貸し布団屋さんで来客用のふとんをレンタルしてみました!

IMG_8499

先日、アメリカから友人が名古屋に遊びにやって来て、我が家に2泊することになりまして。
で、部屋はあるけど、来客用のふとんが無い!ということで、
貸し布団屋さんでふとんのレンタルを頼んでみました。

ネットで注文するだけで指定の日に布団が宅急便で送られて来て、
使い終わったら集荷に来てもらって、ハイおしまい。
しかも買うより全然安い!と言う感じで、なるほど布団レンタル便利だわ!

と言うわけで、以下貸し布団(ふとんレンタル)の良いところと惜しいところをまとめました。

スポンサーリンク

貸し布団屋さん「フジヤT&Tサービス」でふとんをレンタル!

今回、布団のレンタルをお願いしたのは、
全国対応の貸し布団屋さん「フジヤT&Tサービス」。
貸し布団を検索するとけっこうたくさん会社が出てくるんですよね。
で、正直どこでも良いというか(と言ってしまうと元も子もないけど)、
サービスと値段とシステムをいろいろ検討した結果ここにしました。

貸し布団のシステム

掛け布団、敷き布団、毛布、まくら、シーツ、枕カバーと、
必要なものが全部セットになっていて、
注文すると指定の日に宅配便で届いて、使い終わったら宅配便に集荷に来てもらう。
というだけのシンプルな仕組み。便利!

布団はでっかい袋に入って届いたんだけど、
これ袋が段ボール的な扱いなわけで、かなりボロボロできったない。
宅急便の人も普通にこれ床に置いてズンズン運んで来たので、
家に入れるとゴミも着いてくる、と言うのだけが難点。

貸し布団の料金

今回は「冬羊毛2組(毛布あり)×2泊」ということで、
1組3,456円×2組で6,912円。
あと送料無料だけど、代引き手数料が324円で、合計7,236円。

ここの会社は2組以上借りる場合は1泊でも2泊でもレンタル料金は一緒。
ただ、1組だけ借りる場合は、7泊までは1泊あたり4,968円というちょい割高料金。

布団ってセットで買うと安くても5,000円くらいはするし、
たまにしか使わない布団を保管しておくコストはもっと高いし、
最後捨てるコストも考えると、来客用に持っておくというのはなかなか贅沢。
なので、我が家はレンタル派になりました。

貸し布団のメリットとデメリット

IMG_8779

貸しふとんのメリット

  • 必要なもの全てがセットになって届く
  • ちゃんとクリーニングされた綺麗なやつが届く
  • 買うより断然安い
  • 事前に干したり、シーツを洗ったりの手間が無い
  • 重いやつ持って来てくれて、引き取りに来てくれる

貸しふとんのデメリット

  • 受け取る時間に家にいないといけない
  • 集荷の時間に家にいないといけない

デメリットは別に貸し布団に限った話ではなくて宅配の宿命。
ただ、今回借りたフジヤT&Tサービスは、
納品の遅延等が心配な人への対応で1日前納品のサービスを無料でやってました。

たしかに、当日受け取りだと天候とかで宅配便が遅れて届かないとか、
お客さんを迎えに行ってたりでずっと家が留守とか、いろいろありますからねぇ。
これはなかなか気がきくサービス。

まとめ「布団レンタル超便利!」

初めて貸し布団サービスというのを使ってみたけど、これはお気軽でいいですね。
とにかくラクチン。
モノを持ちたくないミニマリスト向けでもありますね。

というわけで「【保存版】ミニマリスト・シンプルライフの為のレンタルサイト37選」にも追加しておこうと思います。


2017-01-12 | Posted in シンプルライフ
オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート
ワードプレステーマ「Minimal WP」
月間30万PV超のノウハウを詰め込んだ、ミニマルデザインのWordPressテンプレートを販売中。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!ブログ始めるなら今がチャンス!
関連記事
同じカテゴリーの記事

オニマガの新着記事