やっぱりAppleという会社はおもしろすぎる!

ジョナサン・アイブ

いやいや、これスーパー面白かった!
毎度Apple関連本は新しいのが出れば飛びついて読んでて、
それはそれはだいたい面白いんですけど、
この「ジョナサン・アイブ」は歴代1、2を争う面白さでした。
デザインやってる人とかモノ作ってる人はビビビーっ!と来ること間違い無し。

スポンサーリンク

我がアップル遍歴

ワタクシがApple製品を使い始めたのって、ちょうど大学生になった時で、
初めてのパソコンが「Macintosh Performa 5430」でした。1996年のこと。
っていうのはそういえば昔のブログで「アップル遍歴」書いたなー。

人生を変えたApple遍歴 | 日刊オニマガ

2011年ジョブズの命日に書いたこの記事によると、
今使ってるiMacでApple製品13台目かー。まあまあ買ってるね。
約18年買い続けてることになるわけで、あーおそろしい。

昔はMac派なんてほんとにほっとんどいなくて、Appleなにそれ?的な感じで、
Mac使ってるって言うだけで仲良くなれたような時代があったけど、
今や誰もかれもがiPhoneなわけで。
この本読むと、めちゃくちゃ細かいとこまで気合い入れて作ってたんだなー
というのがビシバシ伝わってきてすごい。
こっちもそりゃ気合い入れて買い続けるわけだわーって言う。

で、我が人生にものすごい革命をもたらしたのがやっぱり初代iMacで、
ちょうど復帰したジョブズとデザイナーのジョナサンアイブが今の路線で一緒にやり始めた頃。
このマシンを買った事が、自分の今やってる全ての事に繋がってるわけで、
自分のApple歴と本の内容がちょうどピッタリしてて面白かったわけです。
あの時の裏側がどうだったのかーなんて話が、
ジョブズ側ではなくてデザインチーム側から語られているというのがとても面白いです。

ちなみにアップル関連本でダントツ面白かったのが、以下のやつ。
iPhone使ってるけど、Appleという会社の事はよく知らんという人にもおすすめ。

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学
ケン・シーガル
NHK出版
売り上げランキング: 25,723
スティーブ・ジョブズ I
ウォルター・アイザックソン
講談社
売り上げランキング: 1,910
スティーブ・ジョブズ II
ウォルター・アイザックソン
講談社 (2011-11-02)
売り上げランキング: 2,965
ジョナサン・アイブ
ジョナサン・アイブ

posted with amazlet at 15.02.03
リーアンダー・ケイニ―
日経BP社
売り上げランキング: 415
【こちらの記事も合わせてどうぞ】
アップル帝国の正体
オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート
ワードプレステーマ「Minimal WP」
このテンプレートを使ってブログのアクセスが月間40万PV超に成長しました。そんなノウハウ満載のミニマルデザインのWordPressテンプレート。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます。
同じカテゴリの記事
by