最終更新:2021年5月16日

名古屋・栄バウムハウスのTHEO’S CAFE by JUCHHEIMに焼きたてバウムクーヘンを食べに行ってきました!

ワードプレステンプレート「Minimal WP」
簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

名古屋・栄バウムハウスのTHEO’S CAFE by JUCHHEIMが気になる!
ということで、奥様と娘様と一緒にバウムクーヘン食べに行ってきました!
人工知能(AI)搭載の専用オーブン「THEO(テオ)」が焼くバウムクーヘン。

THEOがバウムクーヘンを焼いてる様子をガラス越しに見学できて、
これがなかなか面白い!子供も大喜び。
そして肝心の焼きたてバウムクーヘンはふっかふかで美味しかった!

というわけで、以下そんな模様を写真でお届けします。

名古屋・栄バウムハウスのTHEO’S CAFE by JUCHHEIMに焼きたてバウムクーヘンを食べに行ってきました!

やってきました、栄のナディアパークの東隣。
新しくできたユーハイムの複合施設「BAUM HAUS(バウムハウス)」。
1階がEAT(フードホール)で、2階がWORK(シェアオフィス)って感じの施設。
2021年3月4日オープン。

BAUM HAUS。

1階のEATエリアは3店舗(カフェ、パン屋さん、デリのお店)+ポップアップ。
で、お目当てはTHEO’S CAFE by JUCHHEIM。

まずはタッチパネルで注文と決済。
完全キャッシュレスの完全セルフサービスです。
他のお店も全部共通でこの端末から注文&支払いって感じ。

これがAI搭載の専用オーブン「THEO(テオ)」。
自動でむにょーんって生地を付けてクルクルしてオーブンの中に入って、
ってのを繰り返してます。
しかもTHEOは本体の上に顔の画面が付いてて、表情がちゃんと変わる!

くるくる。

とろーん。

で、もう一個のアームのマシンがパレットナイフ的なやつを持って、
滑らかにしゃしゃーってやります。
っていう機械同士のやりとりを見学できるんだけど、
これが思いのほか面白くてついつい集中して見てしまいました。

一方、コーヒーは一杯づつCLEVERで淹れてくれます。
で、コーヒーの説明は特に何もなかったけど、
奥で豆を取り出す時にペットボトルから出してたのがちらっと見えたので、
もしかしたらミカフェートの豆かな。

ってことで、焼きたてバームクーヘンと、一切れのバウムBITE、
ズコット風バウムカップデザート、ホットコーヒー。
ちなみにイートインスペースは屋内はもちろん、テラス席もありますよ。

焼きたてバウムクーヘンの生クリーム添え。
変わったカットの仕方ですね〜。

ちょきちょき。

クリームつけて、、、

うまい!
バウムクーヘン超ふっわふわ!
卵の香りもぷ〜んとして美味しい!

ちなみにバウムBITE。テイクアウトにもいいやつ。
こっちは見慣れたカットの仕方で。
これも美味しい!
というかカットの仕方で味の感じ方がだいぶ違う!気がする!

ズコット風バウムカップデザートは、
バウムクーヘン+フルーツ+プリン+生クリーム、
っていうカップデザート。

ふわとろ〜。

うまい!

コーヒーは中煎りのバランスがいいやつ。

うまい!バウムクーヘンに合う〜!

『最後の一口もらっていい?』っと、目がかゆい我が子(花粉症)。

という感じで、ごちそうさまでしたー。
美味しかったー!ありがとうございました。
焼きたてバウムクーヘンはやっぱり美味しい!

今日の写真はCANON 6D mark2EF50mm F1.2LオニマガLrプリセットでお届けしました。

THEO’S CAFE by JUCHHEIM

愛知県名古屋市中区栄3丁目17-25 BAUM HAUS EAT 1F
食べログで詳細を見る

*営業時間・定休日・メニューは公式情報を確認してね!
関連記事
新着記事
同じテーマの記事を検索