NY発!切れ味抜群の包丁「Hastエディションナイフ」を試してみました!

ワタクシ、キッチンツールが好きで、今一番探してるのが我が家の定番となる包丁。
ここ数年あれこれ買っては試したり、去年は岐阜県関市の刃物工場を見学したり、
これぞ!っていう包丁を探し求めていました。

で、先日、「ニューヨーク発の”Hastエディションナイフ”を試してみませんか?」と、
日本版プロジェクトを手掛ける会社からサンプルを送っていただきまして。
アメリカのクラウドファンディングでは1000万円以上集めたという人気の包丁。

で、使ってみたら、めちゃくちゃ切れ味抜群!デザインもグッド。こりゃ良い!

ってなわけで、以下、Hastエディションナイフの全貌を写真でお届けします。

Hastエディションナイフを試してみました!

こちらがHastエディションナイフ。
スッキリしたデザイン。

パンフレットによると、包丁の種類はいろいろあるみたいなんだけど、
今回チョイスしたのは8インチのシェフズナイフ。

今メインでよく使ってるのが日本の7寸包丁なので、
だいたい同じ大きさ。そこそこ大きいやつです。
お肉も野菜もフルーツもなんでもスパスパ切るのに便利なサイズ。

オールステンレスの一体型なので、衛生的だし、
シンプルでスッキリしたデザインがいいですね〜。
包丁に大事なのは「切れ味」と「耐久性」、
そして毎日使うものなのでやっぱり「デザイン」がとっても重要!
料理は気分が大事ですからね!

ハンドルが木製のやつも好きで愛用してるけど、
材質によっては手がちょっと乾燥してる時に滑る感じがあって、
ステンレスか滑らない木が好み(今一番愛用してる木製のはココボロ材)。

刃渡り20cm。
サイズはしっかりなので重さがあるかなーと思いきや、
手に持ってみるとめちゃくちゃ軽い!

測ってみると重さ約169g。あれ?実際の重さはそこそこあるなぁ。
うちにある同じ大きさの包丁より実際は重いのに、軽く感じます。
刃の薄さと重心のバランスが絶妙なのかなー。

ご覧の通り、刃の部分がめちゃくちゃ薄い(写真で伝わるかしら?)。

しかも持った時のフィット感も抜群。
持っただけでこれは使いやすそうな予感がします!

あと細かいところだと、刃元の先っちょ(アゴ)が丸くなってて怖くない、
ってのが嬉しい。いや、これは人によりますかね。
プロの料理人だとここの部分も使ってあれこれやるんでしょうけど、
ワタクシ、ここ使わないのでちょんちょんだといつも怖いんですよね〜。
なので個人的には嬉しいポイント。

さっそく使ってみます!

まずは公式動画にあったやつをやってみます。
トマトを置いたまま横向きにスライスしちゃうという、恐ろしい動画。
そんなうまいこと切れるわけないでしょ〜、っと実際にやってみました、、、、

スパー!切れる!!
力を入れなくてもスーッと入ってスパッと切れる!

刃がめちゃ薄いからか、素材にスーッと入っていく感じ。

どんどん切れる。なにこれすごい!

次に切りにく野菜と言ったらナスね。
柔らかいくせに皮がぱっつんとしてて、切れ味悪い包丁だと跳ね返されますよね。

これもスーのストン。
めちゃくちゃさっくり切れる。
持ち手の重みでいい塩梅に力が入るというか、無理に力をかける必要がありません。
ただ、輪切りだとやっぱりくっつきますわね。

薄切りも超楽チン。

よし、じゃあキャベツの千切りはどうだ!
これはお手のものというか早い早い。
どんどん量産できます。芯の部分までうっすーくサクサク切れます。

さらに硬い野菜でも。
ってことでやっぱかぼちゃかなーと思ったけど、
時期的に美味しそうなのが売ってなかったので、さつまいもで。
これまたサックサク切れる!
さつまいもがきゅうり並みに簡単にスライスできちゃう!

あっという間に完了。
これならさつまいもチップスが簡単にできるぜ!

ってことでオリーブオイルまぶしてオーブンでさつまいもチップス。
めちゃうま!

パンだとどうかな?

翌朝、朝ごはん用に、ル・プレジール・デュ・パンのバゲットを買ったので、
これを切ってみます。
すると、これがスッスのスー。切れる!

ためしに普段の包丁だと、、、むぎゅむぎゅのギコギコって感じになっちゃう。

愛用のパン切り包丁だと、、、もちろんスムーズ!
さすが専用の包丁。素晴らしい。

しかしHastエディションナイフも負けてない。スッスのスー。
パン切り包丁みたいなザクザク切る感じじゃなくて、スーっと切れる。

もっとふわふわの食パンとかだとどうかわかんないけど、
バゲットだとパン切り包丁と互角!
これ一本で済むなら朝食の準備もらくちん。
しかし調子に乗って朝から一本切り刻んでしまった!

水洗いで綺麗になる!

あと細かいところだと、水でさっと洗うと綺麗になります。
なんか特殊コーティングされてるのか、
汚れがつきにくいというかさっと落ちるのでお手入れも簡単っぽい。

耐久性はどうでしょ?(結果は1ヶ月後に追記)

あと、家で普段使いする包丁となると、やっぱり耐久性も気になりますよね。
新品の時はもちろんよく切れるけど、数ヶ月経つと切れなくなる、
そしてメンテナンスがめんどくさくて使わなくなる、、、ってのだと困るわけで。

ここから毎日ガシガシ使って、1ヶ月後の切れ味も検証してみようと思います。
それをクリアしてくれたら、我が家の定番に決定!ってことで(後日追記します)。

まとめ

ってな感じの、Hastエディションナイフ。
切れ味抜群、デザインもナイス、なんとも料理が楽しくなる包丁!
これで耐久性バッチリだったら最高ですね。
宣伝文句では耐久性のすごさが特徴らしいので、ここは期待大!

で、この包丁、日本登場はもう間も無くということで、
まずはクラウドファンディング「Makuake」に登場するみたいです。
詳細は公式サイトをどうぞ。

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
Update:2020-06-29) by
関連記事