったり、
人によって目的はいろいろだと思うけど、とにかくいろんな音を収集する遊び。

最近は子供と一緒に公園へ行って鳥の声を録音したり、
家で発せられる様々な生活環境音を録音したり、
そしてその音素材を使って音楽を作ったりして楽しんでます。

ZOOMのハンディレコーダーH4nProとは?

で、フィールドレコーディングをするのに必要な機材は、
とりあえず録音するための機械。
今はスマホもあるので、マイクさえ買えばそれだけでもいいのですが、
やっぱり趣味なので、機材を買うところからもう楽しみたいわけです。

それで「リニアPCM/ICハンディレコーダー」という、
無圧縮で高音質で録音できるレコーダーを買うわけですけど、
各種メーカーから色々でてるんですよね。
ソニーとかタスカムとかZOOMとか。選択肢は無限にあって。

で、あれこれ迷って最終的に買ったのが、メカ感高めな「ZOOM H4nPro」。
22,000円〜24,000円くらいで買える、コンパクトで高音質なやつ。
ちゃんとしたスペック的なことが知りたい方はこちらを

ZOOM H4nProの主な機能

  • XYステレオマイクを搭載してる
  • ステレオ指向角90度と120度の2パターンが選べる
  • 2系統のXLR入力もできる
  • 最高24bit/96kHzで録音できる
  • 4トラックMTR機能もある
  • USBオーディオ・インターフェースにもなる

ってあたりが最大のポイント。

何気にUDBオーディオインターフェースの機能が嬉しくて、
このマシンにギターやキーボードを挿して、パソコンと繋いで録音できます。

裏にスタンド用のネジ穴があるのも便利。

シューマウントアダプターで一眼レフカメラに取り付けることもできるし、
カメラ用・マイク用スタンドに接続したり、
ちっちゃいグリップスタンドみたいなやつをくっつけたりもできます。

H4nProの使い方

使い方は割と簡単で、基本は録音ボタン押せば録音されます。それだけ。
ややこしいことしなかったら、それくらいのものです。

このサイズなので、細々した操作はやっぱりやりにくいので、
このマシンだけでなんとかするって話じゃなくて、
ひとまず録音してあとはパソコンで編集って感じなら、単純に使えます。

野外で使うならモフモフの小動物みたいな、
風除けのウィンドスクリーン(ウィンドジャマー)は必須。
こないだ奥様の童謡DJの時に持ってったら、モフモフがやたらと子供に人気でした。

サンプル音源

で、さっそく撮ってみたやつ。

公園の鳥の声。

洗い物の音。

で、これ何に使うの?
っていうね。

まとめ

ってなわけで、これで何をするってことでもないんですが、
新しいこと始めるととりあえず日常が楽しいのでそれだけでOK!
カメラ始めたばっかりの頃、レンズを通して見るもの全てが新鮮!面白い!
みたいな、あの感じのサウンド版。

いや〜、今まで大きい音とかガチャガチャしたの嫌いだったし、
シリコン耳栓で防音無音リラックス!なんて記事も書いてるくらいだったのに、
ちょっとした騒音とかも聞いてて楽しくなる日がくるなんて!

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
Update:2020-04-04) by
関連記事