ゲンナリ君とスーマト君。金曜の夜、とあるライブハウスにて。

2013-09-01 19.55.22

*写真と本文は関係ありません。

シーン1:ゲンナリする受付

ー 金曜の夜、とあるライブハウス

(『ガチャ』扉が開き、会社帰りとおぼしき2人の女性客、田中たな子と吉田よし子が入ってくる)

ゲンナリ店員「・・・」

田中たな子「取り置きした田中です。」

ゲンナリ店員「田中さん・・・どのバンド?」

田中たな子「(恥ずかしそうに)ちょ、ちょ、、、ちょんまげ太郎楽団です。」

ゲンナリ店員「田中、田中、田中、田中、、、、(リストから探す事1分)。あ、あったあった。3枚取り置きの田中さん?」

田中たな子「はい。もう1人は後で来ます。」

ゲンナリ店員「・・・。ドリンク代500円と合わせて一人2500円ずつね。」

(『チャリン』お金を払う田中たな子と吉田よし子)

ゲンナリ店員「・・・。はい、ドリンクチケット。」

(『ガチャ』重い扉を開けて入場する田中たな子と吉田よし子)



ー オープンから1時間後

(『ガチャ』扉が開き、上司の田中たな子に無理矢理誘われた、後輩の佐々木ささ子が急いで入ってくる)

ゲンナリ店員「・・・」

佐々木ささ子「田中で取り置きしてあると思うんですが。」

ゲンナリ店員「田中さん・・・どのバンド?」

佐々木ささ子「えっと、ちょっと分からないです。」

ゲンナリ店員「田中、田中、田中、田中、、、、(リストから探す事5分)。あ、あったあった。ちょんまげ太郎楽団で合ってる?」

佐々木ささ子「はい。たぶんそうです。」

ゲンナリ店員「ドリンク代500円と合わせて2500円ね。」

(『チャリン』2000円じゃないのかよと思いながら、しぶしぶお金を払う佐々木ささ子)

ゲンナリ店員「・・・。はい、ドリンクチケット。」

(『ガチャ』重い気分で重い扉を開ける佐々木ささ子)



ー オープンから1時間半後

(『ガチャ』また扉が開く。そう、今日は金曜日。残業で退社が遅くなってしまった岩崎さき子が急いで入ってくる。目当てのちょんまげ太郎楽団のスタート時間はもうギリギリ。焦る岩崎さき子34歳)

ゲンナリ店員「・・・」

岩崎さき子「取り置きした岩崎です。」

ゲンナリ店員「岩崎さん・・・どのバンド?」

岩崎さき子「(恥ずかしそうに)ちょ、ちょ、、、ちょんまげ太郎楽団です。」

ゲンナリ店員「岩崎、岩崎、岩崎、岩崎、、、、(リストから探す事1分)。リストに名前が無いねー。」

岩崎さき子「え?おかしいですね。ちゃんとメールしたんですけど。(焦る岩崎さき子34歳)」

ゲンナリ店員「・・・(再びリストから探す事1分)。誰に取り置きお願いしたの?」

(『ダッダーン!ボヨヨン!ボヨヨン!』ちょんまげ楽団のオープニングテーマが漏れ聞こえてくる。焦る岩崎さき子)

岩崎さき子「(焦りまくりながら)ちょ、ちょ、、、ちょんまげ太郎楽団のリーダーの、こ、こ、ここ、こば、こば、小早川次郎の助五右衛門太郎ジュニアさんです!」

ゲンナリ店員「あ〜ジュニちゃんね。おかしいなぁ、名前載ってないなー。どうしようか?(考える事1分)」

岩崎さき子「・・・。(焦りすぎて放心状態の岩崎さき子34歳)」

ゲンナリ店員「じゃあまあいいよ。ドリンク代500円と合わせて2500円ね。」

(『チャリン』1万円札でお金を払う岩崎さき子34歳)

ゲンナリ店員「(舌打ちしつつ)細かいの無い?」

岩崎さき子「あ、、えっと、無いです。(めんどくせぇやつだなー、無いから1万円出してるんじゃねぇか、そりゃ細かいの持ってないのも悪いけど、聞き方ってもんがあんだろこの野郎!と元ヤンキー時代を思い出してしまう岩崎さき子34歳)」

