インスタグラムからワードプレスブログに自動投稿させる「Intagrate Lite」はInstagramのパスワードを変更したらデータベースのwp_optionsからも不要なデータを消さないと再ログインできなくなる

今やSNSの代表選手的なInstagram(インスタグラム)ですけど、
WordPressでブログやサイトを運営してるなら、
プラグインで簡単にインスタ投稿をブログに自動投稿できるので超便利。

関連記事:InstagramからWordPressへ自動投稿するプラグイン「intagrate Lite」の設定方法

というわけで絶賛愛用中なのですが、先日、Instagramのパスワードを変更したら、
intagrate Liteにログインできなくなってしまいまして。
プラグインを削除して再インストールしても全然ダメで。

『あ、そうだ、そうだ、プラグインは削除しても、
レンタルサーバーのデータベースに情報が残ってるからそれ消さないとダメだったわ!』
と、思い出しまして、無事解決。

同じようなことになっちゃう人がいるかもしれないので、
以下、そんなののやり方を記録しておきます。

スポンサーリンク

WordPressのプラグインの不要な情報をデータベースのwp_optionsから削除する方法

レンタルサーバーの管理画面から「データベース」にログインします。
(上の画像はロリポップの画面。だいたいみんな一緒だと思う)
すると訳の分からない文字がたくさん並んでるんですが、
修正すのは一カ所だけ「wp_options」っていうテーブルです。

その中の「itw_xxxxx」っていうのが「intagrate Lite」関連のデータ。
プラグインを削除してもう一回有効化しても、
以前のデータをここから引っ張りだして来て、前の設定に戻っちゃうわけですね。
なので、この辺を消して、再度設定し直せばOK。

簡単なことなんですけど、データベースを直接いじるのは、一歩間違えるとエラい事になるので、
ちゃんとバックアップを取って慎重にどうぞ。
もしかしたらプラグインでも同じことが簡単にできるやつがあるかもしれません。

intagrate Liteの使い方はこちらをどうぞ。
InstagramからWordPressへ自動投稿するプラグイン「intagrate Lite」の設定方法

インスタグラムを更新するだけで公式サイトを運用してみたり

ちなみに、ワタクシが作ってるMinimal WPの「folclore」ってテーマがあるんですけど、
このテンプレート+プラグイン「intagrate Lite」を使うと、Instagramだけ更新してても、
それなりに公式サイトがちゃんと運営できるというような感じのを狙って作りました。

これからブログ始めたいわーっていう人は、
レンタルサーバー(独自ドメイン)+WordPressがおすすめ。
無料ブログだとちょっともったいないので(蓄積の資産にならない!)。

よかったらチェッキングしてみてくだされ。
ワードプレステンプレート「Folclore」(レスポンシブデザイン) | Minimal WP


2016-12-21 | Posted in ワードプレス・WordPress
オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート
ワードプレステーマ「Minimal WP」
月間40万PV超のノウハウを詰め込んだ、ミニマルデザインのWordPressテンプレートを販売中。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!ブログ始めるなら今がチャンス!
関連記事
同じカテゴリーの記事

オニマガの新着記事