InstagramからWordPressへ自動投稿するのをIFTTTからプラグイン「Instagrate to WordPress」に変更しました

2016-04-26-18.57

毎度のことながら、SNSというのはしょっちゅう仕様が変更になるわけでありまして。
ここ数日、InstagramからIFTTTでWordPressへ自動投稿してたやつが、
またしても調子悪くなりました。

具体的には画像のURLの後に「?ig_cache_key=XXX」ってのが入るようになって、
なぜかアイキャッチ画像がうまく出なくなっちゃいました。
あと原因は不明だけど、「!」や「。」みたいなのが消えたりしてテキストもなんだかおかしい。

というわけで、長らく使っていたIFTTTはやめにして、
WordPressプラグインの「Instagrate to WordPress」に変更しました。

スポンサーリンク

WordPressプラグイン「Instagrate to WordPress」の使い方

使い方は簡単で、プラグインをインストールしたら設定画面開いて、
ちょめちょめっとお好みの項目を選ぶだけ。
ワタクシは以下のような感じに設定しました。

英語なのでややこしいっぽいけど、簡単です。

Last Image:

これは過去のどの投稿から連携させますか?ってやつ。
デフォルトのまま最新のを選択してしておけば、次回のInstagram投稿から連携されます。

Image Size:

その名の通り画像のサイズ。
ワタクシはブログの本文枠に合わせて640pxにしました。

Image CSS Class:

CSSであれこれもできるみたい。ワタクシは使いませぬ。

Wrap Image in Link to Image

画像にリンク貼る?っていうチェックボックス。
画像をクリックすると別ウィンドウで同じのが開くだけなので全く不要。

Select Image Saving:

画像の表示方法を、インスタの画像に直リンクにするか、自分のブログに取り込むか、
ってな選択。
ワタクシは自分のブログのメディアライブラリーに入れたかったので、
「Save Image to Media Library」の方を選択。

Featured Image Config:

画像の投稿形式はどうするの?ってやつ。

◎No Featured Image⇒アイキャッチ画像無しで投稿。
◎Featured and Post Image⇒アイキャッチ画像と本文に画像を投稿。
◎Featured Only⇒アイキャッチ画像のみ投稿。

Post Category:

その名の通り投稿するカテゴリーの指定。

Post Author:

その名の通り投稿者の指定。

Post Format:

よく分からないけど、Standardしか選択出来ないので、Standardで。

Post Date:

投稿日時はどうするの?って選択。

◎Date at Posting⇒ブログに投稿した時間
◎Instagram Image Created Date⇒Instagramに投稿した時間

なんだけど、これ要注意で、ブログに投稿した時間を選んどかないと上手くいかないみたい。

Post Status:

いきなり投稿か、一旦保存か。

Custom Post Type:

投稿か固定ページか。

Default Title Text:

空欄のままならインスタの本文がそのままタイトルになります。

Custom Title Text:

カスタムも出来ます。
ワタクシの場合は「%%title%% (Instagram)」にしました。

Custom Body Text:

これも%%image%%と%%title%%を使ってお好みにカスタムできます。
HTMLコードもそのまま使えます。

あとはノーチェックで、設定保存。
以上、おわり!
これでまた正常に連携することが出来るようになりましたー。

という感じで、今月はインスタグラム強化月間なので、
ぜひオニマガインスタグラムをフォローよろしくどうぞ。


2016-05-04 | Posted in ワードプレス・WordPress
オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート
ワードプレステーマ「Minimal WP」
月間30万PV超のノウハウを詰め込んだ、ミニマルデザインのWordPressテンプレートを販売中。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!ブログ始めるなら今がチャンス!
こちらの記事もどうぞ
オニマガをフォローしよう!
follow us in feedly

ワードプレス・WordPress 新着記事

オニマガの新着記事