ゲンナリ店員「・・・。はい、じゃあおつりね。」

岩崎さき子「・・・。(おせーよ、早くおつり出せよ、もう始まっちゃってるんだよ!締め上げるぞこのやろう!と元ヤンキーが顔を出し始める岩崎さき子34歳)」

ゲンナリ店員「・・・。はい、ドリンクチケット。」

ゲンナリ店員「ちょっと待って。はい、チラシ。」

岩崎さき子「・・・。(いっぺんに出せよ!トロトロやってるから、1曲目終わっちゃったじゃねーか!2代先まで祟るぞこの野郎!と元ヤンキーが完全に顔に出てしまっている岩崎さき子34歳)」

(『ガチャ』鬼の表情で急いで会場に入る岩崎さき子34歳)

シーン2:スマートな受付

ー 金曜の夜、とあるライブハウス

(『ガチャ』扉が開き、会社帰りとおぼしき2人の女性客、田中たな子と吉田よし子が入ってくる。)

スマート店員「いらっしゃいませ!」

田中たな子「取り置きした田中です。」

スマート店員「田中さんですね。ドリンク代500円と合わせて一人2500円ずつです。(田中×2とメモ)」

(『チャリン』お金を払う田中たな子と吉田よし子)

スマート店員「2500円ずつお預かります。こちらはドリンクチケットです。」

田中たな子と吉田よし子「あとで、遅れてもう1人きます。」

スマート店員「かしこまりました。(田中×3とメモを修正)」

スマート店員「入り口はこの奥になります。暗いので足下にお気をつけてどうぞ。」

お客「ありがとう。」

(『ガチャ』重い扉を開け会場に入る田中たな子と吉田よし子)

スマート店員「田中、田中、田中、田中、、、、(リストから探す事5分)。あ、あったあった。ちょんまげの田中さんね。(田中×3の欄にチェックを入れる)」



ー オープンから1時間後

(『ガチャ』扉が開き、上司の田中たな子に無理矢理誘われた、後輩の佐々木ささ子が急いで入ってくる。)

スマート店員「いらっしゃいませ!」

佐々木さき子「田中で取り置きしてあると思うんですが。」

スマート店員「はい、承っております。ドリンク代500円と合わせて2500円です。(田中×3の欄にチェックを入れる)」

(『チャリン』2000円じゃないのかよと思いながら、しぶしぶお金を払う佐々木ささ子。)

スマート店員「2500円お預かります。こちらはドリンクチケットです。先のお二人はもう入場されてます。暗いので足下にお気をつけてどうぞ。」

お客「ありがとう。」

(『ガチャ』スマート店員のスマートな対応にちょっと気分が晴れて、扉を開ける佐々木ささ子)



ー オープンから1時間半後

(『ガチャ』また扉が開く。そう、今日は金曜日。残業で退社が遅くなってしまった岩崎さき子が急いで入ってくる。目当てのちょんまげ太郎楽団のスタート時間はもうギリギリ。焦る岩崎さき子34歳)

スマート店員「いらっしゃいませ!」

岩崎さき子「(焦った表情で)取り置きした岩崎です。」

スマート店員「岩崎さんですね。ドリンク代500円と合わせて2500円です。(岩崎×1とメモ)」

(『チャリン』1万円札でお金を払う岩崎さき子34歳)

スマート店員「1万円お預かりします。おつりの7500円とドリンクチケットです。ちょんまげ楽団がもうすぐ始まりますので、お急ぎください。暗いので足下にお気をつけてどうぞ。」

お客「ありがとう!」

(『ガチャ』安堵の表情で急いで会場に入る岩崎さき子34歳)

スマート店員「岩崎、岩崎、岩崎、岩崎、、、、(リストから探す事5分)。リストに名前が無いなぁ。たぶん漏れてしまったんだな。(考える事5秒。名前を追加)」

ーーー

*この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。

音楽の明日を鳴らす~ソーシャルメディアが灯す音楽ビジネスマーケティング新時代~
高野修平
エムオン・エンタテインメント
売り上げランキング: 138,132

2013-09-11 | Posted in Life / シンプルライフ
オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート発売!
ワードプレステーマ「Minimal WP」
月間30万PV超のノウハウを詰め込んだ、ミニマルデザインのWordPressテンプレートを販売中。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!ブログ始めるなら今がチャンス!
関連記事
オニマガをフォローしよう!
follow us in feedly

Life / シンプルライフ 新着記事

オニマガの新着記事

ホームページの作り方「Minimal WP」
ウルウル
バナー広告の募集について>
過去記事検索