最終更新:2022年9月22日

名古屋・六番町のパン屋さん「KANIEベーカリー」に行ってきました!

ワードプレステンプレート「Minimal WP」
簡単にシンプルでおしゃれなホームページが作れるWordPressテンプレート「Minimal WP」

名古屋・六番町のパン屋さん「KANIEベーカリー」が気になる!ということで、
奥様と一緒におやつのパンを買いに行ってきました!
創業120年の製粉会社の工場直営みたいなパン屋さん。

名古屋の名店(味仙・イトウコーヒー・亀屋芳広・くすむら・妙香園とかとか!)と、
コラボしたパンがたくさんあって、なんだか楽しいランナップでした。
パンはフワッフワな感じで美味しかった!

というわけで、以下そんな模様を写真でお届けします。

名古屋・六番町のパン屋さん「KANIEベーカリー」に行ってきました!

この日は朝から奥様と一緒に名古屋港までサイクリングして
中川運河沿いに帰る途中、昭和橋公園と玉川小学校の間の道を通ったら、
どこからか完全にパンの焼けるいい香りがする!どこだ?どこだ?
そしたらでっかい工場みたいなところにパン屋さん的なイラストを発見。

完全にこれパン屋さんだわ。

「KANIEベーカリー」。
あ!カニエベーカリーって蟹江じゃなくてKANIEなのか!

いや〜、名前は前から聞いてたんです。音で。かにえべーかりー。
カニエベーカリーっていうくらいなんで蟹江町にあるんだろうなーっと思ってて。
そしたらまさかの中川区にあった!
しかも数日前に奥様がユニクロでカニエベーカリーのコラボTシャツなんてのが
売ってたよ〜なんて話をしてたばかりで。なんちゅうタイミングの良さ。

入り口になんか機械と小麦粉の袋のディスプレイ。
蟹江製粉株式会社。
製粉会社のパン屋さんなんですね。
てことは、このでっかい工場全体がカニエベーカリーなのか!

KANIEベーカリー。シンス1902。創業120年!

歴史も書いてありました。

明治35年(1902年)開業。
昭和38年(1963年)蟹江町に製粉工場を建設。
昭和52年(1977年)名古屋市中川区のこの地に中川工場を建設。

あ、やっぱり蟹江町なのね。
で、このパン屋さんは2020年4月16日にリニューアルオープンしたみたい。

小麦粉のこだわりも。

普通のパンももちろん売ってるんだけど、
名古屋の名店とのコラボ商品がたくさんあって面白い。
ってことで、コラボ商品をいくつかおやつにお土産で買うことにしました。

買ったー!
家に帰っておやつに食べよう〜。
それにしても中川区はほんと知らない街なので、
どこを通ってもなんかしら見つかって面白いなぁ。

しかも帰りに適当に通った道が前に行った「小さなパン家 クロまる」の道だった、
ので、前回気になった超でかい滑り台に登ってはしゃぎました。
最高。

家に帰っておやつタイム!

今回、3種類買ってみました。
味仙とコラボした台湾ドッグ、
イトウコーヒーとコラボしたコーヒーロールパン、
亀屋芳広とコラボしたあんぱん。

おやつの時間!

リベイクしまして、コーヒーと一緒に。

まずはイトウコーヒーのコーヒーロールパン。
持った感じ、フワッフワ。

フワッフワ。

うまい!
完全に、コーヒー!コーヒー!イトウコーヒー!
しっかり本格なコーヒーの味がする。

これマスカルポーネチーズに合いそうだな〜、ってことで挟んでみました。
ほんのりティラミス的な感じになって美味しい!

味仙の台湾ミンチがこれでもか!っと入った自家製ドッグ。
これ絶対辛いよねぇ〜。

奥様は辛いの苦手(味仙の台湾ラーメンはアメリカン派)なので、
恐る恐るパクっ。

うまい!辛い!ヒー!

これは最高だな〜。
めちゃくちゃピリッと辛くて完全に味仙。
パンはこれもフワッフワ。
これはペロっといける!

亀屋芳広の小倉あんとコラボしたブリオッシュあんぱん。
これは我が子用。

あんこたっぷり!

めちゃうまい〜!
これはもう間違いない美味しさですね。
和菓子屋さんとパン屋さんの完璧なコラボ。

という感じで、ごちそうさまでしたー。
美味しかったー!ありがとうございました。
名古屋めし的なコラボパンって楽しいですね〜!

今日の写真はLEICA Q2でお届けしました。

カニエベーカリー

愛知県名古屋市中川区玉川町1-1
Googleマップで見る

*営業時間・定休日・メニューは公式情報を確認してね!
関連記事
新着記事
同じテーマの記事を検索