手網自家焙煎でコーヒーを作る方法(浅煎り編)

coffee

ちょっと前にコーヒー手網焙煎の方法(2014年版)を書いたのですが、
さらに浅煎りに限って言うと、もっと美味しく出来るやり方に行き着いたので、
本日は浅煎り編ということでまとめてみます。

スポンサーリンク

手網自家焙煎でコーヒーを作る方法(浅煎り編)

<用意するもの>
・手網
・アルミホイル
・クリップ1〜2個
・洗う用と冷ます用のざる
・軍手
・うちわ
生豆(125g)

SA18-8ステンレス木柄 丸型ギンナン煎りBGV08
新越金網
売り上げランキング: 8,043

<焙煎手順>
まずは生豆を洗います。結局また洗うやり方に戻って来ました。
ザルに入れて流水でゴシゴシーっと。1分くらいで手早く。
キッチンペーパーで軽く水分を取っておきます。
これでチャフが飛び散らずに済みます。

5

手網に生豆を入れたら、アルミホイルでぐるっと包みます。
底面はそのまま網が見えててOKです。
キリみたいな先っちょが尖ったやつでちょんちょんと穴をたくさんあけます。
この穴の大きさで味が変わるらしいですが、よく分からないので適当に2〜3cm間隔でズブズブと。
そしてコンロの火を最強にして、いよいよ焙煎開始。

0:00〜:炎の先端から30cmくらい離して蒸らし(水分抜き)
6:00〜:炎の先端から15cmくらいに近づけてさらに網をフリフリ
8:00〜:アルミホイルを外して炎の先端に当たらないギリギリでさらに網をフリフリ
10:00〜:一ハゼがスタート
12:00:だいたいこの辺で終了、一気に冷却

と言うような時間配分。
これは豆の種類によって変わってくるので、焼き色と匂いと音で判断する感じです。

<ポイント>
最初の蒸らしを長めにして、じっくり水分を抜くことが大事っぽいです。
ここをちゃんとしないと生臭いやつが出来上がります。
あと冷却を素早くやる方が香り高いコーヒーになる、というのを何かの文献で読みました。

そして豆はできるだけいいやつを買う。
というかここが全てな気がします。
最近はカップオブエクセレンスの豆を使ってるんですが、やっぱり手網焙煎でも全然美味しいです。

最後に、これ↓は絶対必需品。

Kalita ナイスカットミル (シルバー)
Kalita (カリタ)
売り上げランキング: 1,159


関連記事:コーヒー手網焙煎の方法(2014年版)
関連記事:カップオブエクセレンスのコーヒー豆を自家焙煎してみる
関連記事:コーヒー豆の手網焙煎に挑戦!自家焙煎入門!


2014-07-03 | Posted in 手網焙煎・コーヒー豆
オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート発売!
ワードプレステーマ「Minimal WP」
月間30万PV超のノウハウを詰め込んだ、ミニマルデザインのWordPressテンプレートを販売中。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!ブログ始めるなら今がチャンス!
関連記事
オニマガをフォローしよう!
follow us in feedly

手網焙煎・コーヒー豆 新着記事

オニマガの新着記事

過去記事検索