最終更新:2022年7月28日

有料noteで『人気ブログを作る秘訣番外編【ごはん写真をおしゃれに撮る7つのコツ】』を公開しました!

ワードプレステンプレート「Minimal WP」
簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

このオニマガブログは2013年に始めたのでなんともうすぐ10周年、
インスタグラムももう10年くらいやってて、
どっちもメインの内容は「ごはんの写真を撮って公開する」ってことで。

飽きもせず散歩してはごはんの写真ばっかり撮って、
いつしかそれが仕事になっちゃってって感じで、
さすがに外食ごはんの写真撮影に関してはノウハウがたまってきたので、
ガッツリとまとめた有料noteを公開しました

今回のnoteは「普通の人が普通にごはん食べに行って上手に写真を撮る方法」です。
テーブルセッティングやライティングをちゃんとして撮る広告写真みたいのじゃなく、
ただ日常の外食に行った先でチャチャっとインスタやブログ用にちょっと撮る写真。
なので、ややこしい撮影技術の話とかはあんまり出てきません。
それよりほぼほぼ8割は「段取りや心構え」で決まるっていう話です。

以下、もうちょっと中身を詳しく解説します。

『ごはん写真をおしゃれに撮る7つのコツ』目次

最初の2章がこのnoteのキモの部分です

  • 秘訣1. 座る席で8割決まる!(狙うなら●●)
  • 秘訣2. 光の当たり方を見極める!(狙うなら●●光)

カフェや飲食店でご飯の写真を撮るのって、誰もが簡単そうにやってるけど、
「おしゃれに撮る」「美味しそうに撮る」「なんだか良い感じに撮る」ってのは、
実はかなり難しいですよね。

だって、撮影用にセッティングされてるわけじゃないし、
普通にお客さんとしてご飯を食べに行って撮るわけなので、
席を立ったり、照明を変えたり、物を勝手に動かしたりできないし、
そもそもご飯を食べに行ってるんだから、
写真撮影に時間かけるなんて本末転倒(それより早く食べたい!)。
みたいな感じじゃないですか。

だからこそ、撮影の細かなテクニックよりも、
お店に入ってから実際に写真を撮る前の段取りがとっても重要になってきます。
これさえできれば適当に撮っても良い写真になる、
けどこれを間違えると何枚撮ってもダメな写真ばかり、
その見極め方と失敗しない方法を最初の2章で解説しました。

これだけ覚えたら大丈夫!っていう基本的な撮影テクニックです

  • 秘訣3. カメラはなんでもいい!レンズは単焦点「50mm」がベスト
  • 秘訣4. 座って見たままの角度で撮ればOKの理由
  • 秘訣5. カメラの設定は絞り優先モード(程よいボケ感のF値1.8〜2.8)
  • 秘訣6. 料理は出てきたらできるだけ早く撮る

撮影技術に関しては、もうすでに世の中にたくさん出回ってるので、
特に目新しいことは書いてません。
むしろ初心者の人でも「これだけ押さえとけばOK!」っていう、
最小限のコツで最大限の効果を産むポイントだけに絞りました。

後半はおまけです

  • 秘訣7. 撮影後のひと手間(プリセット加工)でシズル感を倍増!
  • まとめ. 結局は数をこなすことが一番大事
  • おまけ. インスタグラムでフォロワーを増やす方法

最後の3章はおまけです。
撮影後〜インスタやブログに公開するまでの話。
意外とここが大事だったりもするのですが、
それもこれも最初の2章があってこそなので、まあやっぱりおまけです。

まずは無料の「まえがき」部分をどうぞ

9,000文字以上のボリュームになってしまいましたが、
誰でも簡単に真似できる内容です。
特にカメラ初心者の人に向けて書きました。

  • 楽しくおしゃれな写真を撮りたい!
  • インスタのフォロワーを増やしたい!
  • ブログに綺麗な写真を載せたい!
  • 思い出をいい写真で残したい!
  • 友達に「何枚撮れば気が済むの?」って言われたくない!
  • 毎日楽しく暮らしたい!

って言うあなた、ぜひぜひ活用してください!
まずは以下のリンクから無料の「まえがき」部分をどうぞ!

note『ごはん写真をおしゃれに撮る7つのコツ』はこちら >

関連記事



新着記事
同じテーマの記事を検索