LOVERS’ NAGOYA:名古屋を愛する人たちの好物が詰まったインディペンデントなZINEが発行されました!(オニマガのオススメもちょっと執筆しましたよ)

「名物」より「好物」を集めた名古屋案内本「LOVERS’ NAGOYA」がついに出た!
大ナゴヤツアーズ発行の、名古屋愛に溢れたDIYでインディペンデントな1冊。
第一号は「伏見丸の内」編。

各号で1駅分の散歩できる範囲を特集するスタイルで、
その街を愛する人たちの「好物」ばかりが紹介されてて最高。ザ・偏愛。
ちなみに、ワタクシも最後のコーナー「らばーず倶楽部」でチラリと執筆しました。

というわけで、以下、LOVERS’ NAGOYAの全貌を写真でお届けします。

LOVERS’ NAGOYA

こちらがLOVERS’ NAGOYA第1号。
B6版32P。B5横長二つ折りな変形ZINE。しかも袋入り。完璧。

ワタクシ、昔ZINEをたくさん集めてた時期があって(わりと今でも)、
自分でも作ってるんだけど、ちょっと変わった折りのやつが大好き。
手作業が入ると正直大変だしお金も余計にかかるし、好きじゃなきゃやってられない!
っていうやつなんだけど、やっぱりZINEはこういうもんだよねーっていう。
なのでまず最高。

Let’s Walk!

そういえば、LOVERS’ NAGOYAでも「知ったかぶり名古屋」コラムを執筆されてる、
編集者の岡本仁さんが、かれこれ5年くらい前に、
ローカル(地方)がもっとおもしろくなるためには?ってインタビューに、

『WALK!自分の住んでいる町をくまなく歩いて良く知ることですね。
そしてそれを誰かに伝えること。』

って答えてて、もうまさに!ガツーン!って感じで。
ワタクシもかれこれ6年くらい名古屋を散歩してはブログ書いてってやってますが、
そんなアティチュードがこの一冊には詰まってます。こういうの待ってた。

第1号は伏見丸の内
このエリアはビジネス街でもあるけど、
アート、カルチャー、芸能、文化、歴史、飲食、公園と、あれこれ揃ってて、
歩いてみるといつでも新しい発見があるエリア。

散歩しながらあれこれ感じようっていうね。

この街を好きすぎる人たちが、好物をオススメしまくる内容。
新しいとか古いとか、流行ってるとか流行ってないとか、
みんなが好きかどうかとか、そういうの全く関係なく、
好きなものは好きっ!と発信する潔さがワタクシやっぱり好きで、
読んでて楽しくなります。

切り取りできる空白のマップもついてるので、
自分のお気に入りをどんどん書き込んで完成させる楽しみもありますよ。
今度これ持って散歩してみよっと。

最後のミニコーナーは、名古屋愛を100文字で叫ぶ「らばーず倶楽部」。
普段から名古屋の魅力を発信している10名が執筆、ってことで、
本を開くまで誰が書いてるのか知らなかったんですが、錚々たる顔ぶれ。
そんな中に、ワタクシもこっそり執筆させてもらいました。

っていうLOVERS’ NAGOYA。
購入&詳細は以下のページからどうぞ。

オニマガ特製 WordPressテンプレートで
ブログやホームページ始めませんか?
ワードプレステーマ「Minimal WP」
オニマガ特製シンプル&ミニマルデザインのWordPressテンプレートを使えば、誰でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!
Update:2020-05-15) by
関連記事