最終更新:2022年6月16日

名古屋・神宮前「食事処ふじ」の名物まずいまずいころかつ定食を食べに行ってきました!

ワードプレステンプレート「Minimal WP」
簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

名古屋・神宮前「食事処ふじ」が気になる!ということで、
奥様と一緒にランチしに行ってきました!
「名物まずいまずいころかつ」という看板に惹かれてふら〜っと。

ころかつというのは一口サイズのころっとしたロースカツで、
これが揚げたてサックサクで柔らかくて肉感たっぷりで、うまい!
じゃなかった、まずい!実にまずい!いや〜最高でした!

というわけで、以下そんな模様を写真でお届けします。

名古屋・神宮前「食事処ふじ」の名物まずいまずいころかつランチを食べに行ってきました!

やってきました、名鉄神宮前駅の東側のエリア。
名鉄神宮前駅のパン屋さんGerman Sup/ex.にパンを買いに来たんだけど、
その前にランチしようってことで、駅裏のメインストリートを散策。

熱田神宮神門地の石碑を発見。
ほほー、大昔はこの辺りまで熱田神宮だったんですね!
そういえば20年くらい前、この辺りにインディーズ雑誌の編集部があって、
遊びに来たことがあったなーとか、思い出したり。

と、熱田区に来ると歴史を肌で感じずにはいられないわけですが、
この石碑のすぐそばにめちゃくちゃ気になるお店を発見。

「名物 まずいまずい ころかつ」。

看板メニューは、まずいまずいころかつ定食!

そんなまずいまずいって言われたら食べたくなっちゃう、
ってな具合でまんまと策に引っかかりまして、
この日のランチはここに決定。

「食事処ふじ」。
創業1959年ということで、なかなかの歴史があるお店。
洋食屋さんのような喫茶店のようなレストランのような定食屋さんのような、
つまりお食事処。

箸袋もまずいまずいロゴ入り。

メニューに看板の由来が書いてありました。

「おいしいと聞いて口に合わなかったら、ガッカリする。まずいと聞いて、もしおいしかったらお客さんは儲けもんだろう」そう言って初代が命名したのが始まりです。1959年の創業以来の看板メニューです。

そんなわけで、名物のまずいまずいころかつ定食と、
魚系が食べたかった奥様は、海フライ定食を注文。

お店はけっこう広いです。
古くからある感じの伝統の内装。
そして所々にドラゴンズ。

さっそく登場、まずいまずいころかつ定食と海フライ定食。
なんだか豪華な食卓。
小鉢にご飯にお漬物に赤だし付き。

ころかつってのは、ひとくちカツってことですね。
ころころっといい感じで揚がってます。

いただきまーす。
ソースで食べるタイプ。

サクサクッ!

まずい!こりゃ最高にまずい!
サックサクで中のお肉は柔らかくてジューシー。
めちゃめちゃごはんがすすむ味!

ご飯も普通盛りで、どんぶりです!

まずい!最高!

中のお肉はスティック状で食べやすい感じ。
ひとくちカツって衣のサックリ感が多めでいいですね。

奥様の頼んだ、海フライ定食。
エビフライと魚フライの盛り合わせ。

この魚フライがサックサクのフワッフワでジューシーで美味しい〜。

タルタルソースと合う!白米にも合う!

エビフライはしっかりのブリブッリ!
これまた最高。

赤だしも美味しい。
お店に入ってきたとき最初に、赤だしのいい香りがしたんですよねぇ。

食べたー!完食!
最高にまずかった!お腹いっぱいの大満足!

という感じで、ごちそうさまでしたー。
美味しかったー!ありがとうございました。
で、この後、食後のデザートを求めて、「菓子店sion」に向かったのでした。

今日の写真はLEICA Q2オニマガLrプリセットでお届けしました。

食事処ふじ

愛知県名古屋市熱田区花表町13-1
Googleマップで見る

*営業時間・定休日・メニューは公式情報を確認してね!
関連記事
新着記事
同じテーマの記事を検索